現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 契約の取消しと既払込保険料の返還を求めた裁定事案。

<<   作成日時 : 2012/07/12 18:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

生命保険協会が取りまとめた、平成24年1〜3月の苦情受付状況(ボイスリポートNo.26)に、契約の取消しと既払込保険料の返還を求めた裁定事案がありました。

リポートによりますと、事案の概要と申立人の主張は以下のとおりです。

<事案の概要>
 低払い戻し金型定期保険を契約したが、募集人の虚偽の説明があったとして契約の取消しを求めるとともに、募集人に横領された契約者貸付金等の返済金および保険料の返金を求めて申立てがあったもの。

<申立人の主張>
 平成20年9月に低払い戻し金型定期保険に加入した。しかし、以下のとおり、本契約は、募集人の虚偽の説明により契約させられたものであるので、契約を無効として払い込んだ保険料を返還してほしい。また、契約者貸付の返済金と他商品の第一回保険料を横領されたため、同金額を返還してほしい。

(1)本契約の申し込みの際、募集人から「2年で解約しても97%の返戻率がある」との説明を受けたが、実際はもっと低い返戻率であった。

(2)契約後、募集人に対して本契約内容を確認した際、提示された資料にも97%の記載があり、その説明を受けた。

…この事案は既に和解が成立しています。契約者貸付の返済金と第1回保険料相当額を着服とは…とんでもない募集人ですね。もちろん、このような行為には厳しいペナルティが課せられます。

まぁこんな不正を行われたら、例え契約募集時の説明は正しかったとしても、契約を継続する気にはなれませんね。契約の取消しを申し出るのは当然だと思います。

【事案の内容】

以下、裁定事案の内容です(ボイスリポートNo.26・P46〜47より転載)。

[事案23-80] 契約無効確認・既払込保険料返還請求
・平成24年2月10日 和解成立

<事案の概要>
 低払い戻し金型定期保険を契約したが、募集人の虚偽の説明があったとして契約の取消しを求めるとともに、募集人に横領された契約者貸付金等の返済金および保険料の返金を求めて申立てがあったもの。

<申立人の主張>
 平成20年9月に低払い戻し金型定期保険に加入した。しかし、以下のとおり、本契約は、募集人の虚偽の説明により契約させられたものであるので、契約を無効として払い込んだ保険料を返還してほしい。また、契約者貸付の返済金と他商品の第一回保険料を横領されたため、同金額を返還してほしい。

(1)本契約の申し込みの際、募集人から「2年で解約しても97%の返戻率がある」との説明を受けたが、実際はもっと低い返戻率であった。

(2)契約後、募集人に対して本契約内容を確認した際、提示された資料にも97%の記載があり、その説明を受けた。

<保険会社の主張>
 下記理由により、申立人の請求に応じることはできない。

(1)本契約は、特別保険料徴収という条件付契約であり、承諾書も提出され、二度も設計書を交付し説明している。

(2)募集人は保険料相当額を費消しており信用に足る人物ではないとの評価は免れないものの、すべての取り扱いに問題があったわけではなく、募集時に返戻率を正しく説明したと話しており、必要な説明資料を交付していたと思われる。

(3)なお、契約者貸付金の返済金及び他商品の第一回保険料を着服した事実はあったため、返済する。

<裁定の概要>
 裁定審査会では、当事者から提出された書面の内容および申立人からの事情聴取の内容にもとづき審理を行い、募集人の事情等を勘案し保険会社に対し和解の斡旋を行ったところ、和解案の提示があり、申立人の同意が得られたので、和解契約書の調印をもって解決した。


以上です。

画像


画像
↑、先月撮影した昆虫です。1枚目は庭先で雨宿りをするマガリケムシヒキ。2枚目はナミテントウのカップル―です。

↓7月12日18:30現在で5位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在17位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓7月12日18:00現在で15位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

「契約者貸付金の返済金及び他商品の第一回保険料を着服した事実はあった」訳ですから「信用に足る人物ではないとの評価は免れない」のは当然で、ヒドイ募集人だと思います。

個人的には「人のお金を盗む行為」に「事情等を勘案」する必要は全くなく普通以上の厳罰をもってのぞんでほしいと思います。

佐藤@保険見直し蒲郡
URL
2012/07/14 22:17
佐藤さん、こんばんは。
一番コメントありがとうございます
契約者の貸付返済金と保険料相当額の着服…絶対にやってはいけない行為ですよね。この募集人は業界から追放されて当然だと思います。
現役保険営業マン
2012/07/15 19:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

契約の取消しと既払込保険料の返還を求めた裁定事案。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる