アフラックの第2四半期業績。

11月24日、アフラック生命保険はHPにて、2020年度第2四半期(上半期)業績を発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
11/24・ニュースリリース 2020年度第2四半期(上半期)報告(PDF)

【管理人の感想】
1.保有契約の減少止まらず

保有契約件数の減少が止まりません。2大看板商品のがん保険と医療保険がそろって保有契約件数を減らしました。

新契約件数を増やし続けるしかないのですが…まだ厳しい状況のようです。

2.がん保険、医療保険の新契約件数がいまだに苦戦
2大看板商品であるがん保険と医療保険がそろって新契約件数を大きく減らしました。

がん保険は前年同期比55.2%、医療保険は前年同期比64.4%と明らかに苦戦したことがうかがえる数字です。

医療保障・生前給付保障等の新契約年換算保険料も、前年同期比54%となっていました。

がん保険と医療保険が契約の大半を占めるだけに、その2つがそろって新契約を減らし続けるときついんですよねぇ…。

【主要業績の内容】
以下、アフラックの主要業績の内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

〇保有契約件数 ( )内は前年度実績
・個人保険…2401万4000件 (2425万2000件)

・個人年金保険…32万800件 (33万件)

・個人保険+個人年金保険…2434万3000件 (2458万3000件)

 うちがん保険…1545万8000件 (1560万9000件)

 うち医療保険…589万件 (593万1000件)


〇新契約件数
・個人保険…38万件 前年同期比58.1%

 うちがん保険…26万件 前年同期比55.2%

 うち医療保険…9万5000件 前年同期比64.4%


〇年換算保険料
1)保有契約 ( )内は前年度実績

・個人保険…1兆3090億円 (1兆3290億円)

・個人年金保険…880億円 (856億円)

・個人保険+個人年金保険…1兆3970億円 (1兆4147億円)

 うち医療保障・生前給付保障等…1兆569億円 (1兆706億円)


2)新契約
・個人保険…205億円 前年同期比55.7%

・個人保険+個人年金保険…205億円 前年同期比55.7%

 うち医療保障・生前給付保障等…184億円 前年同期比54%


〇保険料等収入、保険金等支払金、経常利益、当期純利益 ( )内は前年度実績
・保険料等収入…6884億円 (7133億円)

・保険金等支払金…3792億円 (3926億円)

・経常利益…1612億円 前年同期比104.8%

・当期純利益…1142億円 前年同期比105.7%


〇三利源 ( )内は前年度実績
・危険差損益…1189億円 (1038億円)

・費差損益…361億円 (411億円)

・利差損益…143億円 (251億円)


〇基礎利益、ソルベンシー・マージン比率 ( )内は前年度数値
・基礎利益…1694億円 前年同期比99.6%

・ソルベンシー・マージン比率954.1% (1081.1%)



以上です。

DSC03316.JPG
↑、モンキアゲハ・春型♂の吸水行動(5月撮影)。

↓11月28日23:30現在で14位…大きく下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。

人気ブログランキング

↓11月28日23:00現在で5位…ちょっと下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

がくがくダック
2020年12月05日 18:19
ご無沙汰です・・・いつも拝見してます

コロナ禍で数字下げてるアヒル

現役さんはコロナは大丈夫ですか・・・

現役保険営業マン
2020年12月06日 01:25

>がくがくダックさん

お久しぶりです。新型コロナウイルス感染症による行動様式の変化の影響はあります。お客様に面談を申し込んでも、先方が勤務先から強く制限されているためめどが立ちません。
がくがくダック
2020年12月07日 10:22
対面は三密、感染率は高くなりやすいから影響あり
今年から少額短期で再開してコロナ?
困惑状態です