「セット型保険(主契約+複数の特約)」に対して否定的な理由。

前回の続きです。

今回は、主契約に複数の更新型特約を付加した保険商品(以下、セット型保険)に対して、管理人が否定的な理由についてサクッと述べてまいります。

では、早速本題です。

【「セット型保険」に対して否定的な理由】
いつものとおり結論から申しますと、

①内容が複雑になり、どの保障がメインなのか分かりにくい。

②死亡保障が過剰な状態になっていても気が付かない。

③保障の調整がやりにくい。

④更新の時期が来るたびに転換を繰り返す、「保険転がし」のカモにされやすい。


―傾向があるからです。

ちなみに、①と②は実話です。

まず、①ですがとあるシングルマザーの方が転換した保険商品「ライフなんとか(仮名)」の特約数が、なんと13個もあり、どの保障がメインなのかとても分かりにくいものになっていました。

次に②ですが独身の男性で実家に住んでいらっしゃる方が、5000万円超の死亡保障の保険に加入されていたのですが、複数の死亡保障特約や死亡保障機能が内蔵されている特約が付加されていたため、保険証券の分析を行うまで気が付いていませんでした。

もちろん、上記のようなケースは担当者のレベルの問題でもありますが、そのようなケースを複数目撃してきたため、どうしてもセット型保険に対しては「わざわざ難しくしてどうする」と否定的に考えてしまうのです。

画像
↑道路脇の水田に設けた自分のテリトリーを見張るシオカラトンボのオス(6月撮影)。

↓12月5日19:00現在で11位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓12月5日19:00現在で5位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

Stelvio
2013年12月07日 18:16
仰るとおりだと思います。
自分はアカウント型保険を「ビル」に例えて説明していました。一階がアカウント(終身死亡保障)、二階が定期の死亡保障、三階が医療で四階が・・・というイメージです。
で、「三階より上をそのままで二階だけ取り壊せますか?」と尋ねるのです。
もちろん無理、と言われるので、それがデメリットですと答えると納得してもらいやすい感じでした。
一方単品だと母屋と離れの関係ですからどちらも”増改築”しやすいですよ、と続ける流れでしたね。
2013年12月07日 22:37
Stelvioさん、こんばんは。

コメントありがとうございます

お~確かに分かりやすい例えですね^^

アカウント型は特約を載せすぎているために肝心の1階部分が脆弱で、何も手を打たずに継続すると保険料払込満了後の保障が0なんてことになる設計が目立ちました。

この記事へのトラックバック