現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS もうこれ以上募集文書を増やさないでくれ…。

<<   作成日時 : 2013/02/06 19:20   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2月6日の保険毎日新聞・保毎ウェブが、1月30日に金融庁で開かれた、第9回目の「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」についての記事を配信しました。

配信された記事によりますと、

< 金融庁は1月30日、金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ(WG)」(座長=洲崎博史京都大学大学院法学研究科教授)の第9回会合を開催し、保険募集にかかる行為規制・募集文書の在り方について議論した。当日は、募集人が具体的な商品説明などの前段階で顧客ニーズを確認する「意向把握書面(仮称)」の導入について検討されたが、各委員からは否定的な意見が目立った。また、損保協会は、分かりやすい募集文書の作成に向けた取り組みについて報告した。>

とのことです。

…いやいや^^;どうしてそう書類を増やそうとするのでしょうか。そんなことを繰り返していると、そのうち「みんなのうらみ」や「地団駄」が発動しますよ。

FFヲタクネタはその辺にして…そもそも、既に形骸化していると指摘されている「意向確認書兼適合性確認書」は、顧客への適切なアプローチを行うために金融商品取引法が施行されたときに導入されたもののはず。

それが導入から5年ほどで形骸化しているというのなら、導入した意味が失われているということであり、それを解決すべきなのではないでしょうか。

「消費者が自身の必要性に適合した保険契約を締結できるようにする」という、いわゆる「消費者保護」のためには、募集サイドに遵守させる手順やルールを増やせばいいというものではない、と個人的には考えています。

こうしたことを決定する人たちには任天堂DSシリーズの「脳トレ」などで、カチコチの石頭を柔らかくしてほしいものです。

【記事の内容】

以下、配信された記事の内容です。

―2013年2月6日 保険毎日新聞・保毎ウェブ配信―

【金融審、第9回保険商品・サービスの在り方WG開催】

 金融庁は1月30日、金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ(WG)」(座長=洲崎博史京都大学大学院法学研究科教授)の第9回会合を開催し、保険募集にかかる行為規制・募集文書の在り方について議論した。当日は、募集人が具体的な商品説明などの前段階で顧客ニーズを確認する「意向把握書面(仮称)」の導入について検討されたが、各委員からは否定的な意見が目立った。また、損保協会は、分かりやすい募集文書の作成に向けた取り組みについて報告した。

 一般的な保険募集では「情報収集」「商品説明・提案」「契約手続き」の各段階で顧客への適切なアプローチが必要とされるが、募集人のスキルに差があるほか、今回のWGで導入が検討されている情報提供義務や現行の意向確認書面では、情報収集段階での顧客ニーズの把握が担保されない。そうした点を踏まえ、事務局は、保険募集人に対して個別具体的な商品説明や提案の前に顧客の意向を確認する「意向把握・意向を踏まえた商品を勧奨する義務(仮称)」の導入案を提示した。

 具体的には、商品提案や説明に入る前段階で顧客ニーズの確認や当該商品を勧奨する理由を記した書面を交付し、契約締結時に顧客が意向確認書とすり合わせるなどして、書面交付後のニーズの変化など当初の意向との相違が分かるようにする。ただし、具体的な確認事項やその度合いについては、保険種目ごとに異なることから、各業界の自主規制に委ねることも考えられるとした。

 書面導入案に対しては、「法令に基づく書面にするのは無理がある」「実効性が不明で、最も解決すべき問題にうまく対処できないのでは」「現行の意向確認書が形骸化していることに問題がある」といった否定的な意見が目立った。米山高生委員は、「保険商品の説明を受けると、自分のリスク回避度が変わり、新しいリスクを発見することも多い。むしろ、契約手続き時点での確認の仕組みをもう少し充実させる方が保険商品の特性を踏まえ、顧客ニーズに見合った販売方法になるのではないか」との考えを示した。

 このほか、金融庁が昨秋に実施した乗合代理店の実態調査の結果や、損保協会における募集文書の簡素化に向けた取り組みなどが報告された。募集文書の簡素化では、三井住友海上の村田毅経営企画部部長が損保協会に設置したタスクフォースでの検討・作業経緯を説明。外部専門家の意見を取り入れ、現行の募集文書への評価・分析を経て、新たに作成した重要事項説明書の改善案を提示した。ページ数や文字数を大幅に削減し、読みやすいデザインを重視したことについてタスクフォースメンバーに加わった錦野裕宗委員は、「商品の特約などでは選択肢をしっかりと示しつつも、余分な部分は思い切って削除する割り切りが必要と考えた」と述べた。紹介した試作文書について、ほかの委員からはおおむね好評だった。


以上です。

画像


画像
↑、先月撮影した蝋梅です。

↓2月6日19:00現在で8位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓2月6日19:00現在で7位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

もうこれ以上募集文書を増やさないでくれ…。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる