現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近のがん保険の特徴は「通院保障の強化」。

<<   作成日時 : 2012/11/14 20:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

11月14日の日本経済新聞・朝刊に、最近のがん保険についての記事がありました。

記事によりますと、

< がんの罹患(りかん)者が増える中、がん保険も変わりつつある。かつては入院給付金を中心としたものだったが、今は一時金や通院給付金を前面に打ち出しつつある。>

とのことです。

…ん〜がん保険を扱っている者から見ると、今回の記事はちょっと勉強不足ですね。

がん保険は、がん保険のパイオニアであるアフラックが1990年に投入した「スーパーがん保険」シリーズから、一時金と入院給付金を前面に打ち出しています。

さて、最近のがん保険ですが、記事にもありますように「通院保障の強化」が大きな特徴だといえます。

なぜ、通院保障が強化されてきているのか?と申しますと、抗がん剤治療のステージが入院から通院へシフトしたため、従来のがん保険の通院保障(保障されるのが退院後の通院のため)ではカバーできないことが大きな理由として挙げられます。

今年の4月1日からは、外来診療にも限度額適用認定証が使用できるようになったため、外来化学療法の経済的負担が減ったとはいえ、今後も通院保障を強化したがん保険が投入されることが考えられます。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2012年11月14日朝刊―

【がん保険、通院へシフト】

 がんの罹患(りかん)者が増える中、がん保険も変わりつつある。かつては入院給付金を中心としたものだったが、今は一時金や通院給付金を前面に打ち出しつつある。

 かつては手術を中心に入院治療のちに通院治療になるというパターンが多かった。そのため長期入院を前提に入院給付金を柱に据え、脇役として退院後の通院給付金を付ける保険が主流だった。

 だが、今は入院日数が減少傾向にある。例えば乳がん治療の場合、入院自体は短く、後に通院で放射線治療を何度も重ねることが多い。そのため、保険加入者は通院治療への保障が手厚い方が助かる。

 東京海上日動あんしん生命保険のがん治療支援保険は、給付金支払対象となる入院が1日あれば、通院給付金が支払われる。アフラック(アメリカンファミリー生命保険)の「生きるためのがん保険Days」なら、一度も入院しなくても手術や放射線照射、抗がん剤投与について通院給付金が受けられる。

 富士生命保険の「がんベスト・ゴールド」は主契約をがんの診断給付金とした。確定診断を受けたら2年に1度を限度に何度でも診断給付金が受け取れる。「一度に多額のお金が受け取れて治療の選択が広がる」(同社)という。いざというときに使える内容か確認しておこう。


以上です。

画像


画像


画像
↑、先月撮影した昆虫です。

1枚目はウラナミシジミ。2枚目は日向ぼっこをしているツチイナゴ。3枚目はハナバチを捕食するスズメバチ。撮影中に「バキバキ…ボリボリ…」と顎で獲物を噛み砕く音が聞こえてきました^^;

↓11月14日20:00現在で9位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓11月14日19:00現在で5位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
通院治療費が「毎回1万円で足りるのか」という自問自答をしながら販売しています(笑)
やはりですが「抗がん剤治療特約」の重要性をこの手の記事を見るたびに痛感します。

それはそうと、最近の「がん保険のパイオニア」はどうしちゃったのですかね。
AANETでも流れていましたが、給付金の払いが相当のんびり対応で遅いようです。
私の数人のお客様も巻き込まれてしまい、相当にお怒りでした。
生きるための保険の給付金なのですからタイムリーに給付をして欲しいものです。
保険法の5営業日オーバーが当たり前とする保険会社の商品を自信を持って勧めるなんて無理です(苦笑)
寿枝
2012/11/15 16:58
寿枝さん、こんばんは。
一番コメントありがとうございます。
がん保険や医療保険は、治療費をまかなう手段としてもはや欠かせないですから、治療の現実にマッチングさせるべく投入された特約は重要でしょうね。

ありゃ…アヒルさんともあろう会社が、そんなことではいけませんね。パイオニアなのですから正確・迅速・丁寧に給付金を支払ってほしいものです。
現役保険営業マン
2012/11/15 18:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

最近のがん保険の特徴は「通院保障の強化」。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる