生命保険の超基礎学・ミニテスト編53―「保険の変換制度」についての問題。

今回は「保険の変換制度」についての問題です。

*前回の問題はこちら。
  • 生命保険の超基礎学・ミニテスト編52―身体障害の状態となった場合の取り扱いについての問題

    では、早速問題です。以下の問題に○×でお答えください。

    【問題】
    生命保険には「保険の変換制度」という仕組みがあり、加入中の保険種類によっては、この仕組みを利用することで、健康状態に関わらず、他の保険へ変更することができる。

    …制限時間は20秒です。ではスタート!!

    チッチッチッチッチッ…チッチッチッチッチッ……チッチッチッ…はい、そこまで!!

    正解は



    です。

    【解説】
    加入中の保険種類によっては、保険会社が定める条件を満たすことによって、どのような健康状態であっても、別の保険に変更することができる仕組みがあります。これを「保険の変換制度」といいます。

    管理人が取り扱っているカタカナ系生保S社の場合、2012年3月5日の時点で、以下の保険種類が「保険の変換制度」を利用できます。

    ・平準定期保険

    ・平準定期保険(喫煙リスク区分型)

    ・長期平準定期保険(障害保障型)

    ・生前給付保険(定期型)98

    ・平準定期保険特約

    ・平準定期保険特約(喫煙リスク区分型)

    ・生前定期保険特約

    ・逓増定期保険特約

    ・無解約返戻金型平準定期保険

    ・無解約返戻金型平準定期保険特約

    ・家族収入保険

    ・家族収入特約

    ・逓減定期保険

    ・逓減定期保険特約

    ・逓増定期保険(低解約返戻金型)

    ・変額保険(定期型)


    上記の保険に加入している人は、

    < 責任開始日から2年以上経過した保険契約であること、被保険者の年齢が80歳以下かつ保険期間満了時(更新される保険契約の場合は、更新可能な保険期間満了時)の2年前までであることなどの所定の要件>

    ―を満たすことによって、どのような健康状態であっても、「積立利率変動型終身保険」や「養老保険」など保険会社が取り扱っている、他の保険に変更できます。

    なお、詳細は必ず加入している保険会社に確認してください。

    画像


    画像


    画像


    画像
    ↑、1枚目は今月撮影した花。2~4枚目は昨年の11月上旬に撮影した花と昆虫です。

    1枚目は庭先で咲いたリュウキンカ。30ミリマクロレンズで、一番近づける距離まで近づいて撮影しました。

    2枚目は冬の気配が漂い始めた11月に咲いた向日葵。3枚目は雨に濡れた体を乾かすキボシカミキリ。4枚目は翅がボロボロになったヤマトシジミ(オス)。この状態でも飛べます。

    ↓3月5日15:30現在で5位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在7位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓3月5日15:00現在で4位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 1

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)

    この記事へのコメント

    2012年03月06日 12:07
    クリックしときました(笑)

    変換と転換は大違いなんですね。
    変換は特に気をつけなくて良い感じですが、
    保険の営業マンが勧める転換は注意しないといけないんですよね。

    特約の名前、多すぎですね!汗
    こんなに覚えられません(笑)

    カミキリ虫、夏になるとうちの周りにもたまにいます。
    イナゴは稲を荒らすイメージしかないのですが、
    オンブするんですね(笑)
    現役保険営業マン
    2012年03月06日 17:21
    まさたさん、一番コメント&応援クリックありがとうございます

    はい、一字違うだけですが大違いです。転換は保険の追加契約など、他の保障調整手段では対応できないくらいの前提条件の変化が生じたときに用いる手段かと思います。

    甲虫やバッタなどはたいていオスがメスの上に乗っかります^^。
    2012年03月17日 21:45
    初めて「保険の変換制度」を知りました。
    なるほど!!!
    まさたさんのコメントで営業マンが勧める転換は気をつけないと…ですね。
    いつもお勉強になります。
    ありがとうございますm(__)m
    現役保険営業マン
    2012年03月17日 21:59
    myuさん、こんばんは。
    今回もお付き合いいただき感謝です
    あまり知られていない制度ですので、今回スポットを当てました。

    この記事へのトラックバック