現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS アフラックが医療保険EVERの新商品を投入します。

<<   作成日時 : 2013/07/04 22:41   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

7月4日、アメリカンファミリー生命保険はHPにて、同社の医療保険EVERの新商品を8月12日に投入することを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 7/14・ニュースリリース <ちゃんと応える医療保険EVER><ちゃんと応える医療保険レディースEVER>を発売(PDF)

    【管理人の感想】
    1.「保障を強化して差別化」を図る

    ニュースリリースを読む限り、発表されたEVERの新商品は

    @「日帰り入院も含め、入院期間が5日間に満たない場合でも、5日分の入院給付金を支払う」。

    A従来の「退院後120日間の通院」に加え、「入院前60日間の通院」を保障対象とする。


    ―と入院給付金と通院給付金の保障を強化して、他社との差別化を図っているという印象を受けます。

    「5日間以内の入院の場合、一律5日分の入院給付金を支払う」としたのは、給付金請求の際に医療機関から書類を取り寄せる費用負担と、保険会社からの給付金の支払額のバランスを考えて、被保険者が給付金の請求をためらうことがないように考慮したのかもしれませんね。

    また、入院前60日間の通院を通院給付金の保障対象とした背景には、がん保険の給付実績などから外来化学療法への対応強化が医療保険においても欠かせない、という判断があったのかもしれませんね(あくまで個人的な推測です)。

    2.保険料率の改定により、男女とも全年齢で保険料が引き下げられる。
    保障の強化と同時に、保険料率の改定も実施たことで、男女とも全年齢で現行商品よりも保険料が引き下げられるようです。

    保障内容、契約時の年齢、保険料の支払期間によっては、保険料の引き下げ率が最大で24.7%になるケースもあるようです。

    本日の日経・朝刊は、このことを取り上げて「最大手の値下げ攻勢を受け、追随を迫られる保険会社が増えそうだ」「価格破壊の波が押し寄せてる」などと、相変わらずの日経クオリティを炸裂させていました(呆)。

    確か保険ショップが店舗数を増加させていたときや、ネット生保が営業を開始したときに「保険料の値下げ圧力が〜」と似たようなことを書いていたものの、現実は…だったような気がします。

    生命保険は長期間にわたって保険金や給付金の支払いを引き受ける「契約」です。引き受けた契約は支払事由が発生したときに確実に履行することが求められます。

    ですから、M・A社よりも保険料を安くして顧客を集めよう、などと家電量販店のような「価格破壊」ということは起こりえないのですが…どうも理解できないようですね。

    【公式コメントの内容】
    以下、アフラックの公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【<ちゃんと応える医療保険EVER><ちゃんと応える医療保険レディースEVER>を発売】

     アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社、日本における代表者・社長:外池徹)は、2013年8月19日、主力の医療保険<もっと頼れる医療保険 新EVER>を保障面・保険両面ともにリニューアルした<ちゃんと応える医療保険EVER>及び女性向けの専用商品<ちゃんと応える医療保険レディースEVER>を発売します。

     2002年2月に発売した<一生いっしょの医療保険EVER>を含む<EVERシリーズ>は、累計販売件数が約700万件※に達しており、生命保険業界で最多のご支持をいただいている医療保険です。

     今般の新商品は、医療保険市場を10年以上にわたって牽引し続けた<EVER>のコンセプトを継承しながら、時代の変化に伴ってお客様が医療保険に求めるさまざまなニーズに幅広くお応えできるよう保障面を強化しただけでなく、保険料率の大幅な改定を行ったことで、より低廉な保険料を実現しています。

    ※発売開始から、2013年3月末までの累計(新契約に転換ご契約を加えた数値)

    ※引受基準緩和型医療保険も含む

    ◇本商品の特長

    1)5日以内の入院でも「一律5日分」をお支払い

     入院が短期化し、特に5日以内の入院の割合が大幅に増加している一方、手術だけでなく、検査や薬などの費用も高額化しており、入院1日あたりの医療費は増加傾向にあります。そこで、日帰り入院を含め、入院期間が5日間に満たない場合でも、5日分の入院給付金をお支払いします。

    2)退院後の通院保障に加え、入院前の「通院」も保障
     入院から通院へのシフトに伴って、入院開始前の通院治療が増加していることから、退院後の通院を保障するだけでなく、入院開始前の通院保障を追加しました。

    3)弱中年層を中心に、従来よりも低廉な保険料を実現
     全年齢で男女ともに、既存商品よりも保険料が下がります。特に、女性専用商品である<ちゃんと応える医療保険レディースEVER>では、20代・30代で、既存のプランと比較して、約2割も保険料が下がっています。

    ※本商品の発売に伴い、2013年8月18日をもって、現在取り扱っている<もっと頼れる医療保険 新EVER>は販売停止となります。

     当社はこれからも、より多くのお客様に幅広くお役立ていただける保険商品の開発に努めてまいります。


    以上です。

    画像
    ↑、羽化を終えて体が固まるのをじっと待つナナホシテントウ(5月撮影)。

    ↓7月4日22:30現在で3位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在12位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓7月4日22:00現在で12位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 3
    ナイス ナイス ナイス

    トラックバック(1件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時
    6月22日商品改定〜アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」
    皆さんこんにちは「保険アドバイザーBX」です。 今日は6月22日に商品改定のアフラック「ちゃんと応える医療保険EVER」についてお話しようと思います。 &nbsp; 皆さんはアフラックの医療保険や、がん保険はCMでもよくご存知ですよね? アフラックの医療保険EVERは確か10年くらい前に発売され、当時はかなり売れました。私もその当時、医療保険の契約はほぼ100%がEVERでした。同程度の保障内容で他社と比較すると保険料が安かったのが一番の理由です。 現在でもアフラックの医療保険のシェアは医療保険... ...続きを見る
    保険アドバイザーBXの海外生命保険ブログ
    2015/06/04 19:47

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文

    管理人への保険相談はこちらをご利用ください

    アフラックが医療保険EVERの新商品を投入します。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる