大同生命と太陽生命が保険商品の相互供給及び販売を開始します。

2月4日、大同生命保険と太陽生命保険はそれぞれのHPにおいて、3月2日より生命保険商品の相互供給と販売(クロスセル)を開始すると発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 2/4・太陽生命保険ニュースリリース 太陽生命と大同生命の商品の相互供給・販売(クロスセル)の開始(PDF)

  • 2/4・大同生命保険ニュースリリース 太陽生命と大同生命の商品の相互供給・販売(クロスセル)の開始(PDF)

    【管理人の感想】
    ニュースリリースによりますと、

    太陽生命から大同生命へ「こども保険」が、大同生命から太陽生命へ「無配当歳満期定期保険」がそれぞれ供給され、営業職員が販売する。

    ―とのことです。

    これまで、業務提携を通じて異なる保険会社に商品を供給したケース(アフラック→第一生命など)はありますが、生命保険同士でのクロスセルとは、さらに踏み込んだ一手を打ってきましたね。

    大同生命は法人会を通じて中小企業市場に、太陽生命は家庭市場(いわゆる個人市場)に、それぞれ特化しています。

    お互いが、異なる市場に強固な営業基盤を持っている保険会社だからこその決断ではないかと思っています。

    今後は双方の営業戦略を考慮した上で、相互供給・販売される保険商品が増えることが考えられます。

    大同生命の営業職員は、中小企業の社長に「お孫さんの教育費用対策」として、太陽生命のこども保険を推奨するかもしれませんね(あくまで個人的な推測です)。

    【公式コメントの内容】
    以下、太陽生命と大同生命の公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【太陽生命と大同生命の商品の相互供給・販売(クロスセル)の開始】

     T&D保険グループの太陽生命保険株式会社(社長:田中勝英)と大同生命保険株式会社(社長:喜田哲弘)は、お客さまのより幅広いニーズにお応えするため、商品の相互供給・販売(クロスセル)を開始することといたしましたのでお知らせいたします。

     平成27年3月2日(月)より、太陽生命の営業職員組織で大同生命の定期保険「Lタイプ(無配当歳満期定期保険)」、大同生命の営業職員組織で太陽生命のこども保険「わくわくポッケ(5年ごと利差配当付こども保険(07))」の取扱いを開始いたします。

     太陽生命・大同生命は、コアビジネスである国内生命保険事業でのプレゼンス向上に取り組み、それぞれの特化市場である家庭市場および中小企業市場のさらなる深耕を追求しています。その実現に向けて、両社のお客さまのより幅広いニーズへの対応力強化を目的に、自社で開発・提供していない商品をグループ内から相互に調達し、それぞれのお客さまへスピーディーにお届けする「クロスセル」を開始することといたしました。

     太陽生命・大同生命は、グループシナジーのさらなる向上を追求するとともに、T&D保険グループの経営ビジョンに掲げる「最優の商品・サービスの提供」による「お客さま満足度のトップ」を目指し、今後も取り組んでまいります。


    以上です。

    画像


    画像


    画像


    画像


    画像


    画像
    ↑、先月撮影した水仙。

    ↓2月4日23:00現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキングへ

    ↓2月4日23:00現在で14位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 1

    ナイス

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック