現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険ショップ「ニトリのほけん+ライフサロン」が順調にスタートしたそうです。

<<   作成日時 : 2016/02/05 19:42   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2月5日の保険毎日新聞・保毎ウェブが、日本生命保険とニトリのコラボレーションによる保険ショップ、「ニトリのほけん+ライフサロン」に関する記事を配信しました。

記事によりますと、

< ニトリとライフサロンが共同運営する保険ショップ「ニトリのほけん+ライフサロン」南砂店が順調だ。2015年10月30日のオープン以来、イベントなどでの顧客情報の収集数は毎月約1000人に達しており、そのうちの約30世帯が保険の相談を行い成約率は60%に達している。ニトリの既存保険ショップ(2店)もライフサロンとの共同運営に切り替わることや出店増加も決まり、3月までに4店になる見込み。今回の保険ショップでの提携は日本生命とニトリのコラボレーションのスタートでもあり、別途、店舗内にはコラボの電子掲示板やパンフスタンドも設置し、学資保険の相談を営業職員につなぐ施策も開始。展開が急加速している。

 「ニトリのほけん+ライフサロン」南砂店は、来店者の9割が30〜40歳代のファミリー層で、これまでの契約では三井生命のドル建て終身保険、オリックス生命の医療保険、日本生命の3大疾病保障保険、などの人気が高い。ライフサロンの大寄昭生社長は「世帯による契約単価も比較的高額で、運用性商品に関心が集まっている。契約後の長いお付き合いを重視する当社の方針とニトリのコンセプトも合致している」と語る。>


とのことです。

…30〜40代のファミリー層は、死亡・第三分野の両方を獲得できる可能性が高い客層ですから、ほとんどの保険会社や代理店が最も欲しい客層です。

そうした客層が来店者の9割を占めるというのは総合的な契約獲得につながるだけでなく、代理店の収益面でも大いにプラスとなるといえるのではないかと思います。

個人的には、インテリアの購入と保険契約はまた別の話であり、高い成約率に結びつくとは限らないと思っていましたが、そうでもなかったようですね。

2つあるニトリ自前の保険ショップも、「ニトリのほけん+ライフサロン」に変更するそうです。より高い収益性が見込めるのであれば当然のことでしょうね。

【記事の内容】

以下、配信された記事の内容です。

―2016年2月5日 保険毎日新聞・保毎ウェブ配信―

【ニトリのほけん+ライフサロン、順調にスタート】

 ニトリとライフサロンが共同運営する保険ショップ「ニトリのほけん+ライフサロン」南砂店が順調だ。2015年10月30日のオープン以来、イベントなどでの顧客情報の収集数は毎月約1000人に達しており、そのうちの約30世帯が保険の相談を行い成約率は60%に達している。ニトリの既存保険ショップ(2店)もライフサロンとの共同運営に切り替わることや出店増加も決まり、3月までに4店になる見込み。今回の保険ショップでの提携は日本生命とニトリのコラボレーションのスタートでもあり、別途、店舗内にはコラボの電子掲示板やパンフスタンドも設置し、学資保険の相談を営業職員につなぐ施策も開始。展開が急加速している。

 「ニトリのほけん+ライフサロン」南砂店は、来店者の9割が30〜40歳代のファミリー層で、これまでの契約では三井生命のドル建て終身保険、オリックス生命の医療保険、日本生命の3大疾病保障保険、などの人気が高い。ライフサロンの大寄昭生社長は「世帯による契約単価も比較的高額で、運用性商品に関心が集まっている。契約後の長いお付き合いを重視する当社の方針とニトリのコンセプトも合致している」と語る。

 また西野宮由香店長は「お客さまからは、ニトリというブランドやアフターサービス重視の方針に安心感を示していただいている。引っ越しシーズンでもあり、火災保険の見積もり依頼も増えてきた。ライフステージ変化の時期に合わせて、保険も検討いただきたい」と話す。

 同店では、第一の課題である認知の拡大に向けて顧客向けのイベントを毎週末開催している。これまでには、お菓子釣りといった子ども向けの企画や、ハロウィンやクリスマスの衣装を用意した撮影会などを実施。今後は、引っ越しや進学・新学期などに合わせた新生活関連のイベントを計画している。

 大寄社長は「オープン後最も感じているのは、ショッピングセンターの店舗とは客層が大きく異なること。来店者はニトリのファンなので、店内の保険ショップにも違和感を持たず、イベントやアンケートにも積極的に対応してくれる。ニトリ側とのミーティングで集客に関する意見交換ができるのも、単なるテナント出店と異なる点だ。今後は、セミナースペースも設けて無料の情報提供もしていく」と話す。直営店舗の着実な拡大を予定しているだけでなく、全国のライフサロンFC店代理店向けの施策も検討。「希望するFC店が、ライフサロンのフランチャイズとして同タイプの店舗運営ができるように、ニトリ様と今後協議していきたい」と意欲を見せている。

 ニトリでは元々保険ショップ「ニトリの保険」を2店(赤羽、横浜鶴見)運営していたが、それら全てを「ニトリのほけん+ライフサロン」に変更することを決めた。両店は改装し年度内にオープン、また、「ニトリ港北ニュータウン店」が新規オープンする。

 ニトリと日本生命とのコラボで全国のニトリ約280店に設置しているパンフレットラックでは、特に学資保険の拡販を展望している。「NISSAY×ニトリ共同キャンペーン ニッセイ学資保険 子育て応援!キャンペーン」(3月24日まで実施)のリーフレットも作成してラックの目立つ場所に配置。同保険の相談予約者にニトリ利用券500円分を漏れなく、Wチャンスとして毎月50人にニトリ利用券3000円分を抽選でプレゼントする。キャンペーン専用のフリーダイヤルは日本生命のコールセンターにつながる仕組みで、「相談希望者には最寄りの営業店の営業職員が対応する」という新たな手法にもチャレンジしている。今後は、ラックの活用でさらに他商品への展開も視野に入れている。


以上です。

画像
↑、先月撮影した白梅。

↓2月5日19:30現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓2月5日19:00現在で6位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近・・・どこに行ってもショップが目につきますが、保険の量販店で影響ありは個人でしょうね?地方の法人代理店も大変でしょうね。全てがそこに行けば揃うし保全も対応も変わるわけで無く
保険法改正も含め個人は廃業が多いでしょうね
廃業してしみて辞めてよかったかも・・量販店には対抗できなくなるでしょうね・・・
がくがくダック
2016/02/08 13:49
がくがくダックさん、コメントありがとうございます
保険ショップの存在は確かに目立ちますが、それだけで既存の代理店が深刻な悪影響を受けるとはいえないと思います。

廃業に至った代理店の背景にあるのは後継者の不在、マーケットの縮小等ではないかと…。
現役保険営業マン
2016/02/09 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

保険ショップ「ニトリのほけん+ライフサロン」が順調にスタートしたそうです。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる