H様、お時間いただきありがとうございました②

前回の続きです。

13日木曜日にH様宅に伺い、必要保障額の算出結果を説明及び手交してきました。

ご記入していただいた数値等及び、管理人がヒアリングして空白部分を記入した数値等を基に算出した結果、

①遺族年金と、以前ご加入いただいた収入保障保険からの月払い給付金で、遺族の生活費は十分カバーできるため、新たに遺族の生活費のための生命保険に加入する必要は無い。

②H様が早期死亡した場合、お子様の教育費がご遺族の経済的な負担となるため、生命保険でカバーする必要がある。


―という結論に達しました。

上記②については、定期保険でカバーすることを提案させていただきました。具体的な保険金額及び保険期間については、次回の訪問時に提示する予定です。

画像
↑、道路脇のカラスノエンドウで、アブラムシを捕食するナナホシテントウ(5月撮影)。

↓8月15日19:00現在で2位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↓8月15日18:00現在で8位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック