自分の葬式をしてほしいですか?それともしてほしくないですか?

2月19日の日本経済新聞・朝刊の9面に、自分の葬式をしてほしいかどうかを*調査した記事が出ておりました。記事によると、25~49歳の既婚の男女に尋ねたところ53%の男女が「葬儀はしなくてもよい」と回答した、とのことです。
*調査の方法:調査会社マクロミルに委託し、インターネットで実施。対象は25~49歳の既婚で子持ちの男女。男性309人、女性309人の計618人から有効回答を得た。
とのことです。

私は自分の葬儀をしてほしいと思っております。何せ「最後」のセレモニーですから。ただ、記事にもありますが、生前にしっかりと打ち合わせをして、葬儀業者や親族とのトラブルがないようにしておきたいものです。

以下、記事の内容です。

【自分の葬儀をしてほしいか:費用負担の懸念大きく】
 
 自分の葬式をしてほしいか。25~49歳の既婚男女に尋ねたところ過半数の53%が「葬儀はしなくてもよい」と回答した。
 大阪府の男性(47)は「死んだ後のことには興味がない」と割り切る。「形式にはこだわらない」(千葉県の女性、35)と、お別れ会や飲み会の開催を望む声もある。「お金がかかる」と残った家族にかかる費用負担を懸念する声も多かった。

 一方、「してほしい」と答えた人には、葬儀を通じて「親しい人にお別れをしたい」(石川県の女性、39)と考える人が多い。東京都の男性(37)は「親族の集まる数少ない機会」と葬儀を重要視する。

 日本消費者協会が2005年9月に実施した「葬儀についてのアンケート調査」によると、葬儀費用は全国平均で約237万円。地域ブロック別に見ると、北海道の186万円に対し、東京、神奈川、埼玉で約313万円と、地域差も大きい。

 北海道の女性(33)は「親族の葬儀の際、料金でもめて葬儀会社に悪い印象を持った」と話す公正取引委員会の調査では、身内の葬儀をした人の69%が事前に会社を比較しなかったと答えた。65%は選定のための情報収集もしていない。遺族にトラブルが降りかからぬよう、生前の準備も大事かもしれない。


皆様の一票をお待ちしております。
ブログランキング【Bloking】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月20日 20:25
こんばんは!
ん~!?難しい問題ですね…
私は別にこだわらないですね。霊の世界も信じてませんし。ただ最期は家族に看取られて逝きたいですね…
現役保険営業マン
2006年02月20日 22:15
ともさか保険事務所さん、コメントありがとうございます。
…最も多いお考えかもしれませんね。
私は家族も納得できる最期を迎えたいと思っております。
2006年02月20日 22:22
こんばんは。私としてはどちらでもよいのですが、多分残された遺族がちゃんと見送りたい、と思うような気がします。
でも、お金かかりますね・・・(^_^;)
2006年02月20日 22:55
こんばんは。
私は、死=無、と考えています。
ですから、「葬式」にお金を掛けることだけはしたくないですし(親にもそう言ってあります)、自分の場合も葬式はしないように、と言ってあります。葬式に金を掛けるくらいなら残された家族が使ったほうが100倍マシです。なぜなら当の本人は「無」であるからです。死を悲しむ事は当然でありますが、生前にしっかりと使い切ってしまう、もしくは生前にしっかりお世話する事の方が大切であると思っています
現役保険営業マン
2006年02月20日 23:14
とことこママさん、コメントありがとうございます。
…確かにお金はかかります。私はこの業界に入る前、ほんのちょっと(3~4ヵ月)の間、葬儀会社におりました。互助会会員の方であれば300万円で済むプランが非会員の方ですと500万円に跳ね上がる仕組みを目の当たりにしました。
しかし、だからこそ葬儀業者の事前の選択などを含めて、生前に打ち合わせする必要があると存じます。
現役保険営業マン
2006年02月20日 23:20
佐藤さん、コメントありがとうございます。
うーん、なるほど「死=無」…佐藤さんの死生観ですね。
>生前にしっかりと使い切ってしまう、もしくは生前にしっかりお世話する事の方が大切であると思っています
>>…そういう考えもあって当然でしょうね。

この記事へのトラックバック