外貨建終身保険の契約を巡る裁定事案

生命保険協会が取りまとめた、令和2年1~3月の裁定概要集(PDF)に、外貨建終身保険の契約を巡る裁定事案がありました。

裁定概要集によりますと、事案の概要と申立人の主張は以下の通りです。

<事案の概要>
 募集人等の誤説明等を理由に、契約の取消し及び既払込保険料の返還を求めて申し立てのあったもの。

<申立人の主張>
 平成30年10月に乗合代理店を通じて契約した外貨建積立利率変動型終身保険2件について、以下等の理由により、契約を取消し、既払込保険料を返してほしい。

(1)ファイナンシャルプランナーから、住宅ローンの繰り上げ返済資金を保険に回して積み立て、15年後にまとめて返済した方が、効率が良いとの誤った説明を受けた。

(2)募集人から、諸費用の控除及び為替リスク、為替手数料についての説明がなかった。

…この事案は既に和解が成立しています。

<申立人の主張>を読む限りでは、契約したのは保険料払込期間が10年の外貨建終身保険だと思われます。

「15年後」というのは解約返戻金の返戻率が、ドルベースで払込保険料累計額を上回るタイミングで解約し、繰り上げ返済資金として利用する―ということだったのかもしれません。

個人的には、こうした目的での保険契約は大嫌いです。保険は保障を確保するものであり、本事案のような契約は保険本来の目的から逸脱していると思っています。

【事案の内容】

以下、裁定事案の内容です(令和2年1~3月裁定概要集・P6~7より転載)。

[事案2019-119]新契約無効請求
・令和2年3月4日 和解成立

<事案の概要>
 募集人等の誤説明等を理由に、契約の取消し及び既払込保険料の返還を求めて申し立てのあったもの。

<申立人の主張>
 平成30年10月に乗合代理店を通じて契約した外貨建積立利率変動型終身保険2件について、以下等の理由により、契約を取消し、既払込保険料を返してほしい。

(1)ファイナンシャルプランナーから、住宅ローンの繰り上げ返済資金を保険に回して積み立て、15年後にまとめて返済した方が、効率が良いとの誤った説明を受けた。

(2)募集人から、諸費用の控除及び為替リスク、為替手数料についての説明がなかった。

<保険会社の主張>
 以下の理由により、申立人の請求に応じることはできない。

(1)申立人に、住宅ローンの繰り上げ返済対策を説明したのは、募集代理店に所属していないファイナンシャルプランナーであり、その説明内容如何により本契約の有効性は左右されない。

(2)諸費用の控除及び為替リスク、為替手数料については、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を用いて説明している。

<裁定の概要>
1.裁定手続
 裁定審査会は、当事者から提出された書面にもとづく審理の他、契約時の状況を把握するため、申立人および募集人に対して事情聴取を行った。

2.裁定結果
 上記手続きの結果、ファイナンシャルプランナーの説明内容をもって、本契約を取り消す根拠にはならず、また、募集人の誤説明は認められないが、以下の理由により、本件は和解により解決を図るのが相当であると判断し、和解案を当事者双方に提示し、その受諾を勧告したところ、同意が得られたので、手続を終了した。

(1)申立人は、住宅ローンの繰り上げ返済を主な目的として本契約に加入したことが認められ、募集人も申立人の意向を意識していたことから、本契約が住宅ローンの繰り上げ返済対策になるかについて分かりやすく説明すべきであったが、募集人は、この点の説明をしていない。そうすると、意向確認等書類が作成されてはいるものの、意向把握義務の履行が、必ずしも適切になされていたかどうかは疑問が残る。

(2)募集人がこの点について説明をしていれば、申立人には本契約に加入せずに毎年の繰り上げ返済をするという選択肢もあり、本件紛争を回避できた可能性が高かったといえる。


以上です。

DSC01446.JPG
↑、テリトリーを巡回するクマバチ・♂(4月撮影)。

↓7月7日20:00現在で10位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。

人気ブログランキング

↓7月7日20:00現在で3位…アップしました。ありがとうございます。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント