現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 第一生命が、標準利率の引き下げによる予定利率引き下げ・保険料率の改定等を発表。

<<   作成日時 : 2013/02/25 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2月25日、第一生命保険はHPにて、標準利率の引き下げによる予定利率の引き下げと保険料率の改定、および個人保険商品の改定を発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 2/25・ニュースリリース 個人保険商品の改定、サービス・提案の充実について〜「一生涯のパートナー」として“安心の絆”をお届けし続けるために〜(PDF)

    【管理人の感想】
    1.若年層では保険料が若干ではあるものの安くなるようです

    予定利率の引き下げとともに保険料率体系を総合的に見直したようで、保険料例を見る限り、主力保険商品のメインターゲットである若年層では、予定利率が引き下げられたにもかかわらず、現行よりも保険料が若干ですが安くなるようです。

    2.本当に必要な保障だけに絞り込むことが重要
    予定利率の引き下げ・保険料率の改定とともに、「順風ライフ」シリーズの医療保障に重点を置いた商品について、

    主契約である終身保険の保険金額の下限を、現行の50万円から30万円に引き下げ。

    という改定が行われます。

    終身保険の金額を引き下げることで、保険料の割安感を訴えて若年層の加入率をUPさせる狙いがあるのでしょう(あくまで個人的な推測です)。

    ただ、設計例を見ると医療保障やその他の保障が10年更新の特約なんですよねぇ…。保障内容や年齢、性別などにより、更新を迎えたときに保険料が低くなることもあれば高くなることもあるわけです。

    そもそも、1つの保険商品で様々な保障を…なんてことで特約をあれこれ付加すると、

    陽炎型駆逐艦の船体(主契約)に、各種電探を装備した戦艦金剛の艦橋・後部鐘楼など(死亡保障特約)、主砲などの兵装は航空戦艦時代の伊勢・日向(医療保障関係の特約)で艤装

    などというトップヘビー保険が完成してしまい、あとでメダパニ症候群を発症することになります。

    こうした主契約に特約を付加することを前提にしている保険商品は、本当に必要な保障だけに絞ってそれに対応する特約だけを付加する方法が望ましいのではないかと思っています。

    個人的には、「目的に応じて単体の保険に加入する」という思想なので、目的に応じて単体の保険に加入する方がシンプルで分かりやすく、契約の管理もしやすくなり、保険金や給付金の請求漏れを起こすリスクも低くなるのではないかと思っています。

    【第一生命の公式コメント】
    以下、第一生命の公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【個人保険商品の改定、サービス・提案の充実について】

    〜「一生涯のパートナー」として“安心の絆”をお届けし続けるために〜


     第一生命保険株式会社(社長 渡邉 光一郎)は、「新・生涯設計」(すべてのお客さまに、私たちすべてが、すべての接点で、「一生涯のパートナー」)のコンセプトにもとづき、ご契約時・ご契約期間中・お支払い時のどの段階においても、さらに当社の商品・サービス・提案についてご満足いただけるよう取り組んでいます。

    ○2013年4月2日より予定利率の改定を行うとともに、商品の魅力維持等の観点から保険料率の体系を見直します。

    主力商品である「順風ライフ パワーメディカル」においては、保障が必要な若い世代の方に手頃な保険料で充実した保障を確保いただけるよう保険料体系を見直し、従来よりも安い保険料での設計を可能とします。

    ○主力商品をはじめとする多くの商品で、商品設計の自在性の向上や対象年齢の拡大など商品の魅力向上を図ります。

    ◇予定利率等の改定

    1)予定利率を以下のとおり改定します。
    ・無配当タイプの商品(「メディカルエール」等)、医療関係の特約(「医のいちばんNEO」等)…予定利率:1.85%→1.35%

    ・5年ごと配当の主契約・特約(「順風ライフ パワーメディカル」等)…予定利率:1.65%→1.15%


    2)その他、諸利率については、前納割引率およびすえ置利率を現行どおり※とします。

     ※前納割引率は0.5%、すえ置利率は0.3%です。

    ○ご契約者向けサービス・コンサルティングについても、さらに充実を図ってまいります。

     ●メディカルサポートサービスの充実(「専門医療受診・セカンドオピニオンサポート」を追加)

     ●「保険金クイックお受取サービス」を全国にて開始

     ●当社オリジナルのタブレット型パソコンDL Padの機能充実

    ◇ご契約者向けサービスの充実について
     当社では、健康・医療に関する情報やサービスの充実に努めるとともに、保険金等を迅速・正確にお客さまへお支払いできるよう、保険金等を代理請求できる方の範囲や代理請求できる保険金等を拡大した「指定代理請求特約」の発売(2012年9月)など、一層の態勢の強化を図っております。

     今般、これらのサービスについて、日頃からの“安心”、医療や介護が必要となった場合の“安心”、万一の場合の“安心”をより確実にお届けできるよう、充実を行います。

    ●ご契約者向けサービスの充実!!
     (1)メディカルサポートサービス(※)の充実!

     ・これまでの健康・医療・育児・介護の電話相談・インターネットでの情報提供に加え、専門医療やセカンドオピニオンの相談・受診について、専門相談員・学会認定専門医がサポートを行う「専門医療受診・セカンドオピニオンサポート(※2)」を追加します。

     ・「介護電話相談」のご相談内容をレポートにして郵送等でご提供するサービスを開始します。

     (※1)個人保険にご加入のご契約者・被保険者ご本人およびそのご家族の方を対象として、健康・医療・育児・介護に関する日常の健康から専門医療受診までの情報やご相談を、電話やインターネットにより提供するサービスです。

     (※2)詳細については2013年2月25日のニュースリリース「ご契約者向けサービスの充実について」にてご確認ください。

     (2)「保険金クイックお受取サービス」を全国にて開始!
     ・一定の要件を満たす死亡保険金について、お客さまのご要望に応じてご請求いただいた翌営業日にお客さまの口座にお支払いする「保険金クイックお受取サービス」を全国にて開始します。

    ●情報提供・コンサルティングの強化
     (1)当社オリジナルのタブレット型パソコンDL Padの機能充実

     ・お客さまにわかりやすいコンサルティングをご提供するために開発・導入(2012年8月)した当社オリジナルのタブレット型パソコンDL Padについて、生涯設計プランやご説明ソフト「ナビセツ」の内容充実など、機能の強化を図ります。また、社会保障制度や税金・税務など、お客さまの生涯設計に役立つ情報のご提供を強化します。

     (2)公益財団法人がん研究会と「がん」に関する情報提供について包括的連携協定を締結
     ・「がん」に関する情報提供について、「がん」の専門医療・研究機関として日本で最初に設立(1908年)され、最先端のがん治療・研究を行っている「公益財団法人がん研究会」と包括的連携協定を締結いたしました。今後、がん研究会とともに、種々の媒体やセミナーなどにより、充実した情報の提供を進めてまいります。

     (※)詳細については2013年2月25日のニュースリリース「「がん」に関する情報提供について公益財団法人がん研究会と包括的連携協定を締結」にてご確認ください。

     当社は、2012年1月に独立行政法人国立がん研究センターと「がん」に関する情報提供について包括的連携協定を締結しています。

     第一生命では、「いちばん、人を考える会社になる。」というグループビジョンのもと、「新・生涯設計」のコンセプトにもとづき、幅広くお客さまとの接点を広げ、生命保険本来の役割である“安心の絆”をお届けしていきます。

    ◇設計の自在性向上をはかり幅広いお客さまのニーズにお応えする商品改定内容

    1.「順風ライフ パワーメディカル」商品設計の自在性と保険料設定の柔軟性がアップ!!

     「順風ライフジュニア パワーメディカル」新登場!!

     第一生命では2010年8月より、設計の自在性が高く、お客さまのニーズに合わせて総合的な保障を確保できる5年ごと配当付終身保険「順風ライフ」を販売しています。2012年9月には「先進医療特約」や上皮内がんと診断された場合等に保険金をお支払いする「シールドプラス特約」を新たに発売し、「治すための保障」のラインアップを充実させるとともに、「治すため」に必要な情報・相談サービスを提供する「メディカルサポートサービス」とあわせ、保障とサービスの両面から「治すこと」をサポートする「順風ライフ パワーメディカル」を発売しました。

     2013年4月2日より、この「順風ライフ パワーメディカル」について、“加入時の保険料を抑えつつ、「治すための保障」を充実させたい”というニーズにより柔軟に対応すべく、ベースとなる終身保障について、ご加入時にお選びいただける金額を50万円から30万円に引き下げるとともに、転換制度を改定し、転換価格を充当できる特約を現行の定期保険特約等に加えて5年ごと配当付特定疾病保障定期保険特約「シールド特約(定期型)」、5年ごと配当付障害保障特約「スーパーリライ」にまで拡大し保障見直しの自在性と保険料設定の柔軟性のアップをはかります。

     また、ご加入いただける年齢範囲を拡大し、6歳から14歳までのジュニア世代向けの商品として「順風ライフジュニア パワーメディカル」を発売します。これにより、お子さまの入院・手術保障(医のいちばんNEO)、骨折などの保障(アクセル)、小児がん等の保障(シールド特約)などを総合的に準備したいというお客さまのニーズにより柔軟にお応えできるようになります。

    2.ご契約者の医的選択が不要!「Mickey 保険料払込の免除保障なしプラン」新登場!!
     第一生命では、お子さまの高校や大学進学などにあわせて計画的に学資金を準備できる商品として、5年ごと配当付こども学資保険「Mickey」を販売しており、ご好評をいただいていますが、ご契約者がお亡くなりになられた場合等に保険料の払込を免除する保障を有しているため、ご契約者の健康上の理由からご加入いただけない場合がありました。そこで今般、健康状態の面で不安を抱える方やご高齢のご契約者の方にもご加入いただきやすいよう、現行の「Mickey(保険料払込の免除保障ありプラン)」に加えて保険料払込の免除の保障をなくし、ご契約者の診査や告知を不要としたプラン「Mickey(保険料払込の免除保障なしプラン)」を2013年4月2日より発売します。これにより、ご両親がお子さまのために加入する場合だけでなく、かわいいお孫さまの将来のために学資金を準備したいと考える祖父母の方にもご加入しやすい学資保険になりました。

     また、短期間で保険料をお払い込みいただくプランについて、現行の「15歳まで」、「18歳まで」の保険料払込期間に加えて、教育費負担が比較的軽い小学生までに保険料の払込を完了することが可能となる「12歳まで」の保険料払込期間を追加します。これにより、返還率(学資金・満期保険金受取累計額/お払込保険料累計額)を高め、お子さまの教育資金をより効率的に準備したいというお客さまのニーズに一層お応えできるようになります。

    3.商品設計の自在性とキャッシュバリュー(返還率)がアップ!「積立年金しあわせ物語」短期間で払い込むタイプ新登場!
     第一生命では保険料の払込を短期間で完了させ、生活設計にあわせて保険料払込期間を柔軟に設定したいというニーズにきめ細かく対応するため、5年ごと配当付個人年金保険「積立年金『しあわせ物語』」について保険料の払込を年金支払開始時より前に短期間で完了(短期払)することができる「短期間で払い込むタイプ」を発売します。

     また、近年、ヤング世代において公的年金への不安感が高まっており、生命保険会社などの個人年金に加入する方が増加しています。そこで、将来の不安を早めに解消し年金受取額を高めることができるよう、ご加入いただける年齢範囲を20歳から15歳に引き下げます

     これにより、保険料払込期間の選択肢が広がり、生活設計にあわせて柔軟に設定できるようになるとともに、返還率(年金受取累計額/お払込保険料累計額)を高めることが可能となり、より効率的に年金の準備ができるようになります。

    4.経営者向け商品ラインアップがさらに充実!「サクセスU+(プラス)」商品設計の自在性がアップ!!
     第一生命では保険料の払込を短期間で完了させ、長期の保障とともに事業保障資金や退職慰労金等の資金を、確実・安定的に効率良く準備したいという経営者や個人事業主のニーズにお応えする商品として、5年ごと配当付定期保険「サクセスU+(プラス)」を販売し、ご好評をいただいています。今般、現行の短期の保険料払込期間(5年、10年、15年)に20年、25年の保険料払込期間を新たに追加し、企業におけるさまざまなニーズに一層柔軟にきめ細かくお応えできるようになります。

    5.健康状態に関する審査や告知が不要!保険料はご加入時に一括してお支払!装いも新たに「MickeyV」「積立年金しあわせ物語V」「グランロードV」Vファミリー新登場!
     第一生命では、ストック資金の有効活用にお応えする商品ラインアップとして、健康状態に関する診査や告知が不要で、保険料をご加入時に一括してお支払いいただくタイプの貯蓄商品を「Vファミリー」として、装いを新たに提供します。

     教育資金の準備には5年ごと配当付こども学資保険「MickeyV(保険料払込の免除保障なしプラン)」、老後生活資金の準備には5年ごと配当付個人年金保険「積立年金『しあわせ物語』V」、一生涯の死亡保障と貯蓄性を兼ね備えた準備には無配当一時払終身保険(告知不要型)「グランロードV」、これら3商品のうちからお客さまのストック資金の使途目的に応じて幅広い年代の方にご活用いただけるようになります。

     「Mickey」と「積立年金『しあわせ物語』」については、今般、短期間で払い込むタイプを増設し、全保険期間の保険料を加入時に前納(全期前納)する場合の返還率(受取累計額/お払込保険料累計額)をアップさせるとともに、「Mickey」については保険料払込の免除の保障をなくし、契約者の診査や告知を不要とした「Mickey(保険料払込の免除保障なしプラン)」を発売し、さらに返還率のアップを可能とします。

     「グランロードV」については、毎月見直しを行っていた予定利率を1.0%固定とすることに合わせて、ご加入後10年以内のキャッシュバリューを、現行の予定利率1.1%レベルまで高めます。

     これら「Vファミリー」の提供により、貯蓄に関する備えを目的に応じて効率的に準備したいというお客さまのニーズに、一層お応えできるようになります。


    以上です。

    画像
    ↑シャッター音が気に障ったらしく、こちらを睨むナナホシテントウ(今月撮影)。

    ↓2月25日23:00現在で6位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓2月25日23:00現在で11位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 2
    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    ナイス

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文

    管理人への保険相談はこちらをご利用ください

    第一生命が、標準利率の引き下げによる予定利率引き下げ・保険料率の改定等を発表。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる