現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS かんぽ生命、法人向け保険商品の受託販売強化へ。金融庁及び総務大臣に認可申請。

<<   作成日時 : 2015/07/07 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7月1日、かんぽ生命保険はHPにて、金融庁及び総務大臣に対し、法人向け保険商品の受託販売の認可申請を行ったことを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 7/1・プレスリリース 法人向け商品の受託販売の認可申請について

  • 別紙1:認可申請の概要(経営者向け定期保険の受託販売)(PDF)

  • 別紙2:認可申請の概要(総合福祉団体定期保険の受託販売)(PDF)

    【管理人の感想】
    1.認可申請した受託販売商品は2つ

    かんぽ生命保険が金融庁及び総務大臣に受託販売の認可申請を行ったのは

    @経営者向けの定期保険(契約引受先:第一生命保険)

    A総合福祉団体的保険(契約引受先:メットライフ生命保険)


    の2つです。どちらも、かんぽ生命保険が代理店として契約を媒介することになります。

    2.受託元保険会社の数や取り扱い特約の制限の撤廃を申請
    受託販売の認可申請の1つである、「経営者向けの定期保険」ですが、かんぽ生命は平成20年度から、8社の保険会社と契約募集等の委託契約を結び、法人市場で経営者向けの定期保険・逓増定期保険の募集を行ってきました。

    このため、経営者向けの定期保険を新規に取り扱うための認可申請ではありません。別紙1を読む限り、受託元会社の制限と取り扱う特約の制限撤廃と、受託元保険会社と取り扱う特約の範囲拡大の認可申請ですね。

    収益向上を狙う以上、当然の申請ではないかと思います。

    【公式コメントの内容】
    以下、かんぽ生命の公式コメントの内容です(HPより抜粋・転載)。

    【法人向け商品の受託販売の認可申請について】

     株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 石井雅実)は、本日、郵政民営化法(平成17年法律第97号)第138条第3項の規定に基づき、金融庁長官及び総務大臣に対し、法人向け商品の受託販売の充実のため、認可申請を行いました。

    ○今回行った認可申請
    ・経営者向け定期保険の受託販売(別紙1)

    ・総合福祉団体定期保険の受託販売(別紙2)


    ○取扱内容及び実施時期
    ・第一生命保険株式会社から、経営者向け定期保険の受託販売を行うことを予定しています。

    ・メットライフ生命保険株式会社から、総合福祉団体定期保険の受託販売を行うことを予定しています。

    ・実施時期については、認可が得られれば、いずれも、本年11月を予定しています。

     当社といたしましては、これらの業務はお客さまの利便性向上や当社の経営の安定の観点から必要であると考えており、関係者の御理解を賜り、早期の認可を希望しております。

    【認可申請の概要(経営者向け定期保険の受託販売)】

    ◇認可申請業務

     利用者利便の向上及び収益源の多様化を図るため、以下の業務について認可を申請します。

     郵政民営化法(平成17年法律第97号)第138条第3項において認可を受けなければならないとされている業務のうち、保険業法(平成7年法律第105号)第98条第1項第1号に規定する他の保険会社(外国保険業者を含みます。)の業務の代理または事務の代行

    ◇理由
     当社は、平成20年度より、法人もしくは個人事業主を契約者とし、主として経営者の死亡退職金、弔慰金及び事業承継資金の確保を目的とした定期保険(定期保険及び逓増定期保険)の受託販売を行っておりますが、当時は、当社として初めての取り組みであったことから、市場に与える影響および役務の適切な提供の観点を踏まえ、受託元会社を8社に限定し、当該保険に付加する特約についても、その取扱い範囲を一部の特約に限定して実施いたしました。こうした中、以下の利用者利便の向上と収益源の多様化を図るため、法人もしくは個人事業主を契約者とし、主として経営者の死亡退職金、弔慰金及び事業承継資金の確保を目的とした定期保険の受託販売に係る受託元会社の制限を撤廃し、かつ平成20年度より受託販売を実施している受託元会社も含め、当該保険に付加する特約の取扱い範囲を拡大した受託販売(以下、「経営者向け定期保険の受託販売」といいます。)について認可申請するものです。

     なお、当該受託販売の市場に与える影響については、販売開始から7年の販売件数の経過から見るに、1000件から2000件の間を推移しており、その影響は極めて小さいことが確認されています。これまでの販売実績を踏まえれば、今後の販売量が大きく増加することは考えられないことから受託元会社の制限を撤廃した場合においても、市場に与える影響は小さいものと考えています。

     利用者への役務の適切な提供の観点については、受託元会社が異なっていても商品種類は同じであり、業務の方法は同じであることから、受託元会社を限定しないとしても役務の適切な提供が可能であると考えております。また、販売開始から7年を経過し、募集人のスキルは向上しており、実際、平成26年度から取扱開始したがん保険の受託販売においては、未経験の商品でも適切な研修を行うことにより、役務の適切な提供が可能であることが確認されています。以上を踏まえ、受託元会社の制限を撤廃し、付加できる特約の範囲を拡大した場合においても、利用者への役務の適切な提供を阻害する恐れはないものと考えています。

     (1)利用者利便の向上
     高額の資金準備をしたいといった法人顧客ニーズは多様であり、それゆえ、各生命保険会社とも商品種類は同じでも返戻率や特約などに特色を持たせていることから、受託元会社の制限を撤廃し、当該保険に付加する特約についても、当該保険商品に一般的に付加されている特約の範囲の取扱いを可能とすることで、多様な法人顧客ニーズへの対応が可能となり、当社のお客様の利便性向上につながると考えています。

     なお、利用者の利便性向上は、郵政民営化の目的のひとつであり、郵政民営化法第2条においても、「多様で良質なサービスの提供を通じた国民の利便の向上」が謳われているところです。

     (2)収益源の多様化
     経営者向け定期保険の受託販売により、手数料収入の確保及びシナジー効果による当社法人市場の売上増を実現し、収益の確保による経営の安定化を図ることが、企業価値向上のために必要であると考えています。

    【認可申請の概要(総合福祉団体定期保険の受託販売)】

    ◇認可申請業務

     利用者利便の向上及び収益源の多様化を図るため、以下の業務について認可を申請します。

     郵政民営化法(平成17年法律第97号)第138条第3項において認可を受けなければならないとされている業務のうち、保険業法(平成7年法律第105号)第98条第1項第1号に規定する他の保険会社(外国保険業者を含みます。)の業務の代理または事務の代行(メットライフ生命保険株式会社(以下「メットライフ」といいます。)から委託を受ける業務に限ります。)

    ◇理由
     当社は、以下の利用者利便の向上及び収益源の多様化を図るため、法人もしくは個人事業主を契約者とし、主として役員及び従業員の死亡退職金及び弔慰金の確保を目的とした団体定期保険(総合福祉団体定期保険)及び当該保険に付加する特約の受託販売(以下、「団体保険の受託販売」といいます。)について認可申請するものです。

     (1)利用者利便の向上
     当社商品に加えて、団体保険の受託販売を行うことにより、当社商品及び現在受託販売している商品では十分にカバーできない役員及び従業員の死亡退職金及び弔慰金の確保といった福利厚生を向上させたい法人顧客ニーズへの対応が可能となることから、当社のお客様の利便性を高めることができるかと考えています。

     なお、利用者の利便性向上は、郵政民営化の目的のひとつであり、郵政民営化法第2条においても、「多様で良質なサービスの提供を通じた国民の利便の向上」が謳われているところです。

    (2)収益源の多様化
     団体保険の受託販売により、手数料収入の確保及びシナジー効果による当社法人市場の売上増を実現し、収益の確保による経営の安定化を図ることが、企業価値向上のために必要であると考えています。


    以上です。

    画像
    ↑13年10月に撮影したナツアカネ・オス。

    ↓7月7日23:00現在で1位…ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓7月7日22:00現在で7位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 1
    ナイス

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文

    管理人への保険相談はこちらをご利用ください

    かんぽ生命、法人向け保険商品の受託販売強化へ。金融庁及び総務大臣に認可申請。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる