現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険毎日新聞・保毎ウェブが銀行窓販における個人年金保険のランキングを発表。

<<   作成日時 : 2012/07/30 00:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7月27日の保険毎日新聞・保毎ウェブが、銀行窓販における個人年金保険のランキングを発表しました。

配信された記事によりますと、

< 銀行窓販での個人年金保険の総販売額(2002年10月から12年3月までの変額年金、円建て・外貨建て定額年金の合計)が31兆9804億円に達したことが本紙の調査で明らかになった。11年度下半期(11年10月〜12年3月)の販売額は1兆541億円と1兆円を超え、上半期より2370億円増加した。会社別では太陽生命がトップで、2位第一生命/第一フロンティア生命、3位明治安田生命、4位メットライフアリコ、5位富国生命/フコクしんらい生命と続く。この5社が1000億円を超えた。この結果、02年10月からの総販売額順位では引き続きメットライフアリコがトップ。2〜5位も前回と同様、ハートフォード生命、三井住友海上プライマリー生命、東京海上日動フィナンシャル生命、住友生命の順。商品種類別に見ると、変額年金のシェアは、販売休止の会社が依然として複数社あることから64.6%に減少。一方、円建て定額年金はシェア18.4%となり、外貨建て定額年金は17%だった。

 変額年金の累計販売額ではハートフォード生命が3兆4262億円で1位を堅持。続いて三井住友海上プライマリー生命が2兆8850億円で2位、東京海上日動フィナンシャル生命が2兆6730億円で3位、住友生命が2兆5587億円で4位となった。下半期ではアクサ生命が1位で641億円、2位が三井住友海上プライマリー生命の465億円、3位が明治安田生命の225億円、4位は第一生命/第一フロンティア生命の211億円だった。

 …

 円建て定額年金の、累計販売額では富国生命/フコクしんらい生命が1兆5175億円で1位を堅持。2位は明治安田生命9230億円、3位はマスミューチュアル生命9105億円。下半期で見ると、太陽生命がトップで2131億円。続いて、富国生命/フコクしんらい生命が1028億円で2位、明治安田生命が1012億円で3位。4位は第一生命/第一フロンティア生命で936億円、5位は日本生命の428億円。

 一方、外貨建て定額年金は、メットライフアリコが累計販売額3兆6104億円(シェア63.2%)を占め、下半期で見ても1014億円と4期続けてトップとなった。下半期の販売額では、2位第一生命/第一フロンティア生命の634億円、3位三井住友海上プライマリー生命480億円と続く。>


とのことです。

変額年金保険の累計販売額は、ハートフォード生命が1位ですか…同社は2009年に新契約を全て休止し、日本事業から事実上撤退しているのですが、それでも1位とは凄いですね。

円建て個人年金保険の累計販売額は、富国生命/フコクしんらい生命が集団から抜け出ていますね。信用金庫との太いパイプを築き上げた成果でしょう。

外貨建て個人年金保険の累計販売額は、メットライフアリコがシェア63.2%を占めてトップだとのことです。もう圧倒的ですね。

【記事の内容】

以下、配信された記事の内容です。

―2012年7月27日 保険毎日新聞・保毎ウェブ配信―

【本誌調査、銀行窓販・個人年金ランキングまとまる】

 銀行窓販での個人年金保険の総販売額(2002年10月から12年3月までの変額年金、円建て・外貨建て定額年金の合計)が31兆9804億円に達したことが本紙の調査で明らかになった。11年度下半期(11年10月〜12年3月)の販売額は1兆541億円と1兆円を超え、上半期より2370億円増加した。会社別では太陽生命がトップで、2位第一生命/第一フロンティア生命、3位明治安田生命、4位メットライフアリコ、5位富国生命/フコクしんらい生命と続く。この5社が1000億円を超えた。この結果、02年10月からの総販売額順位では引き続きメットライフアリコがトップ。2〜5位も前回と同様、ハートフォード生命、三井住友海上プライマリー生命、東京海上日動フィナンシャル生命、住友生命の順。商品種類別に見ると、変額年金のシェアは、販売休止の会社が依然として複数社あることから64.6%に減少。一方、円建て定額年金はシェア18.4%となり、外貨建て定額年金は17%だった。

 窓販第1次解禁後9年半の個人年金保険の総販売額31兆9804億円の内訳を見ると、変額年金が20兆6618億円(シェア64.6%)、円建て定額年金が5兆8839億円(同18.4%)、外貨建て定額年金が5兆4347億円(同17.0%)となり、販売休止の影響から変額年金の減少傾向が続いている。総販売額が最も多いのはメットライフアリコで4兆2238億円。2位のハートフォード生命が3兆7150億円、3位の三井住友海上プライマリー生命が3兆5749億円で上位3社が2けたのシェアを確保した。

 11年度下半期の数字を見ると、円建て定額年金の販売が好調だった太陽生命が2131億円、第一生命/第一フロンティア生命が1781億円、明治安田生命が1237億円、メットライフアリコが1043億円、富国生命/フコクしんらい生命が1028億円。1000億円以上を販売したのはこの5社で、上半期より1社増加した。6位以下では、6位三井住友海上プライマリー生命946億円、7位アクサ生命641億円、8位日本生命428億円、9位マスミューチュアル生命352億円、10位朝日生命275億円と続く。総販売額上位10社のうち5社が11位以下となっており、変額年金販売休止の影響が依然残っている。

 変額年金の累計販売額ではハートフォード生命が3兆4262億円で1位を堅持。続いて三井住友海上プライマリー生命が2兆8850億円で2位、東京海上日動フィナンシャル生命が2兆6730億円で3位、住友生命が2兆5587億円で4位となった。下半期ではアクサ生命が1位で641億円、2位が三井住友海上プライマリー生命の465億円、3位が明治安田生命の225億円、4位は第一生命/第一フロンティア生命の211億円だった。

 円建て定額年金の、累計販売額では富国生命/フコクしんらい生命が1兆5175億円で1位を堅持。2位は明治安田生命9230億円、3位はマスミューチュアル生命9105億円。下半期で見ると、太陽生命がトップで2131億円。続いて、富国生命/フコクしんらい生命が1028億円で2位、明治安田生命が1012億円で3位。4位は第一生命/第一フロンティア生命で936億円、5位は日本生命の428億円。

 一方、外貨建て定額年金は、メットライフアリコが累計販売額3兆6104億円(シェア63.2%)を占め、下半期で見ても1014億円と4期続けてトップとなった。下半期の販売額では、2位第一生命/第一フロンティア生命の634億円、3位三井住友海上プライマリー生命480億円と続く。

 商品種類別シェアを見ると、変額年金64.6%、円建て定額年金18.4%、外貨建て定額年金17.0%となり、前半期に比べて変額年金のシェアが1.4%減少し、円建て定額年金、外貨建て定額年金のシェアがそれぞれ1.3%、0.1%拡大した。

 一部の会社では円建てや外貨建て定額年金で大きく販売を伸ばしているところもあり、顧客のニーズをとらえた販売戦略が今後も求められるだろう。


以上です。

画像


画像


画像
↑、今月撮影したトンボと蝶です。

1枚目はハグロトンボのメス。2枚目はハグロトンボのオス。3枚目は湿った地面から吸水するキチョウ―です。

↓7月30日0:00現在で8位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在17位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓7月29日23:00現在で11位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

保険毎日新聞・保毎ウェブが銀行窓販における個人年金保険のランキングを発表。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる