アフラック、医療保険EVERの新商品を発表。

12月2日、アフラック生命保険はHPにて、医療保険EVERの新商品を発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
  • 12/2・ニュースリリース <医療保険 EVER Prime>の発売について(PDF)

    【管理人の感想】
    今回の新商品は、新契約の落ち込みが続く医療保険を何とか回復させようという、アフラックの決意がにじみ出ていると思います。何しろ前回の新商品投入効果が持続せず、新契約が二けたの落ち込みですからねぇ…。

    ネット申し込み専用の健康増進型医療保険も、その存在感が全くなく、新契約の増加や回復に寄与しているようには思えない状況です。

    そうなると、再びEVERの商品改定を行うしかないでしょう。

    【公式コメントの内容】
    以下、アフラックの公式コメントの内容です(上記ニュースリリースより抜粋・転載)。

    【<医療保険 EVER Prime>の発売について】

     アフラック生命保険株式会社(代表取締役社長:古出 眞敏)は、医療保険の基本保障となる入院・手術・通院保障をパワーアップし、多様化する治療に対して手厚く保障する<医療保険EVER Prime>を2021年1月18日(月)に発売します。

     当社は、長生き時代の「生きるリスク」に備えるために、公的制度や医療環境の変化、お客様のライフステージごとのリスクに応じた「生きるための保険」をお届けする「アフラック式」の考え方に基づき商品開発や保障の最新化に取り組んでおります。今般、その「アフラック式」に基づく充実した保障を実現した<医療保険EVER Prime>を開発しました。

     <医療保険EVER Prime>では、短期入院に対する一律10日分の保障や外来手術前後の通院保障など、多様化する治療に対して手厚い保障を実現しました。また、お客様にとって不安も大きい三大疾病の保障は、対象となる疾患を拡大するとともに支払事由を改定することで、従来より手厚い保障を備えていただけます。さらに、特定生活習慣病保障特約や健康祝金特則などを新設したことで、お客様がニーズに応じて、豊富なラインアップから必要な保障を選択できるようにしました。

     また、<医療保険EVER Prime>については、これまで以上にお客様にとってわかりやすい情報提供ができるように資材を作成した結果、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(以下、UCDA*)より、UCDA認証を取得しました。

    <医療保険EVER Prime>の特長
    ①多様なニースにお応えできる基本保障・設計の実現

    ・入院の短期化に備えるため、短期入院保障を一律5日分から10日分に変更しました。

    ・所定の条件を満たすことで定期的に給付金を受け取ることができる、健康祝金特則を新設しました。

    ・入院前後に加えて外来手術前後・放射線治療前後の通院を支払い対象としました。

    ②特定の疾病について今まで以上に充実した保障を提供
    ・三大疾病に関する特約について、心疾患・脳血管疾患の保障対象範囲を拡大し、支払・保険料払込免除事由を改定しました。

    ・女性疾病入院特約の対象疾病を拡大しました。

    ・三大疾病以外の生活習慣病に対する保障として、特定生活習慣病保障特約を新設しました。

    ③より多くのお客様にご加入いただける引受基準の実現
    ・一部疾患の引受基準を緩和したことで、より多くのお客様にご加入いただけるようになりました。また、三大疾病に関する特約においては、高血圧の引受基準を緩和することで、特別保険料率ではなく標準体保険料率での引き受けが可能となりました。

     当社は、これからも最新かつ最適な保障の提案を行うことで「生きる」を創るリーディングカンパニーとして、これまで以上にお客様のお役に立てる会社を目指します。

    *UCDAとは、産業・学術・生活者の議論によって「わかりやすさ」の基準を策定し、情報コミュニケーションが生活者にとって「見やすく、わかりやすく、伝わりやすい」デザインになっているかを評価・認定する国内唯一の第三者機関です。

    ◇女性疾病入院特約の改定
    ・女性疾病入院特約について、女性特有の疾病に加え女性がかかりやすい疾病・新生物を保障の対象に追加します。また、特別保険料率・部位不担保の取り扱いを開始することで、より多くのお客様にご検討いただくことが可能になりました。

    ◇より多くのお客様にご加入いただける引受基準の実現
    ・喘息・胃炎・逆流性食道炎、アトピー性皮膚炎について、特定の条件において部位不担保を適用せず引受または不担保期間を短縮します。また、がん経験者について、所定の条件を満たす場合は特別保険料率での引き受けを行います。

    ・三大疾病に関する特約において、高血圧の投薬治療中の場合について、血圧の数値が安定していれば特別保険料率ではなく標準体保険料率で引き受けを行います。

    ◇既契約対応について
    1.特約中途付加に関する部位・疾病不担保の運用変更

    ・主契約に部位・疾病不担保がある場合であっても、特約を中途付加する際に異なる部位・疾病不担保条件を適用させることが可能になりました。また、健康状態によっては中途付加する特約について主契約を不担保を適用しない運用も開始します。

    2.通院特約の中途付加対象の拡大
    ・既に通院特約が中途付加されていても今回新設される通院特約(通院特約[2020])を付加することが可能です。


    以上です。

    DSC03542.JPG

    DSC03563.JPG
    ↑、5月に撮影したハラビロトンボ・♂。

    ↓12月26日23:30現在で14位…下がってしまいました。皆様のワンクリックをお待ちしております。

    人気ブログランキング

    ↓12月26日23:00現在で圏外です。皆様のワンクリックをお待ちしております。
    にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 9

    ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

    この記事へのコメント