現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本生命、マスミューチュアル生命を子会社化へ。

<<   作成日時 : 2018/03/04 22:43   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

3月2日、日本生命保険とマスミューチュアル生命保険はそれぞれのHPにて、両社が経営統合に向けて合意したことを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 3/2・日本生命ニュースリリース マスミューチュアル生命保険株式会社との経営統合に関する合意について(PDF)

    ※マスミューチュアル生命のニュースリリース等はリンク付不可能なので、直接HPにアクセスしてご覧ください。

    【管理人の感想】
    日本経済新聞が昨年10月に報道して以来、約5ヵ月間、両社が一切コメントを出してきませんでしたが、経営統合に向けて合意しましたか…日本生命は三井生命に続いて、今度は外資系生保との経営統合に踏み切りましたね。

    今回の経営統合の狙いのひとつは、日生が重要視している窓販チャネルの強化にあるようです。

    日生、三井、マスミューチュアルの三位一体で、今後どのような事業戦略を描いて実施してくるのか…注目ですね。

    【公式コメントの内容】
    以下、日生とマスミューチュアル生命の公式コメントの内容です(プレスリリースより抜粋・転載)。

    1.日本生命の公式コメント

    【マスミューチュアル生命保険株式会社との経営統合に関する合意について】


     日本生命保険相互会社(代表取締役社長:筒井義信、以下「当社」)は、マサチューセッツ・ミューチュアル・ライフ・インシュアランス・カンパニー(チェアマン兼プレジデント兼チーフ・エグゼクティブ・オフィサー:ロジャー・クランドール、以下「米国マスミューチュアル」)およびマスミューチュアル・インターナショナル・エルエルシー(チェアマン兼プレジデント兼チーフ・エグゼクティブ・オフィサー:エディー・アーメッド、以下「MMI」)※1との間で、マスミューチュアル生命保険株式会社(代表取締役社長:井本満、以下「マスミューチュアル生命」)の発行株式の約85.1%をMMIから取得すること(以下「本統合」)について、2018年3月1日付で合意しました。

    (※1)MMIは、米国マスミューチュアルの完全子会社です。

     MMIは、引き続きマスミューチュアル生命の発行株式約14.9%を保有し、マスミューチュアル生命の事業の円滑な移行および更なる発展に向けたサポートを行うこととなっています。

     今後、金融庁による認可等を経て、マスミューチュアル生命は当社の子会社となる予定です。本統合手続きの完了は2018年5〜6月ごろを予定しております。

     また、当社と米国マスミューチュアルとの間では、本統合にあたり、経営層から実務者にわたる交流を通じ、信頼関係を構築してまいりました。今後も両社は様々なビジネス領域における協業の検討に向けて、経営層及び実務者間での交流を実施してまいります。

    1.本統合の背景
     当社は、2017年4月からスタートした中期経営計画「全・進-next stage-」において、「(1)超低金利下での収益性の向上」「(2)日本生命グループの社会的役割の拡大」「(3)グループ事業の着実な収益拡大」を成長戦略として掲げております。

     また、当社では、お客様本位の業務運営をより一層推進するため、2017年3月に「お客様本位の業務運営に係る方針」を定めており、党方針の中では、社会の要請やお客様のニーズを的確に把握し、お客様が真に求める生命保険商品の開発に努めることを掲げております。

     こうした経営計画・方針のもと、当社は、国内保険事業において、超低金利環境下でもお客様の多様なご要望にお応えする商品・サービスの開発に取組んでおります。

     とりわけ、金融機関窓販領域においては、人口減少・高齢化やマイナス金利等の影響により、お客様ニーズ・マーケットが急速に変化しており、特に円建商品の販売停止等を踏まえ、外貨建商品の競争が激化しております。このような環境の中、多様化するお客様ニーズを迅速かつきめ細やかに対応するために、充実した商品ラインアップや金融期間へのサポート体制が不可欠であり、かねてより、別会社を活用した幅広い商品開発体制および金融機関サポート・販促体制を構築することを検討してまいりました。

    2.マスミューチュアル生命の概要
     マスミューチュアル生命は、1907年に横浜生命保険株式会社として設立したのち、平和生命等を経て、2001年に米国マスミューチュアルグループの一員となり、マスミューチュアル生命としての営業を開始しました。

     2004年の金融機関窓販マーケット参入以降は、優れた商品開発力等をいかし、主として富裕層の相続・贈与ニーズに応えてきました。その結果、同マーケットにおいて高いぷ入れ前巣を発揮しています。

    3.本統合の戦略的意義について
     本統合は、当社にとって、中期経営計画における「超低金利下での収益性の向上」、「グループ事業の着実な収益拡大」に大きく貢献するものと考えております。

     当社、三井生命保険株式会社(以下、「三井生命」)、およびマスミューチュアル生命は、グループ一体となって、金融機関窓販マーケットにおけるお客様からのご要望に幅広くお応えする体制構築を目指してまいります。

     本統合後の、当社グループの金融機関窓販における事業戦略の基本方針は、以下のとおりです。

    @当社、三井生命、およびマスミューチュアル生命は、グループ一体となって、お客様本位の業務運営の一層の推進に資するべく、各社が強みを有する領域を中心とした商品開発を通じ、多様化するお客様ニーズに対し、迅速にきめ細やかににお応えする体制を構築する。

    Aグループとしての効率的かつ効果的な金融機関サポート・販促体制の構築や、各社の協業等を通じたシナジー追及、その他の取組みを通じて、グループ価値の最大化を目指す。

    4.本統合のスキームおよび今後のスケジュール
     当社は、MMIからマスミューチュアル生命の発行株式の約85.1%を取得することを予定しております。マスミューチュアル生命株式の残り約14.9%については引き続きMMIが保有する予定です。

     なお、本統合後において、マスミューチュアル生命の代表取締役社長は、井本満氏が継続することを予定しております。また、当社は、マスミューチュアル生命に対して、取締役及び監査役を派遣することを予定しております。

    5.本統合の概要
    (1)株式取得金額

     株式取得金額(約85.1%出資分)は、約1042億円となる予定です。当社はマスミューチュアル生命の事業内容や資産内容について、慎重に分析および検討を重ねた結果、この株式取得金額が公正かつ妥当であるものと判断いたしました。

    (2)株式取得資金
     本統合は、当社の手元資金で対応いたします。

    2.マスミューチュアル生命の公式コメント

    【日本生命保険相互会社との経営統合に関する合意について】


     マスミューチュアル生命保険株式会社(代表取締役社長:井本満、以下「当社」)は、日本生命保険相互会社(代表取締役社長:筒井義信、以下「日本生命」)とマサチューセッツ・ミューチュアル・ライフ・インシュアランス・カンパニー(チェアマン兼プレジデント兼チーフ・エグゼクティブ・オフィサー:ロジャー・クランドール、以下「米国マスミューチュアル」)およびマスミューチュアル・インターナショナル・エルエルシー(チェアマン兼プレジデント兼チーフ・エグゼクティブ・オフィサー:エディ・アーメッド、以下「MMI」)※1との間で、日本生命がMMIから当社の発行済株式の約85.1%を取得すること(以下「本統合」)について、2018年3月1日付で合意いたしましたことを、お知らせいたします。

    1.本統合の戦略的意義について
     当社と日本生命は、金融機関窓販マーケットにおいて、それぞれ異なる領域での強みを有しており、相互補完等によるシナジーを発揮し、成長することができると考えております。

     また、人生100年の長寿社会の到来に対し、当社がこれまで大手証券会社やメガバンク等での販売を通じて培ってきた高齢富裕層への商品・サービス提供ノウハウを共有することで、日本生命の中期経営計画における「超低金利下での収益性の向上」「グループ事業の着実な収益拡大」の成長戦略に貢献するものと考えております。

     当社、日本生命、三井生命保険株式会社(以下「三井生命」)は、グループ一体となって、金融機関窓販マーケットにおけるお客様からのご要望に幅広くお応えする体制構築を目指してまいります。

     本統合後の、日本生命グループの金融機関窓販領域における事業戦略の基本方針は、以下のとおりです。

    @ 当社、日本生命、および三井生命は、グループ一体となって、お客様本位の業務運営の一層の推進に資するべく、各社が強みを有する領域を中心とした商品開発を通じ、多様化するお客様ニーズに対し、迅速にきめ細やかにお応えする体制を構築する。

    A グループとしての効率的かつ効果的な金融機関サポート・販促体制の構築や、各社の協業等を通じたシナジー追求、その他の取組みを通じて、グループ価値の最大化を目指す。

    2.本統合のスキームおよび今後のスケジュール
     日本生命は、MMIから当社発行済株式の約85.1%を取得することを予定しております。当社株式の残り約14.9%については引き続きMMIが保有する予定です。

     なお、本統合後において、当社の代表取締役社長は、井本満が継続することを予定しております。また、当社は、日本生命より取締役および監査役を受け入れることを予定しております。

     今後、金融庁および米国マサチューセッツ州保険局による認可手続き等を経て、2018年5〜6月頃に子会社化が完了する見込みです。

     本統合後も、当社は、引き続きご契約者さまへの質の高いサービスをご提供し、保険契約に関する義務を確実に履行してまいります。

     また、本統合によるご契約内容への影響はございません。


    以上です。

    画像
    ↑、昨年7月に撮影したマユタテアカネ・メス。

    ↓3月4日22:30現在で3位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    人気ブログランキングへ

    人気ブログランキング

    ↓3月4日22:00現在で1位…ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 保険へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ 人気ブログランキングへ
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    web拍手 by FC2

    テーマ

    注目テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 2
    ナイス ナイス

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    管理人へのお問い合わせはここをクリックしてください。メールフォームが開きます。
    日本生命、マスミューチュアル生命を子会社化へ。 現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる