オリックス生命が一部の定期保険商品の保険料を引き上げます。

少々前の情報で恐縮です。

2月26日、オリックス生命保険はHPにて、「定期保険」「定期保険特約」「低解約払戻定期保険」の保険料を、5月2日より引き上げることを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 2/26・お知らせ 定期保険、定期保険特約、ロングターム7の保険料改定について(PDF)

    【管理人の感想】
    1.保険期間10年の場合、若年層の保険料に変化なし

    上記PDFに記載されている保険料例によりますと、保険期間10年の場合、若年層(20歳、30歳)の保険料は変わりませんが、ミドル層(40歳、50歳)の保険料は若干上がります。

    もちろん、15年、20年という保険期間になった場合は、若年層でも保険料が上がることが考えられますから、代理店に確認することが必要ですね。

    なお、既に契約されている定期保険及び定期保険特約の更新を、2015年5月2日以降に迎える場合は、更新後の保険料は新しい保険料率が適用されるとのことです。

    2.保険期間が超長期の場合、若年層のほうが上昇幅が大きい
    98歳満了と保険期間が超長期の場合、保険料の上昇幅は若年層(20歳、30歳)の方が大きく、ミドル層の方(40歳、50歳)が小さくなっていました。

    おそらく、保険料率の改定を行ったことによる保険料引き上げなのでしょうが、上記PDFにおいて、保険料の引き上げの理由(料率改定など)は一切記載されていません。

    代理店には代理店担当者から説明があったものと思われますが、こうしたことは契約者やこれから契約を検討している人にも開示すべきことではないかと思います。

    【公式コメントの内容】
    以下、オリックス生命の公式コメントの内容です(上記お知らせより抜粋・転載)。

    【定期保険、定期保険特約、ロングターム7の保険料改定について】

     2015年5月2日より、代理店チャネルで取り扱う「定期保険(正式名称:無配当定期保険)」「定期保険特約」「ロングターム7(正式名称:無配当低解約払戻定期保険)」の保険料を改定(引き上げ)しますのでお知らせします。

     今回の保険料改定(引き上げ)では、保険期間が短く被保険者の年齢が若いなど、一部条件により保険料が変わらない場合があります。また、長期の定期保険やロングターム7では、払込保険料累計額に対する解約時の払戻率が低くなります。

    *このたびの保険料改定は、2015年5月2日以降の新契約が対象です。ただし、既にご契約いただいている年満了の「定期保険」または「定期保険特約」が、2015年5月2日以降自動更新される場合、更新後の保険料は新保険料率が適用されます。


    以上です。

    画像
    夕方の川原でテリトリーを張るアオサナエ・オス(昨年5月撮影)。

    ↓3月13日19:30現在で2位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキングへ

    ↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    マネポケ金融投資ブログランキング!
    マネポケ金融投資ブログランキング

    ↓3月13日17:00現在で14位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 1

    ナイス

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック