生命保険に対する誤った考え方―「掛け捨てはもったいない」「貯蓄型はお得」

今回は、生命保険選びや生命保険を上手に活用することを妨げる原因となる、保険に対する誤った考え方についてサクッと述べてまいります。

では、早速本題です。

【生命保険に対する誤った考え方―「掛け捨てはもったいない」「貯蓄型はお得」】
しばしば、

「掛け捨てはもったいない」あるいは「掛け捨ては損」、「貯蓄型はお得」

という意見を耳にすることがあります。

しかし、それは生命保険選びや生命保険を上手に活用することを妨げる原因となる、誤った考え方です。

生命保険はそもそも、死亡・高度障害保障、疾病・傷害保障、生存保障などを用意するための手段です。

保障を補完するための機能に過ぎない「貯蓄部分」に焦点を当てて、「掛け捨ては損」「貯蓄型は得」と考えるのは、本質から逸脱した考えであり、意味がありません(と管理人は考えております)。

管理人は、

「掛け捨てだから…」「貯蓄型だから…」ではなく、「必要な保障を必要な分だけ、無理のない負担で用意できるかどうか」

で考えるべきであると思っています。

くどいようですが、「掛け捨ては損」「貯蓄型は得」とは考えないでください。そのように考えてしまうと、

定期保険を見ては「低負担で保障が用意できる。でも掛け捨てだしなぁ…」と躊躇してしまい、養老保険や終身保険を見ては「貯蓄性が高くて解約すればお金が戻ってくるから損はしない。でも保険料が高いなぁ…」と躊躇してしまい、いつまでたっても必要な保険に加入することができなくなってしまう

―という状態*に陥ってしまいとても危険です。

*管理人注…そのような状態を「ロンダルキアの無限回廊症候群」といいます(嘘)。

人気ランキングは、10月19日19:00現在で9位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マネポケランキングは、現在39位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック