現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 募集時の誤った説明を理由に契約の無効を求めた裁定事案。

<<   作成日時 : 2012/09/07 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

生命保険協会が取りまとめた、平成24年度第1四半期の裁定概要集に、契約募集時における誤った説明を理由に契約の無効を求めた裁定事案がありました。

裁定概要集によりますと、事案の概要と申立人の主張は以下の通りです。

<事案の概要>
 加入時における募集人の説明に誤りがあったことを不服として、契約の取消しと既払込保険料の返還を求めて申立てがあったもの。

<申立人の主張>
 本契約の加入前から、インプラント治療を考えていたところ、募集人より、インプラント治療が給付対象になるとの説明を受けたため、平成20年5月に先進医療特約の本契約(利率変動型積立保険)に加入した。治療を予定して病院に確認すると、先進医療に該当しないといわれ、本契約に付加した先進医療特約の保障対象外であることが判明した。加入時における契約内容の説明に問題があるため、契約取消しのうえ既払込保険料の返還を求める。

…この事案は既に和解が成立しています。

<裁定の概要>を読みますと、今回の事案には

@募集人が、「虫歯治療のためのインプラントは先進医療特約の保障対象になる」と思い込んで、誤った説明を募集時に行ってしまったこと。

A転換募集時に、申立人がインプラント治療を希望していることを知ったにもかかわらず、そのまま契約を締結した。


―という2つの問題があると思われます。

誤った説明はもちろんですが、治療を予定している人から保険契約を締結するとは…ありえません。

【事案の内容】

以下、裁定事案の内容です(平成24年度第1四半期裁定概要集・P9〜10より転載)。

[事案23-101] 契約無効・既払込保険料返還請求
・平成24年5月3日 和解成立

<事案の概要>
 加入時における募集人の説明に誤りがあったことを不服として、契約の取消しと既払込保険料の返還を求めて申立てがあったもの。

<申立人の主張>
 本契約の加入前から、インプラント治療を考えていたところ、募集人より、インプラント治療が給付対象になるとの説明を受けたため、平成20年5月に先進医療特約の本契約(利率変動型積立保険)に加入した。治療を予定して病院に確認すると、先進医療に該当しないといわれ、本契約に付加した先進医療特約の保障対象外であることが判明した。加入時における契約内容の説明に問題があるため、契約取消しのうえ既払込保険料の返還を求める。

<保険会社の主張>
 以下のとおり、申立人の主張には理由がなく、請求に応じることはできない。

(1)募集人は、「設計書(契約概要)」にて契約内容を説明のうえ、「ご契約のしおり−定款・約款」等を交付し、申立人は「生命保険契約申込書」に自署押印している。

(2)申立人は、介護や先進医療保障等の説明を受け、気に入っていただき加入となったもので、インプラント治療のみを目的に加入されたものではない。

(3)先進医療特約のインプラント治療について、募集時には正当な内容の説明を繰り返ししており、問題があったとは判断していない。

<裁定の概要>
 裁定審査会は、申立人の主張を、@錯誤無効による既払込保険料の返還、A説明義務違反による既払込保険料相当額の損害賠償請求であると解し、当事者から提出された申立書、答弁書等の書面および申立人、募集人の事情聴取の内容に基づき審理した。審理の結果、募集人の説明不十分は重大であることから、本件は和解により解決を図るのが相当であると判断し、指定(外国)生命保険業務紛争解決機関「業務規程」第34条第1項を適用して、和解案を当事者双方に提示し、その受諾を勧告したところ、同意を得られたので、和解契約書の締結をもって解決した。

1.前提事実
 (1)申立人は、入れ歯の不具合のため、インプラント治療を希望していた。

 (2)申立人は、募集人から、夫の保険の切り替えを勧誘された際に先進医療特約の説明を受け、募集人は、この段階で、申立人がインプラント治療を希望していることを知り、また、その理由を、虫歯の治療のためと認識していた。

 (3)申立人の夫の契約後、募集人は、申立人に対し、介護保障や成人病保障の充実を意識し、先進医療特約も含めた保険の切り替えを勧誘した。

 (4)募集人は、虫歯の治療のためのインプラント治療が先進医療に該当するか気になり、上司に確認したところ、「外傷であっても、疾病であっても原因は問わない。決められた病院で決められた手術を受けられた場合には、実費をお支払する」との説明を受けたことから、申立人に同様に説明するとともに、申立人に、社内教材の「先進医療の
承認医療技術・実施病院一覧」を渡した。

 (5)募集人は、募集当時、「リスト(上記教材)で渡してある医療機関でインプラント治療を行えば給付されるものと思って」おり、後日、虫歯治療のためのインプラントは、先進医療に該当しないことを知った。

 (6)申立人の本契約への加入理由が、インプラント治療に給付があることのみであったとまでは認められないが、それを期待して加入したことは明らかである。

2.錯誤無効の主張について
 本件の申立人には錯誤があり、その錯誤は、募集人の説明に起因したと認めることはできるが、民法95条の錯誤に該当するためには、その動機が表示され、要素の錯誤に該当する必要がある。本件では、動機が表示されていたとしても、一般的なインプラント治療が先進医療に該当しない場合に、通常人が本契約に加入しないとはいえないので、要素の錯誤には該当しない。よって、錯誤無効の主張は認められない。

3.説明義務違反の主張について
 そもそも、本件のようなインプラント治療が、先進医療特約の給付対象であることを前提に、保険会社が契約の申込みを受けること自体に問題があったと考えられるが、この点は置いておくとして、申立人のインプラント治療が先進医療に該当しないことは明らかであったのに、募集人は、先進医療に該当し給付が受けられると申立人に思わせる説明をしており、重大な説明義務違反があったと言わざるを得ない。

 従って、申立人には、本契約を解約することにより、既払込保険料の全部または一部を損害とする損害賠償請求を認める余地がある。


以上です。

画像


画像
↑、先月撮影した昆虫です。

1枚目はアカトンボ(アキアカネかナツアカネですが、この時点では判別できませんでした)。2枚目はオオムラサキのオス。力なく横たわっていました…どうやら使命を終えて天に召されるときを迎えたようです。

↓9月7日19:30現在で8位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在17位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキング

↓9月7日19:00現在で4位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

募集時の誤った説明を理由に契約の無効を求めた裁定事案。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる