生命保険の超基礎学:ミニテスト編⑪

前回*に引き続き、第11回目のミニテストです。

*前回の記事はこちらです。
  • 生命保険の超基礎学:ミニテスト編⑩

    では、早速第11回目のミニテストを行ないます。以下の設問に○×でお答えください。

    問1.悪性新生物(ガン)、急性心筋梗塞、脳卒中に罹患した場合に保険金を受け取れる保険(「特定疾病給付保険」。以下同じ)に加入すれば、すべてのガンが保障される。

    問2.「特定疾病給付保険」は、急性心筋梗塞や脳卒中に罹患した場合、保険会社が定める“所定の条件”に該当しなければ、保険金を受け取ることができない。

    どちらも制限時間は10秒です。ではスタート!!

    チッチッチッチッチッ…チッチッチッチッチッ……チッチッチッチッチッ……。はい、そこまで!!

    正解は…問.1× 問2.○ です。

    ・解説
    問1.残念ながら「がん保険」とは異なり、保障の対象外となる「ガン」があります。その対象外となる「ガン」は以下の通りです。

    ①上皮内ガン 
    一般的にガン細胞は横に広く、縦に深く増殖していきますが、その広がりが上皮内に限られている状態をいいます。代表的なものに子宮頸の上皮内ガンがあります。

    ②悪性黒色腫以外の皮膚ガン
    一般的に皮膚のガンは、悪性黒色腫とそれ以外の皮膚ガンに大別されます。悪性黒色腫は、対象となりますが、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚ガンは対象とはなりません。

    また、この特定疾病給付保険において悪性新生物の保障がされるのは、保険の保障が開始された日(「責任開始の日」といいます)から91日目以降です。

    問2.急性心筋梗塞や脳卒中の場合、単に罹患しただけでは特定疾病保険金を受け取ることはできません。

    それぞれ、保険会社が定めた“所定の条件”に該当しなければ保険金を受け取ることはできないのです。

    その所定の条件は以下の通りです。

    ①急性心筋梗塞の場合
    初診日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断されたとき

    ②脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)の場合
    初診日からその日を含めて60日以上、言語障害や運動失調や麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師が認めた場合

    …以上のことは、約款、保険商品のパフレット・設計書に記載されている重要事項です。必ずご確認してください。


    以上です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    人気blogランキングへ
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    メリー
    2006年11月19日 00:18
    来月から正式にBOSSのお世話になりますので宜しくです♪
    さて、国内社の多くの場合、特定疾病給付保険(がん診断給付金型)の場合は乳がんを除き責任開始日は通常の保険と同じです。
    入金・診査・申し込みが完了していれば翌日に診断されても給付されますよ。
    実際、40日目で給付経験あります。
    確認が入って大変でしたが300万支払われました。
    現役保険営業マン
    2006年11月19日 10:09
    メリーさん、一番コメントありがとうございます。
    >さて、国内社の多くの場合、特定疾病給付保険(がん診断給付金型)の場合は乳がんを除き責任開始日は通常の保険と同じです。
    >>おお、そうでしたか。追加情報ありがとうございます。
    >来月から正式にBOSSのお世話になりますので宜しくです♪
    >>その件はBOSSから伺っておりますよ。ただ、それ以前にBlogの過去記事の文章に重大な暗号が隠されていたので、解読し予想しておりました。
    2006年11月19日 23:06
    こんばんは。

    なになに、
    Blogの過去記事の文章に重大な暗号が隠されていたので、解読し予想しておりました。
    ですと!

    なにやら、カッコいいですなぁ(笑)

    前にも言いましたけど
    現役保険営業マンさんとメリーさん
    、、、、、、、、、、、
    非常に濃そうな空間ですね。
    是非、社会見学してみたいです(爆)
    と、記事に関係なくてスイマセン。
    現役保険営業マン
    2006年11月19日 23:15
    佐藤さん、コメントありがとうございます。
    …はい、そうなんですよ。いつの記事に「暗号」があったかということはメリーさんの立場上公にできませんが…。

    …ハハハ、確かに濃い空間となりますね。慣れない人は「ヲタク酔い」してしまうかもしれません。念のため、免疫を獲得することをお勧めします(爆)。
    2006年11月21日 17:11
    やったー!!
    全問正解!!
    m9っ`Д´)ヘキサゴン!!
    ってカンでしたけど。。(;´Д`)
    ガンなら何でもOKではないんですね~。。。
    現役保険営業マン
    2006年11月21日 17:56
    トロさん、コメントありがとうございます。
    >やったー!!全問正解!!
    >>おめでとうございます。副賞として国内温泉旅行を…ってあるかい!!
    >m9っ`Д´)ヘキサゴン!!
    >>ヘキサゴン…私も欠かさず見てますよ~特に最後のクイズリレーが大好きです。
    携帯サイトの厳選10問は必ずチャレンジしております。
    >ガンなら何でもOKではないんですね~。。。
    >>はい、そうなのです。特定疾病給付保険は上皮内ガンや悪性黒色腫以外の皮膚ガンは対象外としています。
    ますおさん
    2006年12月03日 18:11
    最近の研修の成果!!

    全問正解しました!!

    でも改めて考えてみると、
    …だったような気がするとゆうような
    ハッキリした答えではないかも。
    ( ̄~ ̄;)ウーン・・・
    現役保険営業マン
    2006年12月03日 18:28
    ますおさん、いつもご参加ありがとうございます。
    商品研修で教わったことも、ある程度時間が経過するとあいまいになってしまい、いざプランニングの際に約款を読み返して、「あれ、そうだったけ?」となることがあります。
    これからも自戒の念もこめてネタを思いつく限り記事を作成してまいります。

    この記事へのトラックバック

    • 脳内出血について

      Excerpt: TB失礼します 脳内出血について脳卒中には、脳の血管が詰まる場合と血管が切れる場合があります。クモ膜下出血とは、脳を覆っているクモ膜の隙間に出血が起こった状態をいいます。脳内出血とは血管の脆い部分が.. Weblog: 介護 予防の教室 racked: 2006-11-28 21:45
    • 心臓手術、病院によっては死亡率2倍のデータ判明・・・

      Excerpt: もしあなたが心筋梗塞になったらどうしますか?食生活の変化により高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満の人が増えてきています。そして、それらに伴い心疾患である心筋梗塞が増えてきています。この冠動脈バイパス術につ.. Weblog: 子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ racked: 2006-12-06 10:11
    • 心筋梗塞とは?

      Excerpt: 心筋梗塞は、心臓の血栓症です。死亡率のトップはがんですが、コレと並んで致死率高い、心筋梗塞、脳梗塞は、血管性の疾患血栓症によるものです。 Weblog: アンチエイジング@若返りの秘訣 あなたの加齢対策は何? racked: 2007-01-21 14:47
    • 隠れ脳梗塞【命を脅かす脳梗塞】

      Excerpt: 隠れ脳梗塞が命を脅かす普段の生活の中で、ちょっと気になるこんな症状に襲われた覚えはないでしょうか?例えば歩いているとき、突然足に違和感を感じた。コーヒーを飲むのにカップを持ち上げようとしたら、力が入ら.. Weblog: 脳梗塞ドットコム racked: 2007-01-21 18:15
    • 脳卒中

      Excerpt: 脳卒中の解説。 Weblog: げんきの独り言 racked: 2007-01-22 03:06
    • 脳梗塞治療

      Excerpt: 脳梗塞の治療のポイントは以下の3点といわれている。①急性期治療;早期診断・治療による最小限化②残存機能を最大限にいかすリハビリテーション③再発予防;危険因子の管理と予防薬による治療脳梗塞の検査としては.. Weblog: 脳梗塞を学ぶサイト 脳梗塞の情報を提供します racked: 2007-03-03 20:12
    • 心筋梗塞の予防

      Excerpt: 心筋梗塞の予防には以下のことに気をつけましょう。高血圧や糖尿病になると、血管壁が傷つくため、動脈硬化起こしやすくなる。生活習慣や食習慣を見直し、肥満を防ぎ規則正しい生活を送ることが大切になる。食習慣は.. Weblog: 心筋梗塞研究室 心筋梗塞を学ぶためのサイト racked: 2007-03-05 13:09