現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の医療保険は「三大疾病に手厚く」が売り。

<<   作成日時 : 2016/05/24 20:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

5月21日の日本経済新聞・朝刊に、ここ数年の間に登場した医療保険についての記事がありました。

記事によりますと、

< 重い病気やケガの治療にかかるお金を保障する生命保険会社の医療保険を契約する人が増えている。もっとも、ここ数年は入院日数に関わらず一時金を支給したり、がんなど三大疾病の保障を上乗せしたりした複雑な仕組みの商品が主流になっていて、どう選べばいいか戸惑う人も多い。公的医療保険とのバランスも頭に入れて、保険料が家計の重荷にならないよう契約内容を見極めたい。>

とのことです。

【管理人の感想】
1.「一時金給付」「入院無制限」「保険料払込免除」が売りのひとつ。

今回の日経が記事で取り上げているのは、特約を付加することで三大疾病の保障を手厚くすることができる医療保険です。

管理人が取り扱っているものの、記事には登場しない保険会社の医療保険も含めて、ここ最近の医療保険は、三大疾病における「一時金給付」「入院無制限」「保険料払込免除」―が売りのひとつにとなっているといえるでしょう。

2.一時金給付等における「三大疾病」は各社共通ではない。
注意していただきたいのは、医療保険の一時金給付等の特約または特則における「三大疾病」の定義は各社共通ではない、ということです。

例えば一時金給付の場合、

@O生命保険の定義…「がん(悪性新生物・上皮内新生物)、急性心筋梗塞(急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞)、脳卒中(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)」。

A某外資系生命保険の定義…「がん(悪性新生物・上皮内新生物)、心疾患(慢性リウマチ性心疾患、虚血性心疾患、肺性心疾患、その他の型の心疾患)脳血管疾患(I60―I69)」。


―となっています。

そして、その支払事由も異なります。

@O生命保険の支払事由

・「責任開始日以後に初めてがん(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき」「2回目以降は、がん(悪性新生物・上皮内新生物)の治療を直接の目的とする入院を開始したとき」

・「急性心筋梗塞の治療を直接の目的とする入院を開始したとき」

・「脳卒中の治療を直接の目的とする入院を開始したとき」

A某外資系生保の支払事由

・「責任開始日以後に、責任開始日前を含めて初めて悪性新生物と診断確定されたとき」「2回目以降は、診断確定された悪性新生物の治療を目的として、公的医療保険制度の対象となる、手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれかを受けたとき」

・「心疾患により、開頭・開腹・開胸等約款所定の手術を受けたとき、または、継続20日以上の入院をしたとき」

・「脳血管疾患により、開頭・開腹・開胸等約款所定の手術を受けたとき、または、継続20日以上の入院をしたとき」

・「責任開始日以後に、責任開始日前を含めて初めて上皮内新生物と診断確定されたとき」「2回目以降は、前回の支払事由に該当した日からその日を含めて1年を経過した日の翌日以後に、上皮内新生物と診断確定されたとき」


―となっています。

これはあくまで一例です。三大疾病による保険料払込免除でも違いがあります。詳細(疾病の定義・保険料払込免除事由)は必ず約款を比較して確認してください。

3.一時金給付特約の上限に違い
ある程度のまとまった金額を受け取ることができる、三大疾病における一時金の特約ですが、

入院給付金日額の設定額次第で、一時金の設定額も変わる

―という点に注意してください。

例えば、某外資系生保の場合、一時金給付額を100万円に設定するには、入院給付金日額を1万円に設定する必要があります。

また、一時金の給付額の上限は、各社で違いがあります。例えば、O生命保険とH生命保険の場合

@O生命保険

・入院給付金日額1万円の場合…上限額150万円。

AH生命保険

・入院給付金日額1万円の場合…上限額50万円


―となっています。なお、詳細は必ず代理店などで確認してください。

【記事の内容】
以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2016年5月21日朝刊―

【医療保険、三大疾病手厚く】

 重い病気やケガの治療にかかるお金を保障する生命保険会社の医療保険を契約する人が増えている。もっとも、ここ数年は入院日数に関わらず一時金を支給したり、がんなど三大疾病の保障を上乗せしたりした複雑な仕組みの商品が主流になっていて、どう選べばいいか戸惑う人も多い。公的医療保険とのバランスも頭に入れて、保険料が家計の重荷にならないよう契約内容を見極めたい。

 民間の医療保険のほとんどは入院日数に応じて保険金が出るのが基本的な仕組みで、入院1日当りの給付金を「入院日額」という。1回の入院で給付金を受け取れるのは60日まで、通算では1000日か1095日までとしている契約が多い。

 入院日額はどのくらいに設定すればいいだろうか。ファイナンシャルプランナー(FP)の中村宏氏は「会社員なら入院日額5000円、入院で収入が途絶える自営業なら1万円がひとつの目安」という。1日あたり平均6129円かかる「差額ベッド代」は公的医療保険が適用されないので全額自己負担だが、これをほぼカバーできる。

 しかし、入院日数に応じた給付金では、保障が十分でない可能性が出てきた。厚生労働省によると、がんの平均入院日数は1996年に35.8日だったが、2014年には18.7日まで短縮された。同じ病状であっても、入院で受け取れる給付金が半分近くまで減ってしまったわけだ。

 このため、生保各社は入院日数に関わらず、まとまった一時金を受け取れる特約を付けられるようにしている。がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病になると、50万円、100万円といった一時金が出るものが多い。オリックス生命保険の「新CURE」は昨年10月から三大疾病の治療で入院すると、年1回を限度に一時金が繰り返し出る特約を選べるようにした。

 入院日数が短くなったとはいえ、65歳以上の脳血管疾患は平均入院日数が100.7日と保障の上限である60日を超える。さらに退院から180日以内に同じ病気で再入院すると、入院日数は前回入院と合算されるため、がんなどで入退院を繰り返すと60日を超えることがある。この不安に応えるため、各社は三大疾病に限り入院日数を無制限にする特約も扱う。

 こうした医療保険の特約は、日本人の死因の3割近くを占めるがんの治療費用に充てるがん保険と保障が重なる面がある。このため、がん保険の分野でも、最大300万円の一時金を設定できるAIG富士生命保険「がんベスト・ゴールドα」、抗がん剤、放射線など通院治療の保障を手厚くしたチューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアム」など各社が特徴のある商品を出してきた。

 万が一のための医療保険が家計を圧迫してしまっては本末転倒だ。働き盛りの35歳男性が損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険「新・健康のお守り」の入院日額1万円の契約をする例で、どんな特約をつけると、保険料がどのくらい上がるのか見てみよう。

 60日までの入院と手術、通算2000万円の先進医療を保障する基本プランは、保険料をずっと払い続ける「終身払」で月4008円。これに三大疾病で入院すると50万円の一時金が出る特約を付けると1570円、がん診断で50万円が給付される特約を加えるとさらに850円の上乗せになる。三大疾病の入院は60日を超えても日額1万円が出る特約は520円かかる。合計の保険料は6948円まで膨らむ。

 一生涯の保険料を60歳まで25年間で払い終わる「短期払」なら月1万135円。長生きするほど終身払よりも割安になるが、中途解約すると保険料が無駄になるリスクがある。FPの竹下さくら氏は「将来もっと条件のいい医療保険が発売される可能性がある。短期払を選択するなら入院日額は最低限に抑え、必要に応じて保障を上積みするのが一案」という。

 生命保険協会によると、生保の医療保険とがん保険の契約件数は2014年度末で5391万件に上る。しかし、公的医療保険にも過大な医療費負担を避ける「高額療養費制度」があり、年収が約370万〜770万円の中所得層なら自己負担の上限は付き8万円あまり。FPに間には「ある程度の貯蓄がある人なら生保の医療保険の入る必要性は高くない」(中村氏)との声がある。


以上です。

画像
↑、真夏の林道で出会ったオニヤンマ・オス(昨年8月撮影)。

↓5月24日20:00現在で1位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓5月24日20:00現在で8位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

最近の医療保険は「三大疾病に手厚く」が売り。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる