お客様にお会いしてきました。

今日は、昨年の11月に投薬治療中のため、保険契約の延期となってしまったお客様(K様)のご自宅に伺って参りました。
*契約延期となったときの記事はこちら。
  • ご契約!!のはずが…

  • K様は昨年末で投薬治療が終了し、ドクターからも「完治」の診断を受けているため、再度ご契約の手続きを進めることになりました。
    ただ、1月生まれの方ですので、年齢が1歳上がってしまったため、今日は保険設計書を再度作成し、保険料が若干高くなったことや、完治して間もない状況であるため、条件付引受が避けられないといった不利益事項を事前に説明し、その上でご契約手続きを進めるかどうかの意思確認のみを行いました。

    結果は、不利益事項を承知の上で、申込手続きを進めることになりました。なお、慎重を期すために「事前診査」を行うことで合意しました。

    また、このことと同時にK様のご主人の保険の分析を行いました。ご主人は保険証券を紛失してしまっていたのですが、幸いにも保険設計書を保存されておりましたので、内容を確認することが出来ました。
    内容を見て思わず絶句…

    なんと、保障額が600万円!!しかも、保険期間30年の「5年ごと利差配当付生存給付金付定期保険(保険商品名:ス○○プU・保険会社:第○生命保険)」に加入していたのです。
    その上、医療保障などは一切無し…。


    ご主人曰く「車の購入と引き換えに加入した保険だから」。

    で、でも第○生命の営業さん、これっていくらなんでいい加減すぎるんじゃないの?

    奥様・ご主人・私の緊急三者会談を実施、直ちに必要保障額の分析を行ったうえで、適切な保険に加入することとなりました。
    もちろん、その後に情報シートにお客様の収入や支出などを記入していただきました。分析結果は次回(4月4日)に持参する予定です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    ブログランキング【Bloking】


  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    2006年03月28日 00:10
    こんばんは。
    んー、こういう営業の実録は読んでいてドキドキしますねー。
    私もお客様のご自宅で「絶句」もしくは「冷や汗タラリ」とかよくあります(爆)
    お客様によって「保険」に関する考え方はそれぞれですので、いろんなことがありますよね。
    恐らく現役保険営業マンさんとのコンサルで正しい認識を持っていただけると思います。
    スムーズに進んでいくと良いですね。
    現役保険営業マン
    2006年03月28日 00:33
    佐藤さん、一番コメントありがとうございます。
    …いや、本当に「絶句」・「冷や汗タラリ」のケースが多いですね。
    私の場合、今まで保険の内容を分析してきて、お客様のお考えが反映されたものは全くなく、営業パーソンが「適当」に主契約に特約を付加しただけのものばかりでした。
    ですから、分析結果を伝えるとお客様が「絶句」・「冷や汗タラリ(奥様が強いご家庭の場合)」となりました。
    …応援ありがとうございます。
    2006年03月28日 20:12
    こんばんは!
    投薬治療歴、1歳年齢が上がる、お客様には不利益な事ですが、病気になったからこそ将来の保障について真剣に向かいあっていただけるのではないでしょうか!
    ご主人様の方も救ってあげてください…
    2006年03月28日 22:32
    (*´_`*)今回も「4」で止ってしまいました・・・
    ともさかさん同様、ご病気になって気づく保険の大切さってありますもんね。
    このお客様、現役保険営業マンさんのような方に相談にのってもらえてよかったですね。ヘンなとこ行って、「病気の方でも入れますよ」なんて勧められたら大変ですもんね(^_^;)
    現役保険営業マン
    2006年03月28日 22:36
    ともさか保険事務所さん、コメントありがとうございます。
    いったんはK様が保険内容の再編に消極的になっていたものの、今月になって「この際、第一生命の契約を全部切りたい」とおっしゃり、今回の保険内容の再編を行うことになったのです。
    また、K様は明確に病気と診断されて投薬を受けていたわけではないのです(女性のため部位などは公表できません)。あくまで投薬をして再度検査をするということだったそうです。結果は記事にもありますが無事に完治です。

    ご主人も今まで「生命保険」というものに真剣に向き合ってこなかった方ですが、「何のために、そして誰のために保険に加入するのか?」という問い掛けに真剣に保険についてお考えになる決断をされたようです。
    お二人ともまだ20代…これからが肝心です。
    現役保険営業マン
    2006年03月28日 22:42
    とことこママさん、コメントありがとうございます。
    >現役保険営業マンさんのような方に相談にのってもらえてよかったですね。
    >>恐縮です。まだお二人とも20代の若いご夫婦ですので、気合が入ります。
    >ヘンなとこ行って、「病気の方でも入れますよ」なんて勧められたら大変ですもんね(^_^;)
    >>ホント…おっしゃるとおりです。そのような勧誘をされたらたまったものではありません。

    この記事へのトラックバック