生命保険の「予定利率」って何?②

前回に*1引き続き、生命保険の「予定利率」についてご案内します。
今回は「詳しく解説編」*2です。

*1.前回の記事はこちらです。
  • 生命保険の「予定利率」って何?①

    *2・1月15日の日本経済新聞朝刊・17面・「かんたん!マネー学」の記事を転用。

    【「予定利率」について:詳しく解説編】
     予定利率とは、予想運用利回りのことで、保険会社が契約者に「預かった資金はこの程度の利回りで運用します」ということを約束する利率です。通常、一度決めたら契約途中で変更することはありません。
     
    予定利率が上がれば、より少ない元本で同じ額の運用収益が見込めるため、契約者が支払う保険料が下がります。日本生命保険は保険料を契約時に一括で支払う「一時払い」方の終身、養老、年金の各保険について、来月販売分から予定利率を0.05%~0.1%引き上げます。予定利率の引き上げは21年ぶりです。例えば50歳の男性が死亡時に1000万円を受け取る終身保険の場合、契約時に必要な保険料は760万円程度と従来より約10万円の値下げになります。

     ちなみに予定利率の数字だけを見て「銀行預金より高い」と思うのは間違いです。預金金利は払ったお金全部に適用されますが、保険商品では保険会社の経費などに相当する額を差し引き、残った部分についてだけ運用するのです。このため保険料に対する実際の運用利回りは、予定利率を大きく下回るのが普通です。ただ、経費の比率も実際の運用利回りも、開示されないのが一般的です。


    以上で「詳しく解説」は終了です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    人気blogランキングへ
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    2006年01月27日 15:32
    今日は一番!
    予定利率は○○%です。と言うと「銀行に預けているより良いんだ!利息付いて戻ってくるの?」と言われる事があります。そうではないんですよね!いつもなかなかお客様にご理解できるように説明できないんですよ…
    現役保険営業マン
    2006年01月27日 16:57
    ともさか保険事務所さん、一番コメントありがとうございます。
    私も経験があります。「利回り=銀行」という意識が根強いのでしょうね。かといってお客様ばかりに責任があるわけではないですから…こういった問題を根気強く解消していくのもわれわれの役目かと存じます。
    2006年01月27日 17:58
    今日ちょうど、ウチの会社に相談に来ていたお客さんが、「予定利率と配当金の違いが分からないんですよねー」と言ってました。私たちには全然違うものでも、お客さんにとっては、やはりややこしいものなのですね。
    私も、分かりやすく説明するように心がけます(^_^)
    2006年01月27日 23:09
    しまったぁー。やられたー
    ちょっと来ない間に、、。
    いやぁ、実は予定利率に関しては、私のブログでも取り上げようと思っていたんですよ。
    しかし、さすが現役保険営業マンさん、わかりやすいです。しっかり、しかしわかり易く説明していきたいですね!
    PS 春発売予定のFF12、私も買おうかなぁと。
    2006年01月28日 00:02
    こんばんは~。
    しっかりマイノリティリポートTV版を見たおしておりました・・・。
    予定利率。勘違い多いですねぇ~。「あ~ぁ・・・完全に間違った説明聞いてるなぁ」と思う事もありましたよ。
    しかし、佐藤さんもFFやるんですね・・・。昔のドラクエ、レベルでも上げようかなぁ。
    現役保険営業マン
    2006年01月28日 02:18
    とことこママさん、コメントありがとうございます。
    分かりやすく説明する…単純なことですが結構難しいことですね。何せ「分かりやすい」の基準がお客様によってばらばらですから。
    現役保険営業マン
    2006年01月28日 02:22
    佐藤さん、コメントありがとうございます。
    実は佐藤さんが連載した記事を拝見して、「おっ!!」と思いついて今回の連載をしたのです。
    常に分かりやすく、そしてお客様が誤解をしないように説明していきたいですね。
    現役保険営業マン
    2006年01月28日 02:28
    たいちょーさん、コメントありがとうございます。
    お客様が「勘違い」するケースの大半は営業職員の「不適切な説明」あるいは「虚偽の説明」が原因でしょうね。
    「間違った説明」で思い浮かぶのは経済ジャーナリストの荻原博子氏、彼女は常々「予定利回りが低いので貯蓄性が低いから貯蓄型の保険に入るのはもったいない」と間違った説明を著書やテレビ番組で繰り返しています。
    もうちょっと保険を勉強してからコメントをしてほしいものです。

    この記事へのトラックバック