現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS かんぽ生命の学資保険改定が条件付で認可されました。

<<   作成日時 : 2012/12/01 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

11月30日、金融庁と総務省は郵政民営化法第138条第4項の規定に基づき、かんぽ生命保険が申請していた学資保険の改定を、条件付で認可しました*。

詳しくはこちらをどうぞ。
  • 11/30・報道発表資料 株式会社かんぽ生命保険における新規業務の認可について

    【管理人の感想】
    上記報道発表資料には、次のようにあります。

    < 金融庁及び総務省は、株式会社かんぽ生命保険から認可申請があった新規業務(学資保険の改定)について、本日、郵政民営化法(平成17年法律第97号)第138条第4項の規定に基づき、別紙(PDF:147KB)のとおり条件を付して認可しました。

    今後、郵政民営化法上の認可に付された条件について、これらの条件が成就し、金融庁・総務省が承認する際には、同時に、保険業法上の認可も行われることになります。>


    かんぽ生命保険にとっては改定した学資保険の投入に一歩前進、生命保険協会などにとっては断固容認できない決定といったところでしょうかね。

    【かんぽ生命保険がクリアすべき条件】
    さて、かんぽ生命保険は来年の4月以降に改定した学資保険の投入を目指しているわけですが、それを実現するには、まず、付加された以下の条件を全てクリアしなくてはなりません。

    <1.本件申請に係る新たな保険 に係る収支について、毎年度終了後速やかに、金融庁及び総務省に報告すること。

    2.株式会社かんぽ生命保険が、日本郵便株式会社に対して支払った本件申請に係る新たな保険 に係る委託手数料について、その考え方、根拠等も含め、毎年度終了後速やかに、金融庁及び総務省に報告すること。

    3.保険金支払管理体制の充実、強化に向け、支払業務システムに関する改善をはじめとする支払管理体制の水準の向上のための措置及びそれら以外の業務遂行能力、業務運営体制の充実、強化のために講じた措置の合理性・十分性について、本件申請に係る新たな保険の引受けを行うまでに、金融庁及び総務省による承認を受けること。

     特に本件申請に係る新たな保険の引受けを行うまでに、@平成24年11月13日株式会社かんぽ生命保険が公表を行った保険金の請求案内等に関する事案について、全ての請求案内を実施するとともに、A同月22日に郵政民営化委員会に報告した満期保険金等の未払い額(約2300億円)への対応計画を策定し、金融庁及び総務省による承認を受けること。また、Bこれらによって必要となる追加支払について、できる限り速やかに行うこと。上記@の請求案内、Aの計画実施及びBの追加支払いの状況について、本件申請に係る新たな保険の引受け後、四半期毎に金融庁及び総務省に報告すること。

    4.本件申請に係る新たな保険引受けを行うまでに、本件申請に係る新たな保険について、顧客ニーズを的確に反映しつつ、経営の健全性を確保した、合理的な販売計画(標準シナリオ、ストレスシナリオ)を提出し、金融庁及び総務省による承認を受けること。

    5.本件申請に係る新たな保険の引受けを行うまでに、本件申請に係る新たな保険を含むかんぽ生命の提供する保険商品にかかる商品毎の収支を的確に経理する観点から、合理的な商品区分の計画を策定し、金融庁及び総務省による承認を受けること。

    6.運用態勢・リスク管理態勢の更なる充実のため、上記4の販売計画を基礎として、ファンドマネージャーの採用、運用判断のプロセスやシステムの整備方策等について検討を行い、その体制について、本件申請に係る新たな保険の引受けを行うまでに、金融庁及び総務省による承認を受けること。

    7.本件申請に係る新たな保険の引受けを行うまでに、本件申請に係る新たな保険に係るシステムの改修について、信頼性、安定性が確保されていることについて、金融庁及び総務省による承認を受けること。

    8.本件申請に係る新たな保険の引受けを行うまでに、本件申請に係る新たな保険契約の内容の適切性について、以下の点に照らして検証し、金融庁の承認を受けること。

     @保険契約者等の保護に欠けるおそれがないこと

     A特定の者に対し不当な差別的取扱いをするものでないこと

     B公序良俗を害する行為を助長・誘発するおそれがないこと

     C保険契約者等にとって明確かつ平易に定められていること

     D保険料及び責任準備金の算出方法が、保険数理に基づき、合理的かつ妥当なものであること

     Eその他、保険契約者等保護の観点から、金融庁において必要と認めること>


    ※報道発表資料の「別紙」より転載。

    かんぽ生命保険がこれらの条件を全てクリアして、金融庁と総務省の承認を得て、保険業法上の認可を得て、当初の予定通り改定した学資保険を投入できるかどうか注目ですね。

    画像


    画像


    画像
    ↑、10月に撮影した昆虫です。

    1枚目は眠っているヤマトシジミ。2枚目は日向ぼっこをして体を温めているヒメアカタテハ。3枚目はルリタテハ―です。

    ↓12月1日21:30現在で6位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓12月1日21:00現在で4位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 1
    ナイス

    トラックバック(1件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時
    かんぽ生命の学資保険は、投入時期がずれ込むかもしれないようです。
    2月2日の日本経済新聞・朝刊に、昨年、金融庁と総務省が条件付認可を出した、かんぽ生命の新しい学資保険についての記事がありました。 ...続きを見る
    現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」
    2013/02/02 19:30

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文

    管理人への保険相談はこちらをご利用ください

    かんぽ生命の学資保険改定が条件付で認可されました。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる