現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 万一の費用は「葬儀」「墓」「遺品整理」の単純計算額412万9000円が一つの目安だそうです。

<<   作成日時 : 2013/06/12 18:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

6月12日の日本経済新聞・朝刊に、「葬儀費用」など、いわゆる万が一のときの費用についての記事がありました。

…日本経済新聞は記事で「葬儀」「墓」「遺品整理」を取り上げ、葬儀と墓の平均費用、一人暮らしで最も多い2間+台所の遺品整理費用を単純に合算した412万9000円が、一つの目安であるとしています。

ただ、葬儀費用やお墓の費用にはばらつきがありますし、お墓を購入する必要がないケースがあるなど実際にかかる費用よりも少ないこともあれば高いこともあります。

なお、亡くなった人の預金口座から現金を引き出して葬儀費用を…という場合は手続きを行わないと引き出すことができません(故人の預金口座は凍結され、相続が確定するまで勝手に引き出せなくなるからです)。

そうしたことを踏まえて、生命保険で葬儀などにかかる費用を速やかに用意できるようにしておくことが大事ではないかと思います。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2013年6月12日朝刊―

【亡くなるといくらかかる?―葬儀や墓のスタイル多様】

 厚生労働省が先日発表した2012年の人口動態統計で、死亡数が統計を取り始めて最多を記録した。死亡数が増加する中で改めて注目を集めそうなのが人の死に伴う費用。最近は葬儀や墓などを簡略化する人も増えているが、一方で従来のスタイルで執り行った場合の相場もよく分からないとの声は多い。葬儀と墓、遺品整理の3項目について調べてみた。

◇事前に見積もりを
 【葬儀】
親や配偶者など家族を亡くした場合、まず考えるのが葬儀だ。2010年の日本消費者協会の調査で、葬儀について知りたい事項で最も多かったのは「費用」。全体の7割近くに上った。

 葬儀関連会社から独立し、個人で葬儀支援事業を手がける市川愛さんによれば葬儀の総額は祭壇や棺(ひつぎ)など葬儀本体にかかる葬儀一式、飲食など別途費用の実費、寺に包むお布施の3つの合計だ。葬儀会社のホームページやチラシは各種プランやセット料金を表示しているが、葬儀本体や、本体と実費の一部だけという場合も多い。

 日本消費者協会の調査では総額の全国平均は約200万円。規模や会葬者の数が多様なため、最低額と最高額の差が大きい。

 経済産業省の調査によると12年度の葬儀会社の1件当たり平均売上高は140万円。お布施の平均約40万円を加えた180万円程度が全国平均との見方もある。香典で補うとしても、150万〜200万円程度は想定したい。

 「見積もりを検討する時間があってよかった」と振り返るのは4月にがんで夫を亡くしたA子さん(65)。夫の容態が悪化し、葬儀会社に見積書をもらうと総額は310万円。「祭壇150万円、棺30万円など豪華すぎるものばかりだった」という。

 写真を見せてもらい、各項目をチェックして180万円まで下げた。「亡くなった直後なら、言い値で葬儀していたと思う」と話す。葬儀会社に頼む場合は複数から見積もりをとり、内容を吟味して選びたい。

◇運営主体で3分類
 【墓】
最近はロッカーのような納骨堂や海洋散骨といった自然葬など墓を建てない人も目立つ。ただ墓地に墓を立てるのが一般的だ。

 墓の総額も3つの費用の合計だ。墓石と加工費などを含めた墓石建立費、墓地を使用する権利を取得する永代使用料、一種の共益費である管理料だ。管理料はさほど高くないので、墓石建立費と永代使用料の合計を総額とする指摘もある。

 墓地は運営主体によって寺が所有する寺院墓地、自治体の公営墓地、公益法人や民間企業などの民間霊園に分類できる。寺院墓地は故人の供養をするにはいい環境だが寺の檀家になり、行事への参加やお布施などが求められる。公営墓地はどの自治体にもあるわけではない。新規の募集をしていなかったり、競争倍率が高かったりする。民間霊園は募集は多いが、施工する石材店が決まっているなどいずれも一長一短がある。

 葬儀や墓の事情に詳しい第一生命経済研究所主任研究員の小谷みどりさんは「地方では寺院墓地、都市圏では民間霊園を選ぶ人が多い。費用は100万〜300万円程度」と話す。

 供養・仏事関係の調査・相談業務や出版を手がける鎌倉新書(東京・中央)によれば、同社のサイトに問い合わせをして墓を購入した人の平均価格(墓石建立費用+永代使用料)は183万円。地域差は大きく、東京と、神奈川県は200万円を大きく超えた。

◇専門業者に依頼も
 【遺品整理】
故人が一人暮らしだった場合、家の中をそのままにしておくわけにはいかない。賃貸物件なら、早急に片付けないと家賃が加算される。最近では専門の業者に遺品整理を依頼する遺族も増えてきた。

 遺品整理を全国で展開するキーパーズ(東京・大田)は02年の創業で、年間業務は1500件に達する。「一人暮らしで最も多い2間プラス台所の場合、費用は約30万円」と話すのは吉田太一社長。遺品は約2トンに上り、費用には廃棄物処理や家電リサイクル法に基づく代金なども含む。

 一軒家の場合は遺品が増える。同社は家の解体も請け負い「数十万円で済むときもあれば、200〜300万円かかることもある」(吉田社長)という。


以上です。

画像
↑、ホソオチョウのメスを正面からマクロレンズで等倍撮影(4月撮影)。

↓6月12日18:00現在で14位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓6月12日18:00現在で11位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

万一の費用は「葬儀」「墓」「遺品整理」の単純計算額412万9000円が一つの目安だそうです。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる