逓増定期保険、販売停止相次ぐ。

…すでに新聞*でも報じられておりますが、定期保険のひとつ、逓増定期保険の販売停止に踏み切る保険会社が相次いでおります。

…管理人にも、アリコジャパン、ソニー生命保険、AIGエジソン生命から相次いで、販売停止の通知が来ました。

内容は以下のとおりです。

【アリコジャパン】
逓増定期保険の一時販売停止について


・新規提案及び新規販売の一時停止
新規提案活動ならびに販売活動を以下の日程で当面の間停止します。

1.新規提案活動は即日(2007年3月28日から)停止します。

2.既にお客様に提案中の案件に限り2007年5月1日契約日分まで引受を行います。
 *3月28日申込日の契約から必ず新確認書を使用してください


【ソニー生命保険】
逓増定期保険(低解約返戻金型)販売停止のご連絡


・販売停止の内容

1)逓増定期保険(低解約返戻金型)について、2007年3月29日(木)以降、新規の提案を停止してください。

2)逓増定期保険(低解約返戻金型)の申込は、2007年3月29日(木)以降、次のいずれかの場合に限り、取扱います。

①契約者が個人の場合(ただし、個人事業主は除きます)

②現在、申込手続き中や商談中で、2007年4月13日(金)までに申込書受領日かつ領収(お客様直接振込では着金)がある場合

3)販売再開及び時期については、税務取扱いの検討状況を踏まえ、改めて検討します。


【AIGエジソン生命】
「逓増定期保険の税務取扱い見直し」に関する当社の対応について


・発売停止時期

2007年4月2日(月)以降が契約日となる契約の販売を停止します。

*申込・入金・診査等の書手続きについて、月払いの場合は3月31日(土)まで、年払い・半年払いの場合は4月1日(日)までにすべてが完了することが条件になります。


…今まで、“損金話法”でこの保険の販売に特化してきた営業パーソンにとっては大打撃でしょう。

ま、管理人は個人契約に特化しておりますので、今回の販売停止は痛くも痒くもありません。

…それにしても、なぜ各保険会社は急遽販売停止に踏み切ったのか?

その理由は、以下に挙げる国税庁からの連絡によって、逓増定期保険の税務上の取扱いが不透明な状況になってしまい、このまま契約を引き受け続けると、将来お客様とトラブルになる恐れが生じたためです。

【国税庁からの連絡内容】
 現在、法人契約の逓増定期保険の保険料の取り扱いについては、個別通達「法人が支払う長期平準定期保険等の保険料の取り扱いについて」が適用されているが、税務取扱いの見直しを検討しているので事前にお知らせする。

〈〈見直しの理由は以下の2点〉〉
①金融環境の変化により、予定利率等保険料計算の基礎率が直近の改正当時(平成8年)と大きく異なること。

②直近の改正時と比べると、各社の逓増定期保険は多様化しており、現行の商品を踏まえた税務扱いとすべき。


*なお、逓増定期保険の販売停止について、日本経済新聞は3月30日の朝刊で、以下のように報じております。

【中小向け「逓増定期」・生保各社が販売休止】
 日本生命保険、大同生命保険など生保各社が、中小企業向けの生命保険商品である「逓増定期保険」の販売を休止している。各社は逓増定期に節税効果がある点をアピールして営業してきたが、国税庁が今月から課税方式を見直す検討に入ったため、見直し案が固まるまでは販売を自粛することにした。

 逓増定期は中小企業の経営者を被保険者にして、企業が契約する。経営者が死亡した場合に死亡保険金を弔慰金として、経営者が退職する際には解約返戻金を退職金として支給する。企業は保険料を損金参入でき、課税所得を圧縮できる。

 ただ、国税庁は今月中旬、生命保険協会に対し課税方法を定めた通達の見直しを検討する考えを伝えた。現在の通達は1996年に改正されたもの。予定利率の下げなどを背景に当時より多くの解約返戻金を受け取れる逓増定期が増えており、国税庁は課税強化が必要との考えに傾いている。


以上です…ふうε=(-.-;)。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月01日 00:45
私の会社では、生保8社が乗りあっていて、各社から毎日FAX発売停止についてのお知らせや、停止後の対応等についての連絡が来ています。

パンフレットや約款、申込書等の処分などに加えて、4月2日からの各保険会社の保険内容の改定のために総入れ替え作業で大変です。
新しいパンフレット等も確認をしながら発注もしなければならないし!!
8社も入っていると大変です。

現役保険営業マン
2007年04月01日 01:06
ラッキーブルーベアーさん、一番コメントありがとうございます。
…パンフレット、帳票、約款の入れ替えや確認作業の大変さはよ~くわかります。
管理人も旧帳票の廃棄作業に追われております。

この記事へのトラックバック