肺高血圧症、早期の確定診断と治療開始が大事だそうです。

4月10日の日本経済新聞・夕刊に、肺高血圧症の記事がありました。

記事によりますと、

< 高血圧は体に良くないことが知られているが、心臓から肺に血液を送る肺動脈の血圧が上がる「肺高血圧症」も、息切れや心不全などを引き起こす難しい難病のひとつだ。肺動脈の内側が狭まったり、血栓(血の塊)によってふさがったりして発症する。詳しい原因はよく分かっていないが、薬や手術などの進化で治療成績は上がっている。専門家は「なるべく早く病気を確定診断し、治療を始めることが重要だ」と指摘する。

 …

 肺高血圧症は5つのタイプに分類され、治療法も異なる。代表的なのが血栓が肺動脈にできる「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」(CTEPH)と、肺動脈の内側の壁が狭くなる「肺動脈性肺高血圧症」(PAH)だ。国内の患者数は2タイプの合計で約4000人と推定されている。>


とのことです。

…「肺高血圧症」は心臓疾患のひとつだそうです。管理人は「血管疾患のひとつ」かと思っていました。

かつては、患者の約半数が3年以内に右心不全でなくなってしまうという予後不良だったタイプも、専用治療薬の登場により大きく状況が変わっているそうです。

しかし、そうはいっても難病であることに変わりはないのですから、速やかに正しい診断と治療受けられるよう、専門家の少なさといった課題を解消してほしいものです。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2015年4月10日夕刊―

【肺高血圧症 手術・薬で血管広げ治療】

 高血圧は体に良くないことが知られているが、心臓から肺に血液を送る肺動脈の血圧が上がる「肺高血圧症」も、息切れや心不全などを引き起こす難しい難病のひとつだ。肺動脈の内側が狭まったり、血栓(血の塊)によってふさがったりして発症する。詳しい原因はよく分かっていないが、薬や手術などの進化で治療成績は上がっている。専門家は「なるべく早く病気を確定診断し、治療を始めることが重要だ」と指摘する。

 「肺高血圧症は通常の高血圧とは関係ない。高血圧の有無と肺高血圧症の発症しやすさとの間には関連もみられない」。神戸大学の中山和彦特命助教はこう説明する。日本人の多くが発症する通常の高血圧は全身の血管に大きな圧力がかかっている状態で、脳卒中や心臓病などのリスクを高める。塩分の取り過ぎなど生活習慣が影響していると考えられる。

 これに対し、患者が少ない肺高血圧症は肺動脈の細い血管が何らかの原因で狭くなるなどして圧力が高い状態になる。肺動脈の圧力は健康な人で平均20mmHg(ミリメートル水銀柱)以下だが、安静時に25以上あると肺高血圧症と診断される。家庭にある血圧計などでは測れず、超音波診断装置や血管内を通す細い管(カテーテル)を使って測る。

◇心臓の右側肥大
 この結果、肺動脈に血液が流れにくくなる。肺動脈がつながっている心臓の右側が圧力によって肥大するなど機能が低下するという。全身に血液が上手く行き渡らなくなり、酸素などが届きにくくなる。

 疲れやすくなるほか、動悸(どうき)や息切れ、失神などが起こる。初期は階段を上がるなど体を動かしたときに症状が現れるものの、安静時は普通に過ごせる。症状が進むと心不全になり、安静時でも症状が出る。

 肺高血圧症は5つのタイプに分類され、治療法も異なる。代表的なのが血栓が肺動脈にできる「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」(CTEPH)と、肺動脈の内側の壁が狭くなる「肺動脈性肺高血圧症」(PAH)だ。国内の患者数は2タイプの合計で約4000人と推定されている。

 兵庫県に住む60代の女性は歩くと息切れするようになり、足もむくむようになった。気になって近くの病院を受診したが、原因は分からないままだった。数年後、症状が悪化したため再び受診したところ、別の病院を紹介され、肺高血圧症と診断された。

◇カテーテルで改善
 血液をさらさらにして血栓を防ぐ薬を投与する治療などを実施した。だが思ったほど症状は改善せず、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で診てもらうことになった。超音波やコンピューター断層撮影装置(CT)などで検査し、慢性血栓塞栓性肺高血圧症だといわれた。

 女性はカテーテルを使って肺の血管の血栓のある部分を広げる手術を受け、息切れや足のむくみなどが改善した。今では買い物や旅行にも出かけられるまでに回復したという。

 このタイプの肺高血圧症は「40~70代の女性などで目立つ」と国立循環器病研究センターの大郷剛医長は話す。治療では血管にへばりついた血栓を取り除くのが目標となる。手術や薬物療法などがある。60代女性が受けたようなカテーテルを挿入し血管を広げる手法もある。

 同センターで2012年8月から13年12月まで実施した20例は、いずれも効果が認められたという。死亡例や重い副作用である肺に水がたまった例はなかった。拡張した心臓の右側部分も改善できたという。

 一方、肺動脈性肺高血圧症は膠原病や先天性の心疾患と関連がある場合もあるが、原因がはっきりしない特発性と呼ぶタイプを20代の女性などが発症するケースもあるという。治療では血管を拡張する薬などを使う。大郷医長は「約20~30年前までは5年後の生存率が4割程度にとどまっていた。その後、効き目の高い薬が出てきたことで今では9割程度に高まっている」と説明する。

 課題は正確な診断だ。肺高血圧症を発症しても「最初は風邪や喘息などと診断され、診断が確定するのに1年かかることもある」と大郷医長は解説する。肺高血圧症の専門家が少ないことが影響している。

 肺高血圧症の患者らでつくるNPO法人、PAHの会(神奈川県大和市)の村上紀子理事長は「発症後に専門医の医師に診てもらうまで平均3年半もかかっている実態が分かった」と話す。昨年7~8月、慢性血栓性と肺動脈性の肺高血圧症の患者を対象に実施した調査結果で、93人から回答を得た。このうち21人は受診するまで3~5ヵ所の医療機関を回っていた。

 肺高血圧症の治療は進化している。「初期段階で正確に診断し、早く治療を始めることが大事だ」と中山特命助教は強調する。


以上です。

画像
↑、セイヨウタンポポにやってきたモンキチョウ(先月撮影)。

↓4月14日19:00現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓現在18位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
マネポケ金融投資ブログランキング!
マネポケ金融投資ブログランキングへ

↓4月14日18:00現在で17位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック