現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 子宮内膜症は根気よく治療していくことが大事だそうです。

<<   作成日時 : 2010/01/09 22:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

1月8日の日本経済新聞・夕刊に、子宮内膜症についての記事がありました。

記事によりますと、

< 「月経痛が年々ひどくなる」「排便時に肛門の奥に痛みを感じる」などの症状がある女性は子宮内膜症を疑ってみよう。放っておくと突然、激痛に見舞われたり、不妊の原因になったりする。将来、卵巣がんになる危険性も高まるという。子宮や卵巣を手術で摘出しない限り慢性的に続く病気だが、根気よく治療をしていくことが大事だ。

 …

 子宮内膜症は子宮の内側を覆う内膜が子宮以外の別の場所にできてしまう病気だ。月経のたびに飛び散った内膜の組織が増えて出血を繰り返す。出血に伴いおなかの中で炎症物質が放出され痛みを引き起こす。

 できやすいのは子宮と直腸の間のくぼみや卵巣の中、卵管の周囲などだ。子宮と直腸、卵管などが癒着することも多く、妊娠の妨げになる恐れもある。チョコレートのう腫のある日とは健康な人に比べて卵巣がんに10倍なりやすいとのデータもある。

 発症原因はよくわかっていない。東京大学病院で子宮内膜症外来を統括している大須賀穣講師は「子宮内膜症は症状や薬、治療の種類もさまざま。医師にとっても判断が難しい病気」と解説する。>


とのことです。

…子宮内膜症という病名は知っていましたが、子宮内膜に何らかの症状が出る病気と誤解しておりました。今回の記事を読むまで

@内膜が子宮以外の別の場所にできてしまう病気。

A子宮や卵巣を手術で摘出しない限り慢性的に続く病気。

B医師にとっても判断が難しい病気。


だとは全く知りませんでした。知らないということはホント怖い…。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

【ひどい月経痛→子宮内膜症疑って―不妊の一因、治療は長い目で。手術後も再発多く。生活様式考え医師と相談】
 「月経痛が年々ひどくなる」「排便時に肛門の奥に痛みを感じる」などの症状がある女性は子宮内膜症を疑ってみよう。放っておくと突然、激痛に見舞われたり、不妊の原因になったりする。将来、卵巣がんになる危険性も高まるという。子宮や卵巣を手術で摘出しない限り慢性的に続く病気だが、根気よく治療をしていくことが大事だ。

 横浜市に住む会社員のKさん(47)は2年前、仕事で外出中、下腹部に響くような激痛に襲われた。家の近くの病院で診てもらったところ、「子宮筋腫が原因の痛み」と診断された。昔から子宮筋腫であることはわかっており、セカンドオピニオンで別の大学病院に行ったところ、通常は親指大の卵巣が5センチメートルほどにまで腫れる「チョコレートのう腫」が疑われ、「子宮内膜症からくる痛み」と診断された。

 半年間の薬の服用後、のう腫を取り除く腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた。今は痛みが消えてほっとしているが「正確な診断までや納得のいく治療法を決めるまで時間がかかる。手術後の再発も不安だ」と訴える。

 子宮内膜症は子宮の内側を覆う内膜が子宮以外の別の場所にできてしまう病気だ。月経のたびに飛び散った内膜の組織が増えて出血を繰り返す。出血に伴いおなかの中で炎症物質が放出され痛みを引き起こす。

 ◇医師も判断難しく
 できやすいのは子宮と直腸の間のくぼみや卵巣の中、卵管の周囲などだ。子宮と直腸、卵管などが癒着することも多く、妊娠の妨げになる恐れもある。チョコレートのう腫のある日とは健康な人に比べて卵巣がんに10倍なりやすいとのデータもある。

 発症原因はよくわかっていない。東京大学病院で子宮内膜症外来を統括している大須賀穣講師は「子宮内膜症は症状や薬、治療の種類もさまざま。医師にとっても判断が難しい病気」と解説する。

 子宮内膜症が見つかるきっかけとして多いのが不妊治療や月経痛だ。楠原レディースクリニック(東京・中央)の楠原浩二院長は「問診と内診(触診)、超音波や磁気共鳴画像装置(MRI)、血液などの検査から総合的に診断する」と話す。ただ、こうした判断はあくまで“推測”で確定診断は手術をして実際に病巣を観察しなければならない。

 治療の基本は病巣を取り除く手術で、現在は開腹手術より患者の負担が少ないとされる腹腔鏡手術が主流だ。ただ、腹腔鏡手術でも入院しなければならず、確定診断と治療を兼ねて実施することが多い。

 手術のほかに薬による治療法もある。ただ、根治させるのは難しく、どちらを選択するかは症状や年齢、妊娠の希望の有無などから判断する。ある程度進行していると考えられ、痛みがひどく、すぐにも妊娠を希望する場合は、腹腔鏡手術でチョコレートのう腫などを摘出したり癒着をはがしたりすることが多い。

 妊娠を希望しない場合や閉経が近い人は低用量ピルなどを服用して排卵を止め、痛みを抑えることができる。低用量ピルは卵黄から出る卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを含んでいる。妊娠と似た状態を作り出して内膜症の進行を抑える。副作用も少なく世界的に使われている。ただ、高血圧の人などには仕えない。2008年には黄体ホルモンだけを含むディナゲストという薬も認可された。ほかに副作用の強い薬もあるので注意がいる。

 ◇推定患者200万人
 低用量ピルには別の効果もわかってきた。大須賀講師らの追跡調査によると、手術後2年間で4割の人が子宮内膜症を再発したが、手術後に低用量ピルを飲み続けると、再発率は5%以下と大幅に抑えられた。手術をしても持続効果が短いのが難点だっただけに「手術後の再発予防に道が開けてきた」と話す。

 子宮内膜症は近年、増加している。晩婚化や出産回数の減少などが背景にあると考えられ、治療していないケースも含めると患者数は200万人ともいわれる。診断や治療に詳しい医師は決して多いとはいえないのが現状だ。

 新川崎こびきウィメンズクリニック(川ア氏)の木挽貢慈院長は「子宮内膜症は、閉経まで続く慢性疾患と考えた方がよい」と指摘。「月経時の痛みは仕方がないとあきらめずに、早めに受診して生活設計に沿った長期的視野で医師と治療法を相談していくのが効果的だ」と話す。

▽子宮内膜症の主な治療法
◇手術

・開腹手術

・腹腔鏡手術


◇薬物療法
・偽妊娠療法=ルナベルなどの低用量ピル

・黄体ホルモン療法=ディナゲスト(商品名)など

・ダナゾール療法=ボンゾール(商品名)など

・GnRHアナログ療法=リュープリン(商品名)など



以上です。

人気ランキングは、1月9日22:00現在で18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マネポケランキングは、現在42位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ



子宮内膜症 改訂新版 [専門のお医者さんが語るQ&A]
保健同人社
杉並 洋

ユーザレビュー:
最新の治療法から、様 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
・・・私も知りませんでした。
ありがとうございました。
勉強になります。
てつ
2010/01/10 23:40
てつさん、こんにちは。
一番コメントありがとうございます
お役に立てて何よりです。今後ともよろしくお願いします。
現役保険営業マン
2010/01/11 12:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
管理人へのお問い合わせはここをクリックしてください。メールフォームが開きます。
子宮内膜症は根気よく治療していくことが大事だそうです。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる