現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 生命保険の女性営業職員、在籍数が6年ぶりに増加。

<<   作成日時 : 2016/09/22 11:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

9月19日の日本経済新聞・朝刊に、生命保険会社の女性営業職員(いわゆる生保レディー)に関する記事がありました。

記事によりますと、

< 「生保レディー」が再び増えている。生命保険協会によると、生命保険会社の営業職員が6年ぶりに増加に転じたことが分かった。インターネット販売や保険ショップの台頭で、従来型の訪問営業は劣勢のはず。…>

とのことです。

…記事を読む限り、女性営業職員の登録数が増加に転じた背景には、各生命保険会社の評価基準の見直しによる在籍率向上があるようです。

また、記事では触れられていませんが採用基準を引き上げた効果もあるかと思います。

かつて管理人が大同生命保険に在籍していた時は、死亡保障額を基準とした新契約重視の評価でした。

そのため、職員のランクに応じて設定されている毎月の新契約のノルマが達成できないと、手取りがどんどん減少していき、結局退職を余儀なくされていく職員が続出していました。

また、正職員になる前の養成職員の段階でも新契約重視の評価が行われていたため、新契約のノルマ未達となったことで正規の営業職員となることができず、退職を余儀なくされたものも大勢いました。

そんな大量採用・大量脱落(ターンオーバー)の問題は、1970年代から生じており(管理人が知る限りです)、生命保険会社の対面チャネルに対して高コスト構造との批判を招くこともしばしばでした。

生保各社が新契約重視から、定期訪問の実施など継続率重視へと舵を切ったのは、生命保険10社が業務改善命令を受けた保険金・給付金の支払い漏れがきっかけだったと記憶しています。

営業職員の在籍率改善は、既存契約の孤児契約化(担当者がいない契約)を防ぐことになり、既存契約者の満足度向上へとつながるはずです。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2016年9月19日朝刊―

【「生保レディー」なぜ今増加―評価法変え離職減/客とつながり重視】

 「生保レディー」が再び増えている。生命保険協会によると、生命保険会社の営業職員が6年ぶりに増加に転じたことが分かった。インターネット販売や保険ショップの台頭で、従来型の訪問営業は劣勢のはず。さっそく現場を訪ねてみた。

 企業や家庭を訪問する生保の営業職員は女性が9割超を占める。生命保険協会に聞いてみると、ピーク時は45万人近くいたが、1990年代以降は減少の一途をたどってきた。低成長下で販売ノルマをこなせず、離職するケースが相次いだためだ。ところが金融庁に登録する職員数は、2016年3月末時点で22万9668人と6年ぶりに増えたことが分かった。

 「離職者が減ったことが大きい」。大手生保の担当者はこう口をそろえる。2社で全体の半数近い10万人弱の営業職員を抱える日本生命保険と第一生命保険では、入社6年目までの働き続ける職員の割合を示す「5年後在籍率」がこの5年で3〜5ポイント改善した。

 最大の要因は給与につながる業績評価の見直しだ。第一生命は既存契約の継続を重視する給与体系を段階的に導入。新規契約の金額や件数だけでなく、日常的に接する顧客数を評価対象に加えた。

 昨年度からは若手を対象に告知の契約でも顧客を増やす努力を評価し、職歴の浅い職員でも成績を上げやすくした。営業業務課の田中健太郎課長は「大口契約を重視する評価基準では職員の成績が伸びづらく、離職を招く要因になっていた」と振り返る。

 営業職員の増加は人件費負担を増やす。それでも生保各社が職員のつなぎ留めに力を入れるのはなぜか。ネットや銀行窓口、保険ショップでの販売は顧客が頻繁に保険を替える可能性が高く、長く関係を築きづらいという事情がある。顧客と信頼関係を築き、付き合いが密接になれば、生活スタイルの変化に合わせて様々な保険商品を提案する機会も増える。

 職員の定着は経営の安定にもつながる。担当者が頻繁に代わると顧客との関係が薄くなり、アフターサービスもおろそかになりやすく、それが解約につながる悪循環を招いてきた。成果も出ている。生命保険協会がまとめた15年度の解約・失効率は5.9%と10年前から3ポイント改善した。

 告知の契約も評価に加えた背景には、保険契約者の変化がある。単身や共働きの世帯など家族形態が広がり、世帯主の父親に一家の大黒柱として死亡保険を勧める営業手法は通じなくなった。日本生命や住友生命保険も顧客への定期訪問で継続率が高まれば成績が上がりやすくなる仕組みを採り入れている。

 ネットや保険ショップの普及で、顧客の顔の見えない販売チャネルが広がる。顧客とのつながりを重視する営業への回帰は、生活に安心感を与える「保険」の特性にかなっているように思える。


以上です。

画像
↑、ツマグロヒョウモン・オスの占有行動(5月撮影)。

↓9月22日11:30現在で4位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓9月22日11:00現在で5位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

生命保険の女性営業職員、在籍数が6年ぶりに増加。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる