現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 住友生命が保険料率の改定を発表。

<<   作成日時 : 2013/02/12 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10日にBlogで取り上げましたが、2月12日、住友生命保険はHPにて、主力保険商品である「Wステージ」などの予定利率引き下げと、保険料率の改定を発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 2/12・ニュースリリース 保険料率の改定について(PDF)

    【管理の感想】
    1.保険料率体系を総合的に見直して、予定利率引下げの影響を吸収したようです。

    公式コメントでは明言していませんが、今回発表した4月2日以降の新規契約が対象となる、予定利率引下げと保険料率改定は、標準利率の引き下げに伴うものでしょう。

    保険料例を見る限り、男女とも主力である死亡保障保険商品(「Wステージ」「ライブワン」)は、改定後の保険料の方が幅広い年齢層で幾分安くなるようです。

    総合的に保険料率体系を見直して、予定利率の引き下げの影響を吸収したものと思われます。

    2.医療保険と個人年金保険は、4月2日以降の新契約から保険料が上昇。
    死亡保障保険は保険料率体系の総合的見直しを同時に行うことで、保険料の引き下げを実現していますが、一方で医療保険と個人年金保険は、4月2日以降の新契約から保険料が引き上げられます。

    医療保険の新契約保険料引き上げですが、公式コメントを読む限り、現行の「無配当医療定期保険(09)」「無配当医療終身保険(09)」を、「5年ごと利差配当付医療定期保険」「5年ごと利差配当付医療終身保険」に改定することによるものと推測されます。

    3.転換割引制度の新設・導入で、転換を促進か?
    住友生命は保険料率の改定とともに、「転換割引制度」を新設・導入します。この制度を導入することで、既存契約者に対して、Wステージなどの現行保険商品への転換を促進するものと思われます。

    4月以降は、これまで健康上の理由を除いて転換に応じてこなかった既存契約者へ、転換を勧める営業職員の訪問が増えるかもしれませんね。

    【公式コメントの内容】
    以下、公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【保険料率の改定について】
     住友生命保険相互会社(社長 佐藤 義雄)は、平成25年4月より、個人保険・個人年金保険の保険料率を改定します。

    1.保険料率改定のポイント
    ・保険料率の総合的な見直しを実施します。

    ・これにより、主力商品として販売中の「Wステージ(5年ごと利差配当付新終身保険)」および「ライブワン(最低保証利率付3年ごと利率変動型積立保険)」においては、必要保障額に応じて合理的な保障準備ができる『未来デザイン(注)』などのパッケージプランを中心とした広範囲のご契約について、現行料率比で保険料の値下げを図っています。

    (注)新介護収入保障特約(逓減型)を付加したモデルを『未来デザイン』と呼称。

    ・現行の割引制度「両割」に加え、長期継続いただいたご契約の保障内容の見直しである転換契約を対象に「転換割引制度」を導入します。

    2.対象商品
    ・個人保険、個人年金保険

    3.実施時期
    ・契約日が平成25年4月2日以降となるご契約から適用されます。

    1)保険料率の総合的な見直し
     予定利率等の総合的な見直しを実施します。

    ◇改定内容
     予定利率以外も含めた総合的な見直しを実施。

    ◇保険商品
    ○5年ごと利差配当付保険等(※1) [Wステージ・ライブワンなど]

    ・予定利率:1.65%→1.25%(▲0.4%)

    ○一時払終身保険
    ・予定利率:1.40%→1.00%(▲0.4%)

    ○一時払養老保険
    ・予定利率:0.75%で据え置き

    ○一時払個人年金保険
    ・予定利率:0.75%で据え置き

     (※1)ライブワン(最低保証利率付3年ごと利率変動型積立保険)の主契約(保険ファンド)について、最低保証積立利率を0.5%→0.2%へ改定します。

     この結果、主力商品「Wステージ(5年ごと利差配当付新終身保険)」および「ライブワン(最低保証利率付3年ごと利率変動型積立保険)」では、現行料率比で広範囲の値下げを図っています。

    2)「転換割引制度」の導入
     1.の対応に加え、転換契約には「転換割引制度(保障見直し制度の場合は「保障見直し割引制度」と呼称)」を新たに導入します。

     「転換割引制度」は、転換契約は一般的に長期継続いただいたご契約の保障内容を見直すものである点を踏まえ、一般の新契約用の保険料率より更に引下げを行うものです。現行の保険料割引制度「両割」(※2)が適用されたまま、「転換割引制度」による保険料割引を行う点が特徴です。

     (※2)現行の保険料割引制度「両割」:主契約および所定の特約の死亡保険金額の合計額と災害・疾病関係特約の換算保険金額の合計額を合算した金額が当社所定の金額を上回る場合に保険料割引を行います。


    以上です。

    画像
    ↑、開花間近の福寿草(先月撮影)。

    ↓2月12日22:00現在で11位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓2月12日22:00現在で4位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 1
    なるほど(納得、参考になった、ヘー)

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文

    管理人への保険相談はこちらをご利用ください

    住友生命が保険料率の改定を発表。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる