「無認可共済」ベルル共済の破綻について⑤:財務局・業務停止命令を発動。

前回*の続きです。10月24日付の高知新聞・朝刊が、四国財務局がベルル共済に対して「業務停止命令」を出した、と報じております。

*前回の記事はこちらです。
  • 「無認可共済」ベルル共済の破綻について④:「呆れた実態…②」

    記事によりますと、〈通常、金融機関などに対する行政処分は事情聴取に基づき慎重に判断される。しかし、ずさんな運営が明らかになったことを踏まえ、ベルルの財産保全、保険商品の解約や支払いなどで契約者間の公平性を担保するために踏み切った〉とのことです。

    …いかに同共済がいい加減な組織だったかが分かります。一体なぜ、そこまでいい加減な組織が「共済事業」を続けることができたのか、不思議です。

    財務局には、同共済をあらゆる角度から検証して、実態の解明を進めて欲しいものです。

    【記事の内容】

    以下、記事の内容です。

    【四国財務局 ベルルに業務停止命令】
     突然営業を停止した「ベルル生命医療保障共済会」(本部・徳島市)について、監督官庁の金融庁は23日、契約者保護のため早急な行政処分が必要だと判断し、同日夕、四国財務局(高松市)が給付金の支払を含めた向こう6ヵ月の業務停止命令を出した。併せて同財務局は業務遂行態勢の整備を求める業務改善命令も通告。ベルル共済の財産保全などを図った上で実態把握を進める。

     金融庁と四国財務局は、行政処分の根拠として▽ベルル共済が保険契約者に通知や説明をせずに営業を停止した▽ベルルの代表者の所在不明―を指摘した。

     通常、金融機関などに対する行政処分は事情聴取に基づき慎重に判断される。しかし、ずさんな運営が明らかになったことを踏まえ、ベルルの財産保全、商品の解約や支払いなどで契約者間の公平性を担保するために踏み切った。

     業務改善命令では「業務を遂行するに足りる人的構成の整備」「契約者への適切な対応」などを求め、11月6日までの改善計画の提出を義務付けた。代表者が死亡するなど、ベルルの業務執行態勢が事実上機能していないことから、金融当局は提出期限後の業務廃止命令も視野に入れているとみられる。

     保険業法上、ベルルへの立ち入り検査も可能だが、四国財務局は「検査は立会人や協力者がいないとできない。ベルルには責任者といえる者がおらず、現段階では難しい」と否定的な見解を示している。

     今年4月の保険業法改正により、監督官庁がない「無認可共済」は9月末までに各財務局に届け出を行なった上で、保険会社や少額短期保険事業者への組織変更を行う必要がある。期限までに全国で389の「無認可共済」業者が届け出を行なった。

     ベルルは9月29日に四国財務局へ届け出。10月6日に同財務局が実態調査のための初ヒアリングを行なったが、以降、責任者と連絡が取れない状態になっていた。

     改正保険業法の施行移行、行政処分が出されるのは初めて。

     届け出後、ベルルの監督官庁は金融庁になったが、実際の執行権限は財務局に委任しており、今回の行政処分も四国財務局が出した。

     【金融機関 口座に入金させぬ】
     「ベルル生命医療保障共済会」の掛け金が契約者の口座から自動引き落としされる問題で23日、本県を含む関係金融機関は、被害がこれ以上拡大しないよう顧客対応を開始した。万一引き落とされても、ベルルの口座には入金されないよう処理される見通しだ。

     掛け金は契約者の口座から自動引き落としされてベルルの口座に入るシステムで、実際は間に収納サービス会社が介在する。ベルル側と契約しているのは阿波銀ビジネスサービスで、既に今月分の引き落としデータは各金融機関に送付されている。

     同社の親会社の阿波銀行によると、業務停止命令が自動引き落としの停止に直結するものではなく、「引き落としを止めるかどうかは、各金融機関の判断になる」との見解。このため各金融機関は「ひとりひとりに連絡を取り、停止手続きを勧めている」(四国銀行)、「停止の申し出がない方に個別連絡している」(高知銀行)、「支店の役職者が直接連絡している」(高知信用金庫)などの対応を開始している。

     関係者によると、対象となる契約は県内に約760件。各金融機関とも引き落とし日(26日か27日)までに手続きを終了させるよう努めている。

     また、契約者と連絡がつかなかったり、手続きの遅れなどで万一自動引き落としがされた場合でも、阿波銀行は「ベルル口座に資金を入れることはしない。再度各金融機関に確認を取った上で対応する」としており、これ以上の被害拡大はないもようだ。


    以上です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    人気blogランキングへ
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    ますおさん
    2006年10月28日 01:37
    これだけの記事が書けるなんて、まだまだ
    何か出てきそうでコワいです。
    現役保険営業マン
    2006年10月28日 02:05
    ますおさん、一番コメントありがとうございます。
    …それがでてくるのですよ。それだけ無茶苦茶な組織だったということですね。
    2006年10月28日 09:31
    おはようございます!

    行政処分なんかでは手緩い!明らかに詐欺行為ですから、警察が関与し刑事事件として扱って欲しいですね!このままでは悪い事は“やり得”になっちゃいます…
    現役保険営業マン
    2006年10月28日 11:36
    ともさか保険事務所さん、コメントありがとうございます。
    今回の件について徳島県警などが合同捜査本部を設置しました。適切な捜査をしていくそうです。
    …それにしてもわが国は金融犯罪に対する認識と処分が甘いです。
    何度も言われておりますが、「甘い話には裏がある」のです。

    この記事へのトラックバック