現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 某外資系生保の終身保険、予定利率が0.60%に変更されます。

<<   作成日時 : 2017/01/06 20:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年11月に、終身保険の料率改定等の通知を出した某外資系生保から、改定後の予定利率と保険料例など具体的な改定内容の通知が出ました。

その内容は以下のとおりです。

1.契約日が2月2日以降となる新契約が対象
前回の記事でも書きましたが、予定利率が引き下げられるのは

@低解約返戻金型終身保険。

A引受基準緩和型終身保険。


―の2商品で、対象となるのは

@契約日が2月2日以降となる新契約

―です。

また、「積立利率変動型終身保険・市場金利連動型」は販売量が低迷していることもあって、販売停止となります。

2.予定利率は0.60%に引き下げ…。
改定前(現行)と改定後の予定利率の違いは以下のとおりです。

◇低解約返戻金型終身保険
・現行:1.50%

・改定後:0.60%

◇引受基準緩和型終身保険
・現行:1.85%

・改定後:0.60%

3.保険料は大幅上昇…
推奨商品の一つである、低解約返戻金型終身保険の改定後の保険料例(保険金額500万円。60歳払込満了)に目を通して驚きました。大幅に保険料がUPしてしまうからです。

例えば、20歳の男性では、現行の6520円から、改定後は11030円に、女性では現行の5935円から、改定後は10805円に値上がりしてしまいます。

また、30歳男性の例では、現行の9340円から、改定後は14830円に、女性では現行の8550円から、改定後は14545円に値上がりしてしまいます。

正直に申しますと、これはかなり痛いです。これだけ保険料が上昇すると、お客様の契約意欲がそがれますし、保険料払込完了時の返戻率も悪化し、「資産形成力」が失われてしまいます。

日銀は本当に余計なことをしてくれたものです。

画像
↑、吸蜜中のキタテハ・夏型(昨年5月撮影)。

↓1月6日20:00現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓1月6日20:00現在で3位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人への保険相談はこちらをご利用ください

某外資系生保の終身保険、予定利率が0.60%に変更されます。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる