「リビングニーズ特約」って何?

今回は「リビングニーズ特約」についてご案内します。

【リビングニーズ特約】
「リビングニーズ特約」とは保険に入っている人(被保険者)が“余命6ヵ月”と判断されたら、一定の金額の範囲内で、死亡保険金を前払いするための特約です。

その主な特徴は以下のとおりです。

①ご本人・ご家族が最後まで有意義に過ごすために死亡保険金を前払いします。
被保険者が“余命6ヵ月以内”と判断された時、ご契約の死亡保険金の一部または全部をお支払いします。

②すべての病気やケガが請求の対象となります。
傷病の種類を問わず、保険金をお支払いします。がん、急性心筋梗塞、脳卒中はもちろんのこと、あらゆる疾病、ケガが請求の対象となります。

③特約分の保険料は必要ありません。
特約分の保険料負担はありません。つまりタダで付けられます。

④必要に応じた金額をご請求いただけます。
ご請求金額(「指定保険金額」といいます)は、ご契約の死亡保障の所定の範囲内で、なおかつ、被保険者一人につき、3000万円を上限に、必要な金額を請求することができます。また、6ヵ月以上生存、病状が好転しても医師をはじめ被保険者の責任、あるいは保険金の払い戻し・請求取り消しは問われません。

⑤保険金は非課税です。
この保険金を被保険者が受け取られる場合は、非課税扱いとなります。

⑥お支払い保険金額について
ご請求金額(指定保険金額)から、指定保険金額に対応する6ヵ月分相当の利息と保険料相当額を差し引いた金額をお支払いします。また、特約保険金をお支払いする時に貸付金がある場合にはその元利合計金額も合わせて差し引きます。
[お支払額]=[指定保険金額]-[6ヵ月分の利息及び保険料相当額]

⑦請求ができる人について。
請求ができるのは被保険者か*指定代理請求人です。
*指定代理請求人:保険金の受取人が被保険者の場合で、被保険者が余命宣告を受けていないなど“特別な事情”がある場合に、被保険者に代わって保険金の請求ができる人のことです。

*指定代理請求人の範囲について
保険契約者は、被保険者の同意を得てあらかじめ以下の範囲内で指定代理請求人を指定できます。
1)請求時において、被保険者と同居または生計を一にしている戸籍上の配偶者。
2)被保険者の直系血族(親・子・祖父母など)。
3)請求時において、被保険者と同居または生計を一にしている3親等以内の親族。

「裏知識」
この「リビングニーズ特約」はアメリカのプルデンシャル生命が最初に開発した特約です。日本では1992年にプルデンシャル生命が最初に認可を取得し導入しました。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月03日 20:27
あれ?一番乗りですか?
リビングニーズ特約、私も必ずお付けして設計しております。請求するかしないかはその時に決めればいいことで、選択の幅を持てるだけでも良いと思います。少し前に生命保険の買取の話題がありましたよね!確かご主人様の治療費が大変で保険を買い取ってもらって治療費に充てる…っていうのが。あれって余命宣告を受けれなかったのかな…
現役保険営業マン
2006年02月03日 21:46
ともさか保険事務所さん、一番コメントありがとうございます。
私もリビングニーズ特約は付加してお客様に提案しております。この特約でしかできないことがありますからね。

生命保険の買取…確かこの方は、肝硬変から肝臓がんに悪化した方でしたね。治療費がかさんだため、入院特約が失効状態となり、生活費にも困窮している状態のため、唯一保障が有効状態にある死亡保障保険を買い取ってもらい、そのお金で治療費を捻出したいということを訴えていたと記憶しております。
医療保障とがんの保障をどう備えるかを考えさせられた一件です。
2006年02月03日 23:14
大手にいたとき、「リビングニーズ特約」の付いてないお客さんに「特約保険料が必要ないので、付けませんか?」と案内して周ったことがあります。単純にお客さんにとっては、良いことだと思っていたのですが、この案内でさえ、怪しまれる(「また保険勧めに来たんじゃないの?」と)始末でした(^_^;)
2006年02月04日 00:44
こんばんは。
そうでしたねぇ。最初はプルでしたね。今でこそ「当たり前」の感がある特約ですけど、当時にして思えば画期的な発想ですよね。
私は「標準です・・・」って、何も言わず黙って付加してたかも。ヤ、ヤバイかなぁ。
現役保険営業マン
2006年02月04日 02:13
とことこママさん、コメントありがとうございます。
リビングニーズで怪しまれるとは…前の担当者がよほどひどい勧誘をしたのでしょうか。
現役保険営業マン
2006年02月04日 02:16
たいちょーさん、コメントありがとうございます。
>私は「標準です・・・」って、何も言わず黙って付加してたかも。ヤ、ヤバイかなぁ。
>>いえ、時代を先取りしていたのでしょう(^_^)
メリー
2006年02月04日 02:41
法人契約にはこれが無いので、私には余り縁が無い特約だったりしますが・・・。
しかし、どれだけの医師が余命6ヶ月と書いてくれるのでしょう?実際にこれを書いてくれたケースは幾人かのお客様を見送っている私でもありませんでした。
何となく矛盾を感じる最近です。リビングニーズ特約より、がん診断給付金の方が圧倒的に役立っています。
皆様の中で、リビングニーズ適用されたお客様はいらっしゃいますか?
現役保険営業マン
2006年02月04日 13:53
メリーさん、コメントありがとうございます。
私はリビングニーズや死亡保険金のお支払いの経験は一度もありません。
2006年02月04日 22:18
こんばんは。
私もメリーさんの意見と同じく、リビングニーズ特約に関しては「うーん、どうかなぁ」という感覚です。
医療関係者からのお話しを聞くとほとんどの医師は余命6ヶ月とは診断しません。
確実なソースではなく、私が医療関係者から聴いた話なので、100パーセントではありませんが。
まぁ、無料ですからお客様に決めてもらっています。
現役保険営業マン
2006年02月04日 23:19
佐藤さん、コメントありがとうございます。
確かにそういう現実もありますね。
私は受け取ったことのある経験者の談話を目にすると「確率論」ではなく「気持ちの問題」として付加しております。

この記事へのトラックバック