生保各社、保険金等の支払い漏れについての最終的な確認は夏にずれ込む!?

4月12日の日本経済新聞・朝刊に、生保各社が進めている保険金等の支払い漏れ調査についての記事がありました。

記事によりますと、

〈保険金の支払い漏れがあったかどうかを総点検している生命保険各社は13日に調査結果を公表する。生保側のミスによる支払い漏れの件数や総額を公表するが、請求書や診断書だけでは漏れたかどうかわからない契約の精査に手間取っている。大手生保4社は契約者に保険金の請求案内を6月末までに出し、漏れの有無を確認してもらう手続きに入った。一部の生保はこうした契約分も公表する方針だが、最終的な支払い漏れの確定は夏にずれ込む見通しだ。〉

とのことです。

…事務処理上でのミス(支払査定担当者が支払う給付金額等の判断を誤ったなど)による、支払い漏れはほぼ終了したものの、お客様が請求し忘れていると思われる契約についての調査が進んでいないようです。

…管理人は、お客様の“請求し忘れ”のほかに、“請求漏れ”も相当あるのではないかと考えております。

また、請求し忘れや請求漏れの原因を次のように考えております。

①お客様が保障内容を忘れた。

②お客様が給付金等の支払い要件を満たしていることに気づいていない。

③営業パーソン主導の「特約の満艦飾保険プラン」に加入していたため、保障内容が複雑になり、請求できる特約があることに気付けなかった。

④給付金等の請求があった際に、保険会社が他にも請求できる可能性がある給付金等の一覧をお客様にご案内するなどの「情報提供」が不十分だった。

⑤契約時に各給付金、保険金ごとに請求しなければならないということが、お客様に伝わっていなかった。また、契約後もその旨を伝える情報提供がなされていなかった。


…事務処理上のミスによる保険金、給付金等の支払い漏れ調査の結果は13日に公表されます。どれほどの件数、金額なるのか注目しております。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

【不払いの可能性ある保険・契約者に「請求」要請。生保4社、6月末までに案内。あす調査結果発表】
 保険金の支払い漏れがあったかどうかを総点検している生命保険各社は13日に調査結果を公表する。生保側のミスによる支払い漏れの件数や総額を公表するが、請求書や診断書だけでは漏れたかどうかわからない契約の精査に手間取っている。大手生保4社は契約者に保険金の請求案内を6月末までに出し、漏れの有無を確認してもらう手続きに入った。一部の生保はこうした契約分も公表する方針だが、最終的な支払い漏れの確定は夏にずれ込む見通しだ。

 金融庁は2月、生保全38社に、追加で支払うべき保険金の調査を命じた。各社は2001~05年度に保険金を払った契約を対象に、事務作業ミスなどで支払いが不足した契約や、契約者から請求がなかったことで払えたはずの保険金を見落としたケースはないかどうかを調べている。

 調査対象は日本生命保険、第一生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の大手4社だけで1000万件超ある。各社はすでに事務ミスによる支払い漏れの調査をほぼ終え、13日に結果を公表する。だが保険金や給付金を請求し忘れている可能性がある契約については調査が進まず、契約者に改めて請求するよう促す必要があると判断。案内状を送り始めた。追加の請求書や診断書を送ってもらい、実際に保険金や給付金を払えるかどうか査定する。

 例えば入院した場合に保険金が支払われる契約に「通院特約」が付いているケースが多いが、通院費の請求を忘れる契約者が多い。退院から120日以内に通院した場合に1日あたり数千円を払うが、退院時に入院給付金だけを請求して、その後に通院しても請求しない例が多いという。この場合は通院したかどうかを契約者に問い合わせる必要があるため、入院の診断書や請求書だけでは支払い漏れかどうかがわかりにくい。

 がん、急性心筋梗塞(こうそく)、脳卒中になった場合に保険金が支払われる「三大疾病特約」も契約者が請求を忘れることが多いという。例えば脳卒中は、言語障害などの後遺症が出て初めて保険金がおりる。生保は請求書だけではなく、後遺症が出たかどうかを契約者に確認する必要がある。

 こうした契約は最終的にどの程度が支払い漏れになるか分からない。このため一部の生保は支払い漏れの可能性がある契約として公表する方針である一方、一部の生保は支払い漏れの金額が確定しないとの理由で公表を見送る方向で検討を進めている。13日は、公表対象がばらつく可能性が出てきた。

*関連記事があります。こちら。
  • 生保、通院特約でも多数の支払い漏れ!?

    以上です。

    皆様の一票をお待ちしております。
    人気blogランキングへ
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    はまつひろみ
    2007年04月13日 11:39
    保険は、納品(給付発生)までが長期間になるのが当たり前の商品です(そうでない不運な方々ももちろんありますが)。

    どんなに時間がたとうと、顧客が入った保険の内容をがっちり把握し、その資料を完璧安全な保管のもと保存しておくのは、営業側の使命でもあります。
    顧客何百人にもなれば暗記だよりはかえって不確実になりますしね。

    なのに、保険会社によっては(特に日本系)、販売サイドが昔の資料(パンフや約款・見積等)の保管をするのを全禁止しているとこすらあるのです。
    会社事務所に置くことすら、かばんに入れることすら禁止らしいです。

    定着の悪いセールスから出るコンプラの事故防止のためなのでしょうが、コンサルティング営業などと宣伝しながら、セールスを信用せず(つまり人材教育をせず)販売サイドと保全事務がつながっていない、この変な体制、、、んんー考えさせられますね。
    現役保険営業マン
    2007年04月13日 11:59
    はまつひろみさん、一番コメントありがとうございます。
    >どんなに時間がたとうと、顧客が入った保険の内容をがっちり把握し、その資料を完璧安全な保管のもと保存しておくのは、営業側の使命でもあります。
    顧客何百人にもなれば暗記だよりはかえって不確実になりますしね。
    >>はい、おっしゃるとおりです。適切かつ速やかに保険金等をお支払いするためには果たすべき使命でしょうね。
    >…定着の悪いセールスから出るコンプラの事故防止のためなのでしょうが、コンサルティング営業などと宣伝しながら、セールスを信用せず(つまり人材教育をせず)販売サイドと保全事務がつながっていない、この変な体制、、、んんー考えさせられますね。
    >>はい、同感です。ここまでつながりがなく歪みまくっている体制…本当に考えさせられます。一体誰のための体制なのでしょうかね?まぁ少なくともお客様のための体制ではないことは確かですが。
    2007年04月13日 19:38
    こんにちは。
    入院給付金の手続きのご連絡をいただいたお客様に話を聞いてみると、三大疾病にも該当しているようでした。
    ご病気も重大なので、お聞きするのにも細心の気配りが必要ですが、お客様にとっては重要なことです。
    保険は契約を取るだけでなく、保全こそ大事な仕事ですね。
    現役保険営業マン
    2007年04月13日 19:57
    とことこママさん、コメントありがとうございます。
    …お客様のご容態が気がかりですね。三大疾病特約の給付条件に該当するのであれば、今後の生活に大きな影響が出るのではないでしょうか?
    >保険は契約を取るだけでなく、保全こそ大事な仕事ですね。
    >>はい、おっしゃるとおりです。生命保険は保険金等が適切かつ速やかに支払われてこそ評価されるものです。
    …今回報道されている支払い漏れは、反省すべき面が多々あります。

    この記事へのトラックバック