現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国で承認されたCAR-T細胞療法、高い効果と価格。

<<   作成日時 : 2017/12/12 19:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

12月8日の日本経済新聞・朝刊に、米国で承認されたB細胞性急性リンパ芽球性白血病に対する、新たな免疫細胞療法に関する記事がありました。

記事によりますと、

< 米国で承認された「遺伝子改変T細胞療法」と呼ばれる新しいがんの治療法が注目を集めている。血液のがんの一種を対象にした地検では1回の点滴で7〜9割の患者で体内からがん細胞がいなくなり、専門家らを驚かせた。価格を約5000万円に定めたことも話題になった。高価も価格も常識破りの眼振治療は、日本でも近く実用化される見通しだ。>

とのことです。

…平成29年12月1日現在、我が国では「樹状細胞及び腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法」といった、がんに対する免疫細胞療法が先進医療に指定されています。

そうした免疫細胞療法は「叩くべきがんの特徴を免疫細胞に教える」など、免疫細胞の力を引き出すことでがんを叩くことを狙っています。

今回記事が取り上げている免疫細胞療法は、そういった方法ではなく、T細胞を遺伝子改造してがんを認識する能力を授けたうえで、患者の体内に戻してがんを叩くというものです。

遺伝子改造を行い、認識力を強化することで攻撃の精度を高めるとは…医療分野における科学の進歩はすごいですね。

【記事の内容】

以下、記事の内容です。

―日本経済新聞 2017年12月8日朝刊―

【「CAR-T」免疫細胞療法 血液のがん7〜9割効果―米で承認、日本にも コスト削減難しく】

 米国で承認された「遺伝子改変T細胞療法」と呼ばれる新しいがんの治療法が注目を集めている。血液のがんの一種を対象にした地検では1回の点滴で7〜9割の患者で体内からがん細胞がいなくなり、専門家らを驚かせた。価格を約5000万円に定めたことも話題になった。高価も価格も常識破りの眼振治療は、日本でも近く実用化される見通しだ。

 米国で8月に承認されたのは、患者自身のT細胞と呼ばれる免疫細胞に、がん細胞を攻撃する遺伝子を組み込んで使う治療法の一種「CAR-T細胞療法」だ。スイスの大手製薬会社ノバルティスが世界に先駆けて開発した。

 このCAR-T細胞療法は開発段階で、従来の治療では数ヵ月しか生き延びられないと診断されたがん患者の7〜9割が1年以上生き延び、注目を浴びた。大阪大学准教授の保仙直毅さんは「驚異的な結果で世界が驚いた」と指摘する。

 米国での承認は、血液中のB細胞と呼ばれる免疫細胞ががん化する「B細胞性急性リンパ芽球性白血病」で、25歳以下の患者が対象。日本では子供10万人あたり数人が発症する。抗がん剤が標準的な治療だが再発を繰り返すタイプでは、患者の6〜9割が発症して数ヵ月でなくなる。

◇がんを異物と認識
 効果が高いのは人が本来持っている免疫の優れた仕組みを巧みに利用するためだ。T細胞は免疫細胞の一種で、ウイルスに感染した細胞などを異物として認識、異物がなくなるまで徹底的に攻撃し続ける。しかしがん細胞はウイルスと違い、自分の細胞ががん化してできるため異物とは認識しにくかった。

 そこで米セント・ジュード小児研究病院の研究者だったダリオ・カンバーナさんと今井千速さんらは、遺伝子改変技術を使ってがん細胞を異物と認識するCAR-T細胞を開発した。T細胞の表面にがん細胞とくっつく抗体とたんぱく質を備え、抗体の裏側に異物を知らせるたんぱく質と攻撃を仕掛ける命令を送るたんぱく質などを重ねた。この細胞を米ペンシルベニア大学教授のC・H・ジューンさんらが初めて臨床応用。点滴で患者の血管に入れると血液に乗って体の中を巡り、がん細胞を発見すると体内からなくなるまで攻撃し続ける。

 ただ、今回承認されたCAR-T細胞は、がん細胞と正常なB細胞を両方攻撃してしまう。患者はB細胞が分泌する物質を点滴で補充する必要があり、CAR-T細胞が体内にある限り数年以上続く。それでも余命数ヵ月とされた患者の多くに完治への道を開いたのは衝撃的だった。

 免疫の力を使ってがんを攻撃する治療法では、「オプジーボ」など免疫チェックポイント阻害剤も注目を集める。こちらはがんを攻撃するT細胞のブレーキを解除し、攻撃力を高める仕組みだ。一部の患者には劇的に効く一方、患者の7割には効かないなどの問題がった。

◇患者ごとに生産
 世界初のCAR-T細胞療法は米国で約5000万円という価格になった。これほど高額な理由は2つある。1つ目は患者自身の細胞を使うため、大量生産によるコスト削減が難しいためだ。

 治療では患者からの血液中のT細胞を採取し、厳密に管理された細胞加工施設でウイルスを使ってCAR遺伝子を導入、培養して数を増やし患者に投与する。他人のT細胞は使えない。投与の前には病気を引き起こすウイルスがいないか、狙い通りに遺伝子改変できたかなど、患者ごとに検査も必要だ。

 理由の2つ目は特許だ。CAR-T細胞はT細胞に3種類の遺伝子を導入し、特殊な培養技術も用いる。多くの場合それぞれ別の発明者が特許を持つため、ノバルティスも権利者に相当の特許使用料を支払っているとみられる。

 ノバルティスは今後、日本でも同じ治療法を使えるよう、承認申請する考え。日本勢ではタカラバイオが2020年度の実用化を目指して治験を進めている。小野薬品工業や第一三共、武田薬品工業もこの分野に参入した。他のがんに広げるため、それぞれのがん細胞につく抗体を見つける研究も進められている。

 コスト削減のためには他人の細胞を使って大量生産する方法が期待されている。日本では京都大学准教授の金子新さんや教授の河本宏さんらが、それぞれiPS細胞の技術を使ってがん細胞を攻撃するT細胞を大量生産する技術を開発中だ。世界に先駆けて安価な治療法が日本から生まれるか、今後も目が離せない。


以上です。

画像
↑、翅を開いたアオハダトンボ・オス(6月撮影)。

↓12月12日19:30現在で1位…ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

↓12月12日19:00現在で2位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 保険へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
web拍手 by FC2

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
管理人へのお問い合わせはここをクリックしてください。メールフォームが開きます。
米国で承認されたCAR-T細胞療法、高い効果と価格。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる