ネット生保、対面チャネルの拡充を進める。

1月7日の日本経済新聞・朝刊に、インターネットでの申込を主力販路としている生命保険会社、いわゆるネット生保に関する記事がありました。

記事によりますと、

< インターネットを通じて生保商品を販売する生命保険会社が、相次ぎ地方銀行や保険ショップと販売で提携している。対面サービスを充実させ、ネット契約の販路を広げる狙いがある。地銀は顧客に示せる保険商品の品揃えが増え、手数料収入も見込める。今後も提携が広がりそうだ。>

とのことです。

…記事を読む限り、ネット生保が対面チャネルの拡充を進めている主な理由は、新契約件数の獲得が落ち込んだことにあるようですね。

自前の直販チャネル(営業職員)や専属代理店を持たずに、人件費等の経費や付加保険料を抑えることで一定の年齢層の保険料を抑えることに成功し、保険商品を絞り込むことで、それまでの生命保険会社とは違うインターネット経由による自発的申込というビジネスモデルを展開してきた保険会社が、軌道修正を行い対面チャネルの拡充に乗り出している、というのは面白いですね。

自発的にできるネットでの申し込み、絞り込んだ保険商品、特約を廃したあるいは抑えたシンプルな保険商品、割安な保険料…ということだけでは契約を伸ばし続けることは難しい、ということなのでしょう。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2015年1月7日朝刊―

【ネット生保、対面販売を強化―地銀・代理店と相次ぎ提携】

 インターネットを通じて生保商品を販売する生命保険会社が、相次ぎ地方銀行や保険ショップと販売で提携している。対面サービスを充実させ、ネット契約の販路を広げる狙いがある。地銀は顧客に示せる保険商品の品揃えが増え、手数料収入も見込める。今後も提携が広がりそうだ。

 アクサダイレクト生命保険は終身保険や医療保険の販売で地銀との提携を加速している。2014年1月に提携した福岡銀行や石川県の北国銀行に続き、14年末から長崎県の親和銀行、今月中旬から岐阜県の十六銀行でも保険を販売する。ライフネット生命保険も静岡県のスルガ銀行や、代理店大手の「保険の窓口」で就業不能保障保険などの委託販売を始めた。

 背景には自ら保険商品を比べネット上で契約する顧客層の取り込みがほぼ一巡したことがある。14年4~9月期の新契約件数はライフネットが前年同期比で約半減し、アクサダイレクトも一時期より伸びが鈍った。

 スマートフォン(スマホ)の普及で顧客がネット契約する手間が増えたことも一因だ。「スマホはパソコンに比べて契約までの時間が約30分長くかかり、途中で契約を諦める人もいる」(ライフネットの出口治明会長)。対面で顧客に説明できる銀行などとの提携が急務となった。

 ネット生保は顧客がネット上で契約手続きできるのが特長だ。営業職員の人件費もかかる大手生保よりも保険料が安く、市場シェアを伸ばした。ただ、最近は大手生保も割安な保険商品を売り出し競争が激化している。


以上です。

画像
↑、ヤマトシジミを捕食するオオカマキリのメス(13年9月撮影)。

↓1月7日23:30現在で1位…ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓1月7日23:00現在で13位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック