厚生年金の扶養手当!?「加給年金」について。

6月19日の日本経済新聞・夕刊に「加入年金」についての記事がありました。

記事によりますと、この「加給年金」とは厚生年金の扶養手当てで、受け取るにはいくつかの条件があり、場合によってはもらえないこともある、とのことです。

…セカンドライフをうまく過ごすには、公的年金を十分に活用する必要があることと存じます。もらい忘れたり、逆に支給条件を満たさずもらえないと気づかずに後悔する前にしっかりと把握しておきたいものです。

【記事の内容】
以下、記事の内容です。

【社会保障ミステリー:厚生年金に扶養手当あり!?受け取り条件、細かく規定】
 結婚して配偶者のいるサラリーマンの多くは会社から基本給のほかに、扶養手当をもらっている。厚生年金にも同じような扶養手当があるのをご存知だろうか。「加給年金」と呼ばれる。ただこの年金、受け取るにはいくつかの条件があり、もらえないこともある。

 「加給年金」は厚生年金に原則20年以上加入した人が年金を受け取るようになったとき、扶養している65歳未満の妻がいると支給される。厚生年金の定額部分の支給開始と同時に支給が始まる。妻の年収が850万円以上あると、扶養しているとみなされないので支給されない。

 金額は年金を受け取る本人の生年月日によって異なる。1943年4月2日以降に生まれた人ならば年額39万6000円。妻が65歳になるまで支給は続くので、年が大きく離れている年下の妻がいると、その分支給総額も膨らむ。

 加給年金は妻が65歳になって基礎年金を受け取るようになると支給されなくなる。ただその代わりに妻の基礎年金に「振替加算」がプラスされる。この額は妻の生年月日により違う。若い人ほど額は少なくなり、1966年4月2日以降に生まれた人はゼロだ。

 妻が夫よりも年上のケースだとどうなるのだろうか。夫が厚生年金の定額部分を受け取り始めるとき、妻が65歳を過ぎていると夫に加給年金はない。しかしまったく何もないわけではなく、その時点から妻の基礎年金に振替加算が加わる。

 妻が割と長く会社で働き、厚生年金に加入していたという場合は加給年金が支給されないことがあるので要注意。その加入期間の基準は20年だ。

 「20年以上加入すると妻にも加給年金が出るのでは」と考えるのは早計。夫も加給年金の支給条件を満たしていれば、夫婦とも加給年金は支給停止。妻がもらえるはずだった振替加算もなくなる。

 「妻の厚生年金加入は19年。ぎりぎりセーフ」と思っていると、間違うこともある。女性の場合、1951年4月1日以前に生まれた人には特例があり、35歳以降の厚生年金加入期間が15~19年でも加入期間は20年と見なされる仕組みがあるのだ。これに該当すると加給年金も振替加算もなくなる。

 不安ならば社会保険事務所で調べておきたい。


以上です。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2006年06月23日 23:15
こんばんは。
確かに「公的年金」をフル活用しなければなりませんよね。
いわゆる「お役所」というのはしっかり情報公開しておらず、意外と「いいかげん」ですので、しっかり自衛のための知識を身につけておかないといけませんね。

先日の記事で恐縮ですが、、、、三井住友海上火災、、、ひどいですね。
「保険金が支払われない」ことなど「喫茶店に行ってコーヒーが出てこない」事と同じくらい本来「あってはならない事」です。そんな喫茶店はすぐに潰れてしまいます。
、、、、、、最近「保険会社」の不祥事が多いため、「保険」と言うシステムそのものの信頼感が薄れてしまうのではないか、と心配しています。

2006年06月24日 09:47
おはようございます!
原則20年加入ですか~ 
私は13年で辞めてしまったな~
妻よ私亡き後は一人で強く生きてくれ!
現役保険営業マン
2006年06月24日 13:54
佐藤さん、一番コメントありがとうございます。
…ここぞという時のタイミングで情報が開示されない…公的年金制度の問題点のひとつですね。年金はいつどのように請求するのかを分かりやすく解説したものをタダで発送してほしいものです。

三井住友海上火災保険の件は史上最悪の不祥事になること間違いなしです。罰として二度と第三分野の敷居をまたがせてはいけません。
現役保険営業マン
2006年06月24日 13:56
ともさか保険事務所さん、コメントありがとうございます。
公的年金制度には必ず「○年」という条件が存在します。もらい忘れたり、受給対象外であることに気づかなかったりして後悔しないように注意が必要ですね。

この記事へのトラックバック

  • トップページのリニューアルをしました!

    Excerpt: 先日は、ヤフーのビジネスエキスプレスに52500円を払ってサイト登録を申請しましたが、悲しい事に不承認でした。(涙)再申請をしましたがこれまた、不承認。本当に残念デス。52500円もあれば、美味しい寿.. Weblog: アイディア1つで億万長者! racked: 2006-06-24 22:34
  • 扶養研究

    Excerpt: 扶養のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 Weblog: 扶養まとめさいと racked: 2007-08-16 22:23