高額療養費のおまけ情報

入院などの医療費負担が一定の金額(自己負担限度額)以上となったら、申請することで後日(おおよそ3ヵ月)払い戻される制度のことを「高額療養費払い戻し制度」といいます。
この制度の申請可能な期間はどのくらいかご存知でしょうか?
実は診療を受けた翌月1日から2年以内なら、高額療養費払い戻しの申請が可能なのです。
申請先は加入する健康保険の窓口になります(詳細は以下のとおり)。
①国民健康保険:各市町村の窓口(保険年金課)
②政府管掌健康保険(中小企業の従業員が主に加入):社会保険庁(医療保険課)
③組合健康保険(大手企業の従業員が加入):各健康保険組合

また高額療養費の払い戻しを申請する際には次の書類が必要です。
①領収書②健康保険証③印鑑④振込先金融機関の口座の通帳

もし、病院窓口での立替払いの金額が高額なために支払が困難なときには「高額療養費貸付制度」があります。この制度は無利子で高額療養費の8割までを貸し付けてくれる制度です。
借りたお金は後日支払われる「高額療養費」から差し引かれ、相殺されます(つまり自動清算)。そのため、自身で貸付金を返済する必要がないという非常に便利な制度です。


なお、高額療養費払い戻し制度の計算は結構複雑です。そのため、必要な書類をそろえてから、担当窓口で教わりながら記入するの方法がもっとも確実です。

皆様の一票をお待ちしております。
ブログランキング【Bloking】

"高額療養費のおまけ情報" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント