昔話:告知義務違反による契約解除。

告知義務違反による契約解除…保険金の不払い問題で、何かと話題になった保険契約者・被保険者に対するペナルティ。時にはお客様とトラブルになることもあるため、営業パーソンが一番経験したくないことではないでしょうか。

実は管理人、某国内生保(ヒント・CMキャラクターは本上まなみ、法人会が主なマーケット)に勤務していたときに、一度だけ告知義務違反の契約解除を経験したことがあります。

と、いっても管理人自身のお客様との間で起きたことではないのですが…。

今回は、その「告知義務違反による契約解除」のエピソードをご案内します。

【課長から同行の指名】
確か、1999年の6月ごろだったと記憶しております。

法人会会員企業宛に発送する会報を、専用の封筒に入れる作業に向かおうとしていた管理人に、所属していた営業1課の山本課長(仮名)が声をかけてきました。

山本課長(以下、課)・「O君、ちょっと…」

管理人(以下、管)・「はい、何でしょうか」

課・「悪いけどこれから一緒に大宮(現、さいたま市)に行ってくれないか?」

管・「!?なぜでしょうか?」

課・「いや、実は君と同じ課の○○さんがこの間取ってきた契約なんだけど、お客様が糖尿病を告知していなくてね…(告知義務違反による)契約解除になったんだ。これからその手続きをしに行くのだけど、悪いが一緒に来てくれないか?」

管・「分かりました」

…でも管理人はちょっと引っかかるものがありました。それはなぜ募集担当者ではない私が課長と同行するのか?ということでした。

【同行指名の理由は、「人質役」】
課長は、管理人が同行を承諾すると、私を指名した理由を教えてくれました。

課・「おおそうか、ありがとう。イヤ実はね、契約解除になったお客様の身内から、(募集担当者の)彼女宛に『若い連中をよこすぞ』といった具合の脅迫めいた電話がかかってきたんだ。で、彼女を同行させるわけにはいかんし、俺一人でも不安だから…そこで君を人質役として一緒に連れて行くことにしたんだよ」

管・「……ひ、人質ですか?(おいおい、そんなことは最初から言ってくれよ~。そうすりゃさっさと逃げられたのに)」

課・「うん、そうだよ。やばいのが出てきたら君を差し出して俺はさっさと逃げるからよろしくね」

管・「わ、分かりました…

こうして管理人は課長の罠にはまり、大宮へ同行することとなりました。

【着いた先は普通の住宅】
(はぁ、ついてないぜ…にしても「若い連中をよこすぞ!!」か…ひょっとしてお背中に龍や鯉、いつの時期も鮮やかな桜吹雪の絵を描いている人が身内にいるのか?)と管理人がくだらない妄想にふけっているうちに目的のお客様宅に到着。

そこはどう考えても普通の2階建て住宅…龍やら鯉やら桜吹雪を己の肉体をキャンバスにして描いている方々が出てくる雰囲気はありませんでした。

が、油断はできません…。課長がインターフォンを押すと中から返事が…。

【「身内」の方は不在…手続きはやけにあっさりと終了】
玄関口に出てきたのは、初老の女性でした。どうやらその人が契約解除となったお客様だったようです。

しかも、懸念していた「身内」の方はご不在の様子…。

これ幸いとばかり、課長はそのままお客様のご自宅に上がり、「今回、糖尿病の告知をされていなかったので契約解除となります」と契約解除の理由を申し伝え、必要な手続きを手早く済ませました。

多分20分もかからなかったと記憶しております。

手続きが終了したら長居は無用です。課長と管理人は早々にお客様宅を後にしました。

一時はどうなるかとヒヤヒヤしましたが、何事もなく手続きが終了したのでホッとしたことを今でも覚えております。

…この出来事を経験して以来、管理人は「告知」には細心の注意を払うようになりました。


以上です。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

メリー
2006年12月04日 23:36
いや~ほのぼのとした?お話ですねぇ(苦笑)
私はその手の解除はありませんが。
飛び込み営業していて893さんと知らずに訪問して引きつった事がありますよ~。
それにしても、ご無事で何よりでした。
現役保険営業マン
2006年12月05日 00:38
メリーさん、一番コメントありがとうございます。
…まぁ確かに前回の不正契約ネタに比べればほのぼのとしているとはいえなくもないでしょうね。
>飛び込み営業していて893さんと知らずに訪問して引きつった事がありますよ~。
>>…私の体験談よりよっぽど危ないですね。どうやって切り抜けたのでしょうか?まさか…マヌーサの呪文を使ったとか?それともヘイスガでスピードアップし、ストップで相手の時間を止めて脱出したとか…そんな訳ないか。
2006年12月05日 10:21
おはようございます!

本当~に、現役保険営業マンさんはいろいろな経験をなさってますね…

こういうことの無いように、入り口をシッカリしていきたいと思います!

明日のNHKクローズアップ現代で損保の不払い問題について取り上げるそうです!私も取材協力者の協力者として一枚絡んでます。是非ご覧下さい!
現役保険営業マン
2006年12月05日 11:58
ともさか保険事務所さん、コメントありがとうございます。
…そうなんですよね~不正契約事件といい、契約解除といい、そういう星の下に生まれてきたのでしょうか?
…はい、こういうことを防ぐには入り口をしっかりするしかありません。二度とごめんですよ。

…明日ですね!?了解しました。
メリー
2006年12月05日 22:38
実は天然ボケキャラなので普通に切り抜けました。
「あの~保険はお呼びじゃ無いですよね?」
「なんや。保険屋か!珍しいな?」
「そうなんですか~。御用無いですよね?失礼しました~」
って笑顔のまま脱兎の如く逃げました。ウフフ。
現役保険営業マン
2006年12月05日 23:09
メリーさん、再コメントありがとうございます。
…な、なるほどねぇ。そうやって切り抜けたのですか。
しかし、間一髪でしたね。危ない危ない。

この記事へのトラックバック