現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 引受基準緩和型医療保険は、これまでの商品にない特別なリスクを持つそうです。

<<   作成日時 : 2012/09/17 19:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9月14日の保険毎日新聞・保毎ウェブが、8月31日に行われたアメリカンファミリー生命保険の「もっとやさしいEVER」の商品説明会についての記事を配信しました。

…配信された記事において個人的に興味深かったのは、記事後半の

< 佐々木医長は、標準体と条件体の差異や条件体の市場規模などを説明した後、引受基準緩和型医療保険の特徴として@入院日数比例方式の定額日額給付を主契約とするA標準体医療保険に加入できない人に対して引き受けを緩和B標準体医療保険より保険料が高いC不担保などの条件付きがない(責任開始後1年間は、自動的に給付金削減の条件)D少ない告知事項で引き受け(限定告知)E完全事前選択(引受基準の開示)F契約前発病でも保障(持病の保障機能)―を挙げた。特に、申込者が告知書によって事前に加入できるかが分かる完全事前選択と、持病を保障する契約前発病不担保規定の制限については、引受基準緩和型医療保険において最も重要ポイントだと述べた。

 また、健康体型の医療保険である「EVER」と「もっとやさしいEVER」(引受基準緩和型)を比較し、それぞれのリスク分布図を紹介するとともに、無選択型医療保険を含めた告知義務、契約前発病不担保規定の有無などの違いを説明した。

 佐々木医長は、引受基準緩和型医療保険には「収益のリスク(条件体市場の流動化リスク)」「募集管理上のリスク」「危険選択上のリスク」「数理的リスク(内部補助の問題)」などがあり、これまでの商品にはない特別なリスクを持つと強調。「ほかの保険商品に比べて、告知書の持つ意義が特に大きく、商品を販売する上では、標準体の医療保険とセットで考える必要がある」との考えを示した。>


―という箇所です。

責任者である医長がこうして具体的に説明してくれるととても勉強になります。引受基準緩和型医療保険を扱っていない保険会社は、こうしたリスクを総合的に判断して取り扱わないのかもしれないですね。

【記事の内容】

以下、配信された記事の内容です。

―2012年9月14日 保険毎日新聞・保毎ウェブ配信―

【アフラック、「もっとやさしいEVER」説明会開く】

 アフラックは8月31日、東京都新宿区の新宿三井ビルで、「もっとやさしいEVER」の商品説明会を開催した。7月に販売開始した同商品の特長を紹介したほか、同社の佐々木光信医長が引受基準緩和型医療保険の引受条件について講演。メディア関係者など多数が出席した。

 前半は、商品開発部商品開発第一課の岸部裕美主任が「もっとやさしいEVER」の開発背景や特長などを解説。同商品は2007年8月に販売開始した「やさしいEVER」、10年6月発売の「新やさしいEVER」に続く引受基準緩和型医療保険で、今後のシニアマーケットや持病のある労働者層の割合の拡大を背景に、同社に寄せられた顧客の声を反映させて商品開発したと述べた。

 新商品のポイントとしては「保障内容の強化」「保険料の低廉化」「引受基準の見直し」の3点を指摘。保障内容の強化では、「やさしい先進医療特約」を新設するとともに、契約年齢を従来商品の80歳から85歳に引き上げた。また、「やさしい終身特約」の最低保険金額・販売単位の引き下げ(10万円から10万円単位で契約可能)を実現した。

 また、引受基準の見直しでは、これまでの商品では加入できなかったうつ病や神経症、慢性肝炎などを持病に持っていても加入できるとともに、告知項目やレイアウトも分かりやすくした。

 7月23日から販売を開始した同商品は順調に契約件数を伸ばしており、発売1ヵ月で「新やさしいEVER」発売当初より50%増、通院特約・終身特約付加率もアップしていると紹介した。

 佐々木医長は、標準体と条件体の差異や条件体の市場規模などを説明した後、引受基準緩和型医療保険の特徴として@入院日数比例方式の定額日額給付を主契約とするA標準体医療保険に加入できない人に対して引き受けを緩和B標準体医療保険より保険料が高いC不担保などの条件付きがない(責任開始後1年間は、自動的に給付金削減の条件)D少ない告知事項で引き受け(限定告知)E完全事前選択(引受基準の開示)F契約前発病でも保障(持病の保障機能)―を挙げた。特に、申込者が告知書によって事前に加入できるかが分かる完全事前選択と、持病を保障する契約前発病不担保規定の制限については、引受基準緩和型医療保険において最も重要ポイントだと述べた。

 また、健康体型の医療保険である「EVER」と「もっとやさしいEVER」(引受基準緩和型)を比較し、それぞれのリスク分布図を紹介するとともに、無選択型医療保険を含めた告知義務、契約前発病不担保規定の有無などの違いを説明した。

 佐々木医長は、引受基準緩和型医療保険には「収益のリスク(条件体市場の流動化リスク)」「募集管理上のリスク」「危険選択上のリスク」「数理的リスク(内部補助の問題)」などがあり、これまでの商品にはない特別なリスクを持つと強調。「ほかの保険商品に比べて、告知書の持つ意義が特に大きく、商品を販売する上では、標準体の医療保険とセットで考える必要がある」との考えを示した。


以上です。

画像


画像


画像
↑、先月撮影した蝶です。

1枚目は眠りにつくナミアゲハ。2枚目はアカボシゴマダラ(夏型)。3枚目は眠りについたツマグロヒョウモン(オス)―です。

↓9月17日19:30現在で5位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在12位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓9月17日19:00現在で4位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

引受基準緩和型医療保険は、これまでの商品にない特別なリスクを持つそうです。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる