乳酸は「疲労物質=悪玉」に非ず!!

本題に入る前に…昨日から本日未明にかけて当Blogは、サーバーの緊急メンテナンスのため、ログイン・コメント受付ができない状態でした。コメントをお寄せくださる方たちにご迷惑をおかけしました。申し訳ございません。

では本題です。1月18日の日本経済新聞の夕刊に、面白い記事を見つけました。

なんでも最近のスポーツ科学の“常識”では、乳酸という物質は疲労物質ではなく筋肉を動かすエネルギーで、アスリートにとっては敵ではなく、それどころか乳酸と友達になると強くなれる、とのことです。

…え!?乳酸は筋肉を動かすエネルギー??じゃ、じゃあ今までの“常識”「乳酸は疲労物質で疲労の原因」は一体

以下、記事の内容です。

【乳酸の新しい常識:筋肉動かすエネルギー源。】
 乳酸には「疲労物質=悪玉」のイメージがつきまとう。「アスリートの敵」と呼ばれることさえある。だが、最近のスポーツ科学では、乳酸は筋肉を動かすエネルギー源と考えるのが新しい常識だ。運動時のエネルギー代謝を研究する東大の八田秀雄助教授は「敵どころか、アスリートは乳酸と友達になると強くなれる」と話す。

 乳酸は、激しい運動で手っ取り早くエネルギーが必要な時、速筋と呼ばれるタイプの筋繊維が糖質を分解して一気にエネルギーの元になるATP(アデノシン3リン酸)を作る際に発生する。

 そのため、糖の搾りかすと考えられがち。悪玉イメージもそれが理由か。中学生の頃の保健体育では「老廃物の乳酸は血液によって肝臓に運ばれて処理される」と習った記憶もある。

 だが、今では乳酸の本当の役割が分かってきた。「乳酸は血液に出ても再び筋肉に入ってATPを作るために使われます」と八田助教授。

 乳酸をエネルギーに変えるのは、持久的な運動で活躍する遅筋と呼ばれる筋繊維。休むことのない心臓は遅筋の固まりだ。体の化学工場といわれるミトコンドリアが大量にあり、酸素を使って脂肪や糖からATPを常に作っている。

 ブドウ糖(グルコース)1分子から速筋は2個のATPしか作らないが、ミトコンドリアで完全に水と二酸化炭素に化学変化すれば、計38個のATPが得られる。

 乳酸を日常生活での疲労の原因とする見方は根強いが、八田助教授は明確に否定する。「アスリートでもないのに、体にたまる乳酸を意識する必要などありません」

 日常生活では基本的に大量の乳酸が発生しない。階段を何階も上るような場合に乳酸が多く出ることもあるが、安静にして30分もすればなくなってしまう。翌日まで乳酸がたまって疲れが残ることなどありえないという。

 慢性的な疲労の原因は、実は科学的にまだ解明されていないのだ。


以上です。

皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

"乳酸は「疲労物質=悪玉」に非ず!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント