閉塞性動脈硬化症に新治療法―患部に音波・新血管形成。東北大が臨床試験。

11月5日の日本経済新聞・朝刊に、へそから下(下肢)の動脈硬化症である「閉塞性動脈硬化症」の新治療法についての記事がありました。

記事によりますと、

〈東北大学病院の研究チームは、血管が詰まって歩行障害などが起きる「閉塞(へいそく)性動脈硬化症」の新たな治療法を開発した。体外から特殊な音波を患部に照射し、新しい血管を形成して血流を改善する。10月から比較的軽度の患者を対象に臨床試験を始めた。患者の肉体的な負担がより少なくて済む治療法として期待される。〉

とのことです。

…閉塞性動脈硬化症は、

①症状が、Ⅰ「なし(しびれ、冷感)」→Ⅱ「間欠性跛行」→Ⅲ「安静時痛(じっとしていても痛む)」→Ⅳ「壊死・潰瘍」と進行していき、Ⅳの壊死となると切断を余儀なくされる。

②心筋梗塞や脳梗塞を併発するリスクが高く、死亡率も高い。


という危険な病気です。

米国血管外科学会の調査によると、足の切断手術に成功しても患者の3割が2年後に死亡しているそうです。詳しくはこちらをどうぞ。閉塞性動脈硬化症

高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、高尿酸血症、肥満がこの病気の危険因子です。バランスの取れた食事や適度な運動といった生活習慣が最大の防御策といえるのではないでしょうか?

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

【「閉塞性動脈硬化」に新治療法―患部に音波・新血管形成。東北大が臨床試験、患者負担を軽く】
 東北大学病院の研究チームは、血管が詰まって歩行障害などが起きる「閉塞(へいそく)性動脈硬化症」の新たな治療法を開発した。体外から特殊な音波を患部に照射し、新しい血管を形成して血流を改善する。10月から比較的軽度の患者を対象に臨床試験を始めた。患者の肉体的な負担がより少なくて済む治療法として期待される。

 研究チームは循環器内科の下川宏明教授、伊藤健太助手のほか、移植・再建・内視鏡外科の佐藤成・特命教授ら。

 尿路結石の破砕治療に使われる音波の一種、衝撃波を利用する。出力を約10分の1に弱めて使う。衝撃波を当てたところは、新しい血管ができるのを促すたんぱく質「VEGF」や一酸化窒素(NO)などが増えて血管や血流が増大する。効果が現れるのは衝撃波の焦点を当てた1センチメートル四方程度だけで、ほかの部分は傷付かず影響はない。投薬などとの併用治療も可能だ。

 東北大は既に狭心症患者の血管の再生を促す臨床試験をしている。血流の回復や症状の改善が確認された例も出ている。閉塞性動脈硬化症については、ウサギなどで安全性や大腿(だいたい)部の血流の回復などを確かめた。梗塞(こうそく)部の周囲の毛細血管の増殖や活動を高めて症状の回復を促す。

 閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化で下肢の血管が詰まって血流が悪くなる。症状は4段階で評価され、重症になると安静時でも足が痛くなり、壊死(えし)する場合もある。薬で効果の出にくい場合などは、バイパス手術で血流を回復させる。

 開始した臨床試験は比較的軽度となる2段階の患者15人が対象。大腿(大腿)部などに40~60ヵ所、1ヵ所あたり200回衝撃波を当てる。週3回の治療を4週間おいて計2度実施し、1年間随時経過を観察する。

 効果が確認できれば、新薬の試験と同じように「偽の治療方法」と比較した臨床試験を実施し、効果を詳細に調べる。


以上です。

人気ランキングは、11月6日22:30現在で33位…下がってしまいました。皆様の一票をお待ちしております。
人気ブログランキングへ
画像

こちらも皆様の一票をお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2007年11月07日 09:51
おはようございます!

ほ~、わが街の東北大ですか!
私の友人も数名大学病院にいるので、携わってるのかな?正月会ったら聞いてみよ!
現役保険営業マン
2007年11月07日 10:02
ともさか保険事務所さん、おはようございます。
一番コメントありがとうございます。
…そうなんですよ。今回の新治療法は、ともさかさんの地元にある東北大が生み出したのです。
現在、閉塞性動脈硬化症の治療は投薬治療や体に大きな負担がかかる血管バイパス手術が主流のようです。今回の新治療法が確立されれば、症状が重篤な段階に進行する前に血流を改善できる可能性が高まるでしょうね。
2007年11月07日 22:23
はじめまして!今年の2月に母が脳梗塞でたおれました。狭心症ももってます。
でも今は普通の生活に戻れました。
私も事故の後遺症があるので頚椎に関しての保険を除いた形でしか加入できませんでした。でも、正直健康にはあまり自信ないので、いろいろ検討しているんですが、
母や私・・こんな病気の人はやはり保険に加入は無理なんでしょうか?
現役保険営業マン
2007年11月07日 23:12
毘沙さん、こんばんは。
初コメントありがとうございます。
毘沙さんは、ひょっとして脳脊髄液減少症と戦っている「ゆめ」さんのBlogにいらしている方では?もし違っていたら申し訳ございません。
さて、生命保険についてですが、残念ながら、お母様の場合は健康状態を告知する保険は加入不可ですね。可能性があるのは健康状態を問わない「無選択型保険」というタイプの保険だけです。ただし、死亡保障額の上限が300万円と小額な上に、保険料も割高です。契約される年齢によっては支払う保険料の累計額が死亡時保障額を上回るという現象も起きる保険です。
次に毘沙さんですが、もし頚椎の後遺症以外にケガ・病気による入院や手術、生活習慣病といった大きな疾病にかかったなどといった、いわゆる既往症がないのであれば、可能性はあると思われます。
ただし、頚椎の保障は除かれる確率が高いとお考えください。
2007年11月08日 00:01
こんばんは。
『バランスのとれた食事と適度な運動』は、どんなことにも共通する、効果的な病気を防ぐ方法ですね。
現役保険営業マン
2007年11月08日 00:11
とことこママさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
…そうですね。特に生活習慣病を防ぐ効果的な方法ではないでしょうか。
2007年11月08日 22:17
こんばんは・・
はい!ゆめさんのブログに時々お邪魔させて頂いてる毘沙です!

ご丁寧な回答ありがとうございました。
今のところ入院経験は、出産と事故の時だけです!
ア○コさんなどは、
お手ごろですが、保障内容などすごく
不安な面も多く・・
特に母親の場合入院した時の費用が大変で
これからいつ発作や再発があるかわからないので・・!
健康な時にちゃんと加入してればよかったんですが、健康に自信にのあった母は
2~3年前解約していたんです・・
保険ってこの年になって大事なんだと
痛感しました。
ちゃんと告知したら加入できるんであれば
安心です。
本当にありがとうございました!
現役保険営業マン
2007年11月08日 22:36
毘沙さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
おお、やはりそうでしたか。
…いえいえ、とんでもないです。お役に立てたようで何よりです。
…管理人は、保険契約は営業と何度も話し合って決めたほうがよいと考えておりますので、今後、もし保険に加入されるのであれば、必ず対面方式で申し込まれることをお勧めします。

この記事へのトラックバック

  • 閉塞性動脈硬化症とは

    Excerpt: 主として腹部大動脈や下肢の動脈に起きる動脈硬化症。動脈硬化というと脳動脈や冠動脈... Weblog: 閉塞性動脈硬化症の予防と検査の豆知識 racked: 2008-03-10 23:31
  • 狭心症の治療とは

    Excerpt: 狭心症では、冠状動脈の血液の流れが一時的に不足し、その間、胸に痛みや締めつけられ... Weblog: 狭心症の症状と治療の豆知識 racked: 2008-03-14 22:16