高額療養費制度が一部見直されました。

ちょっと古い情報で恐縮です。今月1日から高額療養費制度が一部見直されました*。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 厚生労働省資料・ご案内「70歳未満の方で、高額な医療費をご負担になる皆さまへ」(平成27年1月1日施行)(PDF)

    この一部見直しに伴い、70歳未満の方は、それまで3区分(区分A、B,C)だった所得区分が、以下の5区分(区分ア、イ、ウ、エ、オ)へと変更されています。

    1.区分ア:年収約1160万円~の方(健保:標準報酬月額83万円以上の方。国保:年間所得901万円超の方)※変更されました

    1)ひと月あたりの自己負担限度額:25万2600円+(医療費-84万2000円)×1%

    2)3ヵ月以上ご負担いただいた方:14万100円


    2.区分イ:年収約770~約1160万円の方(健保:標準報酬月額83万円未満の方。国保:年間所得600万円超901万円以下の方)※変更されました

    1)ひと月あたりの自己負担限度額:16万7400円+(医療費-55万8000円)×1%

    2)3ヵ月以上ご負担いただいた方:9万3000円


    3.区分ウ:年収約370~約770万円の方(健保:標準報酬月額28万円以上53万円未満の方。国保:年間所得210万円超600万円以下の方)※変更ありません

    1)ひと月あたりの自己負担限度額:8万100円+(医療費-26万7000円)×1%

    2)3ヵ月以上ご負担いただいた方4万4400円


    4.区分エ:~年収約370万円の方(健保:標準月額28万円未満の方。国保年間所得210万円以下の方)※変更されました

    1)ひと月あたりの自己負担限度額:5万7600円

    2)3ヵ月以上ご負担いただいた方:4万4400円


    5.区分オ:住民税非課税の方※変更ありません

    1)ひと月あたりの自己負担限度額:3万5400円

    2)3ヵ月以上ご負担いただいた方:2万4600円


    *高額療養費を申請される月以前の直近12ヵ月の間に高額療養費の支給を受けた月が3ヵ月以上ある場合は、4ヵ月目から「多数該当」という扱いになり、自己負担限度額が軽減されます。

    また、高額療養費の区分が変更されたことに伴い、「限度額適用認定証」も区分A、B、Cから区分ア、イ、ウ、エ、オへと変更されています。

    したがって、今月1日から区分A、B、C表記の「限度額適用認定証」は使えなくなっており、新しい区分表記の「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提出しなくてはなりません。

    くれぐれもご注意ください。

    画像
    ↑、ノコギリクワガタに大接近(13年9月撮影)。

    ↓1月21日19:00現在で1位…ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓1月21日18:00現在で9位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 1

    ナイス

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック