現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS アフラックが契約者情報の流出を発表―原因は電子ファイルの誤送信。

<<   作成日時 : 2012/03/06 23:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

3月6日、アメリカンファミリー生命保険はHPにて、同社の契約者情報が流出したことを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 3/6・ニュースリリース お客様情報の流出について(PDF)

    【管理人の感想】
    「ありゃ…PCの盗難か、外部記録媒体の紛失かな?」と思いながら、上記ニュースリリースを見てびっくりしました。なんと、代理店担当社員が、電子ファイルを誤ったメールアドレスに送信していたことが原因だったのです。

    これはあくまで個人的な推測ですが、代理店担当社員は、ファイルを添付して送信する際に、間違ったアドレスを「送付先の代理店のアドレス」と思い込んでいたのではないでしょうか。

    どんなに情報の取扱いを厳重にしても、人間の思い込みによる失敗は防ぎようがないと思います。

    電子ファイルにはパスワードが設けられているため、不正利用の事実は確認されていないとのことですが、お客様にこれ以上の迷惑と心配をかけないために、一刻も早く情報を回収できるといいですね。

    【アメリカンファミリー生命保険の公式コメント】
    以下、アメリカンファミリー生命保険の公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより転載)。

    ―お客様情報の流出について―

    2012年3月6日 アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)


     アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社、日本における代表者・社長:外池 徹)において、当社社員がお客様情報の記録された電子ファイルを誤ったメールアドレスに送信していたことが判明いたしました。誤送信した当該電子ファイルにはパスワードが設定されており、現在のところお客様情報の不正使用等の事実は確認されておりません。

     お客様情報を適切に取り扱うべき事業者としてこのような事故を発生させたことにつき、お客様ならびに関係者の皆様に大変なご心配、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

    1.誤送信したお客様情報の内容
     件数:ご契約者数2555名(証券単位:2809件)

     項目:
     @契約者・被保険者※に関する情報:
     氏名(カナ・漢字)・生年月日・年齢(契約時・現在時)・性別・郵便番号・住所・電話番号

     A契約に関する情報:
     証券番号・保険種類・口数・契約種類・契約日・集団名・集団コード・払込方法・保険料・特約情報

     ※ご登録いただいている配偶者およびお子様の情報が含まれています。

    なお、センシティブ情報、講座情報、クレジットカード番号は含まれておりません。

    2.誤送信の経緯
     2012年2月27日(月)、当社先代総合支社の社員が、管轄する販売代理店に対し、同代理店が担当するお客様の情報の一部が記録された電子ファイルをメール送信した際、誤ったメールアドレスに送信していたことが判明いたしました。その後、直ちに誤送信先に連絡を取るべく対応をしておりますが、現時点においては、連絡が取れておりません。今後も引き続き、誤送信先への連絡に努めてまいります。

    3.お客様への対応
     該当するお客様につきましては、すでにお詫びの書面を発送し、今般の事情・経緯をご連絡させていただいております。

     ご不審な点・ご心配な点等ございましたら、大変お手数ではございますが、以下のお問合せ先までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

    ―アフラックコールセンター(フリーダイヤル)―

    0120-787-086

    受付時間:月〜金曜日:9:00〜18:00(祝日を除く) 第2・4土曜日:9:00〜17:00(祝日を除く)

    4.再発防止策

     当社では、お客様情報の取り扱いについて細心の注意を払ってまいりましたが、今般の事態を重く受け止め、社員教育の再徹底はもとより、社外へのデータ送信方法をより安全・確実なものに見直すなど、お客様情報の一層の管理強化とその徹底を図ることで、再発防止に努めてまいります。


    以上です。

    画像


    画像


    画像


    画像
    ↑、昨年の11月中旬に撮影した昆虫です。

    1枚目は菊にやってきたイチモンジセセリ。2枚目は小白の栴檀草にやってきたツマグロヒョウモン(オス)。3枚目はキリギリスの仲間でホシササキリ(オス)。演奏中の姿を撮影しようとカメラを向けたのですが、逃げられてしまいました。4枚目は小白の栴檀草にやってきたモンシロチョウ―です。

    ↓3月6日23:00現在で6位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在7位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓3月7日23:00現在で4位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 2
    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(2件)

    内 容 ニックネーム/日時
    こんにちは。ご無沙汰しています。

    データ送信は便利な反面、非常に恐いですよね。

    例えばアナログな郵送ならば、追跡し途中でストップも出来ますし宛先が不明ならば戻ってくることもあります。
    でもメール送信は一瞬ですし、普段は使っていないいわゆるデットアドレスに届いてしまったら、取り返しがつかない。。

    そもそも2000件以上もの個人情報をメール添付で送る必要があったのか、同じアフ業務をしている代理店としては疑問だったりします。

    佐藤
    URL
    2012/03/08 09:32
    佐藤さん、お久しぶりです。
    コメントありがとうございます
    おっしゃるとおりですね。添付してクリックすれば、非常に短い時間で相手に文書やデータを送信できる、というメリットが大きい反面、非常に短い時間に情報を流出させてしまう危険も大きいと思います。

    誤ったアドレスに送信した社員は今頃「針の筵」かもしれませんね。
    現役保険営業マン
    2012/03/08 10:16

    コメントする help

    ニックネーム
    URL(任意)
    本 文

    管理人への保険相談はこちらをご利用ください

    アフラックが契約者情報の流出を発表―原因は電子ファイルの誤送信。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる