現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 意向確認を実施した生保契約は顧客満足度を押し上げる―J.D.パワー調査結果。

<<   作成日時 : 2016/04/01 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

少々古い情報で恐縮です。3月3日J.D.パワーはHPに、2016年生命保険契約満足度調査の結果を発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 3/3・プレスリリース 2016年生命保険契約満足度調査・生命保険契約時の意向確認の実施は75%

    資料の要約によると

    <○生命保険の選定要因トップは「自分にあった保険商品や保険プランだった」であり増加の傾向にある。

    ○顧客のニーズを把握し、応じた保険商品を提供することは、募集時の満足度を大きく高め、契約継続意向を高める。

    ○募集時の満足度は、ソニー生命が顧客満足度第1位。>


    とのことです。

    …顧客のニーズを把握し、応じた保険商品を提供する、つまり、ニードセールスの重要性は生命保険の募集人資格を取得する一般課程試験のテキストで指摘されているくらい基本的なことです。

    お客様の信頼を得るだけでなく、自分の収入のためにもその基本的なことを徹底していかなければいけませんね。

    保険商品の選定の重要な要素は、「担当者」から「保険商品そのものに対する理解や納得感、さらにそれが自身のニーズにあっているか」ということに変わりつつあるそうです。

    保険を比較・選択することが定着してきたことが背景にあるのかもしれませんね。

    【調査結果の内容】

    以下、J.D.パワーが発表した調査結果の内容です(上記プレスリリースより抜粋・転載)。

    【2016年生命保険契約満足度調査】

    ―生命保険契約時の意向確認の実施は75%―


     CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木郁、略称:J.D. パワー)は、2016年生命保険契約満足度調査の結果を発表した。

    ◆ニーズの把握、それに応じた提案による契約は、募集時の満足度を押し上げる◆
     当調査の結果によると、顧客が生命保険を選ぶ際の要因として「自分にあった保険商品や保険プランだった」が29%で最も多くあがる。次いで保険会社や保険代理店の「担当者に勧められた(25%)」、「保険内容がわかりやすかった(18%)」と続く。選定要因のトップである「自分にあった保険商品や保険プランだった」をあげる割合は、特に生活保障タイプの保険契約者で昨年から3ポイント増加している。また、「担当者に勧められた」は昨年から全体で4ポイント減少した。さらに、昨年は3番目に多くあがる要因が「担当者の対応が良かった」であり、これは今年の結果では2ポイント減少し、先にあげた「保険内容がわかりやすかった」に次ぐ要因となっている。つまり、昨年まで生命保険の選定は、保険会社や保険代理店の“担当者”に起因していたがその傾向は薄れつつあり、保険商品そのものに対する理解や納得感、さらにそれが自身のニーズにあっているか、という意識に起因する傾向に移りつつあることを示していると考えられよう。

     本年5月には保険業法の一部改正が予定されており、募集時に顧客の要望やニーズを把握し、それに応じた情報の提供および保険商品の提案をすることが義務化される。当調査結果では「契約した保険があなたのニーズと合致しているかどうかの確認があった」(「意向確認」とする)と回答した割合は、業界全体で75%であった。意向確認のあった顧客の満足度は663ポイントと高く、意向確認のなかった顧客は558ポイントと100ポイント以上の大きな差のあることが明らかとなった。さらに、この満足度の高低に伴い、意向確認のあった顧客の継続契約意向は「非常に契約を継続したい」とする割合が29%であり、意向確認のなかった場合の2倍以上にもなる。さらに、意向確認の実施は最も高い保険会社で86%、最も低い保険会社で67%である。顧客の認識する意向確認の実施率に差があることも明らかとなった。

     業法改正前の現状において、顧客のニーズを把握し、応じた情報の提供、保険商品の提案が実施されている場合に満足度は大きく高まり、顧客維持にも大きく貢献することが明確である。顧客が自身や家族のための保険であるという意識が最大の要因となって保険を選定するという傾向に応じるためにも、義務化を契機に、顧客ひとりひとりのケースに応じたパーソナルな対応は、さらに促進される必要があると言えよう。

    ◆募集時の満足度は、昨年に続きソニー生命が第1位◆
     顧客満足度ランキングでは、対象となった25社中、ソニー生命が676ポイントで総合満足度第1位となった。ソニー生命は「支払保険料」で最も高い評価を得た。第2位はプルデンシャル生命(672ポイント)で、「顧客対応」で最も高い評価となった。第3位はマニュライフ生命(663ポイント)で、「顧客対応」「支払保険料」が高い評価であった。

     2016年生命保険契約満足度調査は、直近1年以内に生命保険を新規契約・更新手続きを行った顧客を対象に、契約プロセスにおける保険会社に対する満足度や各種活動実態を調べたものである。2015年12月にインターネット調査を実施し、12,947人から回答を得た。

     保険契約の総合満足度を構成しているファクターは、総合満足度に対する影響度の大きい順に「顧客対応」(35%)、「手続・書類」(28%)、「支払保険料」(20%)、「商品提供」(18%)と続く(カッコ内は影響度)。生命保険会社に対する総合満足度スコアは各ファクターにおける詳細項目に対するユーザーの評価を基に1,000ポイント満点で算出している。


    以上です。

    画像
    ↑、食草のひとつ・カラムシに産卵するアカタテハ(先月撮影)。

    ↓4月1日1:00現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓4月1日0:00現在で12位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ

    にほんブログ村
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 1
    ナイス

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文

    管理人への保険相談はこちらをご利用ください

    意向確認を実施した生保契約は顧客満足度を押し上げる―J.D.パワー調査結果。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる