医療保険の死角①:「医療保険ブーム」に潜むリスク

ここ数年は、死亡保障分野の新規契約率が悪化しており、各生命保険会社はそれまでの方針を転換し、医療保障分野に相次いで進出しています。

昨年は医療保障分野への進出にもっとも「慎重」だった国内最大手の日本生命保険が「医療名人」という商品名で、50歳以上の方を対象にした「単体の医療保険」を投入しました。

かつて、医療保障分野といえばアメリカンファミリー生命保険などの外資系生保が圧倒的なシェアを占める、いわば独占状態の分野でした。

それが2001年以降は国内の大手生保や損害保険会社が次々に医療保障保険商品は投入し、収益の柱とするべく、「販売」に注力しております。

事実、大手国内生保は「主戦場は第3分野(医療保障や介護保障の分野の名称)である」という考えで一致しているようです。

ここまで来ると一種の「ブーム」といっても過言ではないでしょう。以前とは様相が完全に違ってきております。

しかし、医療保障保険には以下に挙げる思わぬリスクが潜んでいます。

①将来のリスクを合理的に見積もるのが難しい。
例えば医療技術の発達に伴い、心筋梗塞や脳卒中など、かつては死亡していた確率が高かった患者が入院・治療をすることで治癒したり、日常生活に支障をきたさない程度に回復したりするようになったり、がんの早期検診や治療技術が発達した結果、がん保険の給付が急増したりするなど、医療保障保険は過去のトレンドに基づかない外的要因に伴うリスクがあります。

②データが不安定。
①に密接に関係しております。死亡保障保険の「標準死亡率」という安定したデータに対して、手術や入院の発生率は安定していないということが挙げられます。事実、疾病の種類や年齢、性別ごとにデータにはかなりのばらつきが生じています。

③将来の予測困難なリスクに対する備えは各保険会社バラバラ。
死亡保障保険は「標準死亡率」という業界共通のデータを使用することが義務付けられており、各保険会社の健全性を確保しております。

しかし、医療保障保険などの「第三分野」には業界の統一的な「標準発生率」はなく、予測困難なリスクへの対応は各保険会社の判断に委ねられています。

そのため、将来給付金や保険金の支払いが急増した場合、保険会社の財務を圧迫する恐れがあるのです。


…以上のように医療保険には死亡保障保険とは異なり、特有のリスクが潜んでいます。

安易に保険料を引き下げる「価格競争」を行えば、将来の給付金に支払いに備える積立金(責任準備金)の不足を招きかねず、保険会社は自らを追い込みかねないのです。

また、契約する側も安易に「安い」という理由のみで保険商品を選択すべきではないということを認識すべきです。


皆様の一票をお待ちしております。
人気blogランキングへ

"医療保険の死角①:「医療保険ブーム」に潜むリスク" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント