アイエヌジー生命、新規株式公開でINGから分離・独立へ。

少々前の情報で恐縮です。

11月6日、アイエヌジー生命保険はHPにて、同社がINGグループからの分離・独立において予定されている新規株式公開に含まれることを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 11/6・お知らせ INGグループによる日本のアイエヌジー生命に関する発表について(PDF)

    【管理人の感想】
    6日に配信された時事ドットコムの記事日経・電子版の記事を読む限り、当初は日本のアイエヌジー生命保険を単独で売却する検討を行ってきたものの、買い手候補との交渉が折り合わずに断念し、グループからの分離・独立において予定されている新規株式公開に含めることを決定したようです。

    昨年の1月に、アジアの金融・保険部門の分離独立を発表してから1年以上…分離・独立の仕方が決まりましたね。もちろん、このことで既存の保険契約者に不利益が生じることはありません。

    【公式コメントの内容】
    以下、アイエヌジー生命の公式コメントの内容です。

    【INGグループによる日本のアイエヌジー生命に関する発表について】

     アイエヌジー生命保険株式会社の親会社であるINGグループは、2013年11月6日(オランダ現地時間)、INGインシュアランス(INGグループの保険部門持株会社)のINGグループからの分離・独立において予定されている新規株式公開に、日本のアイエヌジー生命を含めることを発表いたしました。

     この発表に関して、INGグループは2012年1月、アジアの保険・資産運用部門をINGグループから分離し、独立させることを発表しておりました。アジアの保険・資産運用部門に属する日本のアイエヌジー生命についても分離・独立に向けた様々な選択肢が検討され、その結果、今回の決定に至りました。

     アイエヌジー生命は、お客さまのお引立てを賜り、1986年の営業開始以来27年間にわたり、日本の生命保険市場において確固たる地位を築いてまいりました。弊社は、事業基盤の拡大に尽力しており、平成24年度においては、生命保険会社の基礎的な収益状況を示す基礎利益は263億円、当期純利益は234億円となりました。また、平成25年6月末時点のソルベンシー・マージン比率は1,077.1%であり、十分な支払い余力を確保しております。

     今回の決定により、弊社の保険商品をご契約いただいているお客さまの保障内容等に変更が生じることはありません。アイエヌジー生命は、強固な財務基盤を有し、160年以上の伝統を誇る国際的な保険会社となるINGインシュアランスの一員として、引き続き、お客さまへの質の高いサービスの提供に取り組んでいくとともに、すでに日本で築いている強固な事業をさらに発展させるべく注力してまいります。お客さまにおかれましては、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


    以上です。

    画像


    画像


    画像


    画像
    ↑、初夏の河原で吸水するアカタテハのオスを、アングル・距離を変えて撮影(6月撮影)。

    ↓11月13日23:30現在で8位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキング

    ↓11月13日23:00現在で8位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 1

    ナイス

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック