保険金の支払漏れ、追加調査の月内完了めど立たず。

6月29日の日本経済新聞・朝刊に、生命保険各社が行っている、「保険金等の追加支払いの可能性がある契約内容」の調査に関する記事がありました。

記事によりますと、

〈生命保険会社の保険金の不払い調査が難航している。6月末までに調査を終えるとしていた明治安田生命保険や三井生命保険など約20社のほとんどで調査完了のメドが立っていないことが28日、明らかになった。顧客の協力が得られなかったり、連絡が取れなかったりするケースが多いためというが、生保各社が顧客の信頼を取り戻すにはなお時間がかかりそうだ。〉

とのことです。

…記事の見出しを見ただけでは、「調査そのもの」が進展していないような印象を受けますが、よく記事を見ると、

生保各社は、保険金等の追加支払いの可能性がある契約の絞り込みを行い、契約者に再度の保険金・給付金の請求を呼びかけているが、請求手続きを後回しにする契約者や、連絡が取れない契約者が多く、肝心の支払査定ができない。

という状況のようです。

連絡が取れないとなると、保険会社はお手上げです。どうしようもないですね…。

…本題からそれますが、緊縛庁(通称:金融庁)は、今回の件が一段落したら、どんな因縁をつけて無理やりなお仕置きプレイ(以下、行政処分)をするのでしょうかね?

今回の件は、保険会社(の経営陣)が経営や組織のあり方の教訓とし、物事に柔軟に対応できる組織づくりに活用すべき案件である。行政処分という介入は組織の硬直と縦割りを悪化させるだけであまり意味がない。

と考えている管理人はかなり気になります。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

【生保の不払い調査難航・月内完了メド立たず。明治安田など20社、顧客と連絡なお時間】
 生命保険会社の保険金の不払い調査が難航している。6月末までに調査を終えるとしていた明治安田生命保険や三井生命保険など約20社のほとんどで調査完了のメドが立っていないことが28日、明らかになった。顧客の協力が得られなかったり、連絡が取れなかったりするケースが多いためというが、生保各社が顧客の信頼を取り戻すにはなお時間がかかりそうだ。

 日本生命保険や第一生命保険など9月末までに調査を終えるとしていた他の生保でも大きく遅れる可能性がある。

 各社は金融庁の命令を受けて保険金などの支払い状況を調査。金融庁の集計(4月13日時点)では37社で約44万件、約359億円の不払いが判明した。調査が終わっていない契約も170万件超あり、各社は現在、この契約の中身を調べている。

 調査はまず、保険金をすでに受け取った契約者が過去に提出した請求書などを点検し、追加で支払える可能性のある契約を絞り込む。顧客と連絡を取って病院の領収書や診断書などを提出してもらい、支払えるかどうかを判断する。代表的なのは通院費用として1日当たり数千円を支払う「通院給付金特約」だ。

 各社によると、顧客に手続きを呼びかけているものの、「忙しい」「面倒」などの理由で後回しになったり、引っ越しなどで顧客と連絡がつかなかったりするケースが相当数あるという。

 明治安田は約17万件強の契約を対象に請求の案内をしたが、反応があったのは7割程度とみられる。三井生命や大同生命、太陽生命、ソニー生命でも数百~数千件の未了が出るもようだ。

 各社は休日返上で電話をかけたり、引っ越し先を割り出そうとしたりしているが、「北海道の顧客に引っ越し前に通っていた東京の病院の診断書をとってもらわなければならないケースもある」(外資系生保)。中には「どこまでやれば完了なのかわからない」との声も出ている。

 業界全体では「9月までに調査を終え、11月末までに支払いを終える」(斎藤勝利生保協会長)方針が、ずれ込む公算も大きい。調査を済ませても金融庁に不備を指摘される可能性もある。


以上です。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月01日 10:11
あらゆる立場で、複雑なベクトルが絡み合う問題ですね。損保の一連の行政処分でも強く感じたことですが、行政処分そのものに、一定の基準やルールがあるのか?公正性が担保されているのか?という疑問が大きく残ります。感情論のお仕置きプレーもあるのじゃないでしょうか。規制緩和以降、行政は保険会社に監督責任を委譲しましたが、その付けを払わせられることを恐れて感情的なお仕置きもあったと思います。この点問題が残りますよね。
現役保険営業マン
2007年07月01日 14:07
gooddayさん、こんにちは。
一番コメントありがとうございます。
…そうですね。単純な問題ではないと思います。これまでの建前行政、ダカラ経営などのツケが噴出したともいえるのではないでしょうか?
>行政処分そのものに、一定の基準やルールがあるのか?公正性が担保されているのか?という疑問が大きく残ります。感情論のお仕置きプレーもあるのじゃないでしょうか。
>>…確かに。三井住友は無期限だったのに東京海上日動は期限付きの第三分野商品の新規募集禁止でしたからねぇ。同じ不適切な不払いが処分の原因だったのに大きな差がありました。
感情論を抜きにしたお仕置きプレイはあるのでしょうか?多分ないでしょうねぇ…(苦笑)。
>規制緩和以降、行政は保険会社に監督責任を委譲しましたが、その付けを払わせられることを恐れて感情的なお仕置きもあったと思います。
>>損保の支払いもれに対する行政処分はその典型でしょう。緊縛(金融)庁も規制緩和がなされた業界の監督官庁としてどうあるべきかが全く分からないのではないでしょうか?
2007年07月02日 08:50
おはようございます!

先日の相談会でもお二人の方からこの記事を話題に上げられました。消費者の方の関心も高いようです。
現役保険営業マン
2007年07月02日 09:32
ともさか保険事務所さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
相談会お疲れ様でした。
…そうでしょうねぇ、何しろ件数と金額がすごいですから。

この記事へのトラックバック