日本生命とアクサ生命が医療保険を共同開発。6月から日生で販売開始。

3月20日、日本生命保険とアクサ生命保険はそれぞれHPにて、日本生命とアクサ生命が共同開発した引受基準緩和型医療保険を、6月からニッセイ・ライフプラザで、8月から日生の営業職員網で販売を開始する予定であることなどを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 3/20・日本生命ニュースリリース アクサ生命との共同開発商品「メディ・アン(Medi-AxN)」の発売等について(PDF)

  • 3/20・アクサ生命ニュースリリース 日本生命との業務提携について(PDF)

    【管理人の感想】
    日生とアクサ生命が共同開発したのは、終身タイプの引受基準緩和型医療保険です。保険契約の引受はアクサ生命が、保険契約の募集は日本生命が行います。

    告知項目は4つで、全ての項目に「はい」と回答する項目がなければ契約の申込が可能です(1つでも「はい」と回答する項目があれば契約の申込はできません)。

    また、契約可能な年齢範囲は20歳~74歳となっております。保険料の払込期間は「終身」「65歳満了」「75歳満了」から選択できます。

    今回の共同開発を通じて得たであろう医療保険の商品開発ノウハウ等を、今後、日本生命はどのように活用していくのか…注目ですね。

    【公式コメントの内容】
    以下、日本生命とアクサ生命の公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    1.日本生命保険の公式コメント

    【アクサ生命との共同開発商品「メディ・アン(Medi-AxN)」の発売等について】


     日本生命保険相互会社(代表取締役社長:筒井義信、以下「当社」)とアクサ生命保険株式会社(取締役代表執行役社長兼CEO:ジャック・ドゥ・ペレティ、以下「アクサ生命」)は、新商品の共同開発および出資について合意に達しましたので、お知らせいたします。

     アクサ生命は、世界の国と地域で約1億300万人のお客様から信頼される世界最大級の保険・資産運用グループ「AXAグループ」の一員として日本で生命保険事業を展開しています。

     AXAグループとは、生命保険事業に対する価値観や信頼を共有できる会社として、これまで様々な場面で交流・意見交換等を行い、両社の信頼関係の礎を構築してまいりました。

     今回、日本法人であるアクサ生命との新商品の共同開発および出資の合意は、両社の協力関係をより深め、長期にわたり有益なパートナーシップを構築していくことを主な目的としたものです。

    1.アクサ生命との共同開発商品「メディ・アン(Medi-AxN)」の発売
     この度、当社とアクサ生命が共に検討を行い、引受保険会社をアクサ生命とする限定告知型医療保険の新商品「限定告知・無解約返戻金型終身医療保険14『メディ・アン(Medi-AxN)』)を共同開発いたしました。

     アクサ生命と業務提携委託を締結し、当社の営業職員(ニッセイトータルパートナー)をはじめとしたフェイス・トゥ・フェイスチャネルで当商品を販売いたします。

     今回の限定告知型医療保険に強みを持つアクサ生命と共同開発した新商品発売を通じ、新3ヵ年経営計画(2015-2017)に掲げる「セグメント別戦略のステージアップ」を推進することで、多様化するお客様ニーズにより迅速にお応えするとともに、より充実したサービスをお客様に提供してまいります。

     当商品は、6月からニッセイ・ライフプラザで販売を開始し、8月から全国の営業職員に拡大していく予定です。

     なお、当社にとっては、他の生命保険会社と共同で新商品の検討・開発を行い、全国の営業職員を通じて販売することは、初めての取組となります。

    2.アクサ生命への出資
     AXAグループおよびアクサ生命との長期的なパートナーシップを構築するため、アクサ生命に対し、普通株式による出資を行います。出資比率は約1%で、この取引にかかる手続きは、平成27年3月末までに完了する予定です。

     今回の新商品の共同開発および出資を通じ、生命保険市場の健全な発展に寄与できるよう、両社で協力できる具体的な機会は模索していきたいと考えています。

    ◇メディ・アン「Medi-AxN」の主なポイント。
    ①持病(既往症)がある方や、過去に入院・手術された方も、お申込みいただきやすい医療保険です。

     簡易に設定した4つの告知項目に該当しなければお申込みいただけます。

    ②病気やケガによる入院・手術・放射線治療を一生涯保障します。また、ご契約前からの疾病(既往症)の悪化・再発による入院・手術・放射線治療も保障します。
     入院保障は、日帰りから保障します。また、手術保障について、お支払事由を公的医療保険に連動さ
    せる方式としました。

    ③メディ・アンの被保険者様は、ベストドクターズ®・サービス(専門医紹介サービス)をご利用いただけます。

    ※ベストドクターズは、米国およびその他の国におけるBest Doctors, Inc.の登録商標です。

    2.アクサ生命の公式コメント

    【日本生命との業務提携について】


     アクサ生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼CEO:ジャック・ドゥ・ペレティ、以下「アクサ生命」)と、日本生命保険相互会社(代表取締役社長 筒井 義信、以下「日本生命」)は業務提携について合意しましたので、お知らせいたします。また、アクサ生命は、日本生命との有益なパートナーシップの構築を目的として、出資の受け入れについても合意しました。

     アクサ生命は、日本生命と生命保険事業に対する価値観や信念を共有できる会社として、これまで様々な場面で交流・意見交換などを行い、両社の信頼関係の礎を構築してまいりました。今回の業務提携及び出資受け入れは、両社の協力関係をより深め、長期にわたり有益なパートナーシップを構築していくことを主な目的として合意したものです。

    1. 日本生命を通じた新商品「メディ・アン(Medi-AxN)」の販売開始
     アクサ生命は、日本生命と検討を行い、引受保険会社をアクサ生命とする限定告知型終身医療保険の新商品「メディ・アン(Medi-AxN)」(正式名称:限定告知・無解約払戻金型終身医療保険14)を共同開発しました。本商品は、日本生命の営業職員(ニッセイトータルパートナー)をはじめとしたフェイス・トゥ・フェイスチャネルを通じて販売されます。

     アクサ生命がこれまでに販売してきた限定告知型終身医療保険は、お客さまから大変好評をいただいています。本業務提携を通じて、アクサ生命は、AXAグループが世界で培った知見を礎とした商品開発力を活かして、より多くのお客さまへ保障とご安心をお届けすることを目指しています。

     当商品は、6月からニッセイ・ライフプラザで販売が開始され、8月から日本生命の全国の営業職員にも拡大される予定です。

    2. 出資の受け入れについて
     アクサ生命は、日本生命との長期的なパートナーシップを構築するために、日本生命からの普通株式による出資を受け入れます。日本生命の出資比率は約1%で、この取引に係る手続きは、2015年3月末までに完了する予定です。

    本件について、アクサ生命の代表執行役社長兼CEO、ジャック・ドゥ・ペレティは、次のようにコメントしています。

     「120年以上の歴史を誇る日本最大級の生命保険会社である日本生命との業務提携をうれしく思う。」

     「また、日本生命にとっては初となる、他の生命保険会社との商品の共同開発、全国の営業職員を通じての販売といった、新たな歴史を共に歩むことができ、非常に光栄である。」

     「アクサ生命は、より多くのお客さまへ、当社の革新的な商品をご提供することの社会的意義をあらためて認識し、今回の業務提携に至った。日本生命との業務提携を通じて、これまで進めてきた『医療保障の再定義』に向けた取り組みをさらに推進し、今後もお客さまに最適なソリューションを提供していく。」


    以上です。

    画像


    画像
    ↑、今月撮影したナズナと庭先のサクランボ(花)です。

    ↓3月21日19:30現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキング

    ↓3月21日18:00現在で6位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 1

    ナイス

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック